蟹坊主

現在このページの批評は中断しています。


https://pxhere.com/en/photo/328
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gates_of_the_Iemitsu_temple_(Nikko)._Before_1902.jpg
ファイル名.jpg

{$caption}

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは2-RB型暗示を受けて継続的にクラスW記憶補強剤を投与された職員の記憶と、情報シールド加工を施されたSCiPNETサーバ-XXX-JP内で保護されます。担当する職員は、42日ごとにSCP-XXX-JPが純粋なアイデアであることと、SCP-XXX-JP-1が存在しない事実を確認してください。

SCP-XXX-JPを条件付けしたマリオット-パシュラー・コンセプトフィルタ・ミームエージェントは各種情報インフラを介して全国に散布され、SCP-XXX-JPの新規発生時に作用して脳からその情報を破棄します。これを掻い潜って人物を汚染したSCP-XXX-JPは、検出され次第記憶処理によって根絶されます。

説明: SCP-XXX-JPは日本列島の各地山林・河川周辺で稀に人間の意識に発生する侵襲性アイデア1です。SCP-XXX-JPを知覚し、汚染された人間は以下の影響のうちのいずれか、または複数の影響を同時に受けます。

  • 前後歩行が困難となる精神異常
  • 複数の脚を持つ大型生物の痕跡に関する報告の記憶
  • 中型動物や魚類の死体の幻覚
  • 死亡した人間の死体に関しての幻覚、記憶

さらにこの情報が人間のコミュニティで共有されることで、SCP-XXX-JPはコミュニティ全体を汚染することが可能です。汚染されたコミュニティは存在しない異常存在であるSCP-XXX-JP-1(後述)の情報を自然発生的に着想を得て共有します。

SCP-XXX-JPは不定期に汚染したコミュニティにおける知識層に属するヒトを選択します。その後、SCP-XXX-JPは即効性の反ミーム殺害エージェントとしての側面を起動し、対象を殺害した後、対象の詳細な情報を汚染コミュニティ内から抹消します。

SCP-XXX-JPは自らの概念的輪郭、すなわち「SCP-XXX-JPは侵襲性アイデアであり、SCP-XXX-JP-1は存在しない」という認識に対して敏感であり、この認識を反ミームエージェントによって抹消しようとします。財団の保有する記憶補強剤と各種ミーム技術、脳科学的改造によって輪郭の認識と記録を維持し、SCP-XXX-JP-1に関する情報を外部コミュニティから抹消して以来、SCP-XXX-JPはその活動を大きく縮小しました。直近20年間、SCP-XXX-JPの活動は確認されていません。

SCP-XXX-JP-1の情報はBRACHYURAクラス認識災害です。以下の補遺にその詳細が示されます。



ERROR

The ukarayakara's portal does not exist.


エラー: ukarayakaraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:ukarayakara ( 03 May 2018 07:56 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License