SCP-007-JP-ui

このページの批評は終了しました。

アイテム番号:SCP-007-JP-ui

オブジェクトクラス:Keter

特別収容プロトコル:SCP-007-JP-uiはサイト007内の高脅威度ロッカーに保管し、常に2名以上の武装警備員を配置して関係者以外の侵入を防いでください。適切な身分証明及びサイト管理官からの許可の証明を出来ない者は、即座に終了してください。
  サイト007内高脅威度ロッカー内にはスクラントン現錨(SRA)を4隅に設置しておき、シャンク/アナスタサコス恒常時間溝(XACTS)も併せて設置しておいてください。
 SCP-007-JP-uiを用いた実験を行う際は必ずセキュリティクリアランスレベル4以上の職員の立会いの下行ってください。また、SCP-007-JP-uiの過去のページにアクセスすることは、いかなる場合にも認められません。申告したページ以外にアクセスしようとした者はいかなる理由があっても即座に終了してください。
 また、誤認を防ぐためサイト007内にはいかなるサイズのスケジュール帳やメモ帳なども持ち込むべきではありません。
 新たにSCP-007-JP-uiが見つかった場合は即回収し、全ての記述をSCP-007-JP-ui-Bで消した後サイト007管理官に直接渡してください。また、元の所持者及びSCP-007-JP-uiを知る一般人には適切な記憶処理を施してください。

説明:SCP-007-JP-uiは■冊のスケジュール帳です。その大きさは記述する内容や日時によって変動しますが、全ページが空白である安静時は縦14.3cm、横8.2cmです。厚さは不明な原理によって正確には測定できませんが、およそ2cm程度と見積もられています。
 付属のペン(SCP-007-JP-ui-A)でSCP-007-JP-uiに記述を加えると、記述された内容が現実改変によって実際のことになります。詳しくは実験記録007-uiを参照してください。記述した内容はSCP-007-JP-ui-A後部に取り付けられている消しゴム(SCP-007-JP-ui-B)によって消すことができ、また消された記述は無効になります。
 現在SCP-007-JP-uiは■冊見つかっており、それぞれSCP-007-JP-ui-1、SCP-007-JP-ui-2…とし、それぞれ貼られたシールによって識別されます。
 SCP-07-JP-uiに記述する人(SCP-007-JP-ui-C)はSCP-007-JP-uiを「恐ろしいもの」と認識し、記述する行為を「やましいこと」「申し訳ないこと」と考えます。そのためSCP-007-JP-ui-Cは二回以上SCP-007-JP-uiを使用することを拒む傾向にあります。これは殆どのSCP-007-JP-ui-Cに共通するため、SCP-007-JP-uiの濫用防止のための自己防衛機構と見られています。

 実験記録007-ui:20■■年 7月21日。当時のサイト管理担当者である松尾博士によって実験が行われました。3日後の20■■年7月24日のページに「一日中雨」との記述が加えられました。結果、7月24日は雨の予報で、予報通りに雨が一日中降り続きました。

 実験記録007-ui-2:20■■年 8月3日。当時のサイト管理担当者である松尾博士によって実験が行われました。2日前の20■■年8月1日のページに「とてもいい天気」との記述が加えられました。結果、8月1日は一日中快晴であったため変化は見られませんでした。また、関連性は不明ですがサイト周辺地域で作物への著しい健康被害が報告されました。万一の場合を考え、カバーストーリー、「新型の植物病」が適用されました。

 申請書007-ui-1:
「SCP-■■■-JPの収容違反」という過去の事象の取り消しのためのSCP-007-JP-uiの使用の申請。却下。
 申請書007-ui-2:
「SCP-■■■-JPの収容完了」という結果の確定のためのSCP-007-JP-uiの使用に申請。却下。
 申請書007-ui-3:
「■■博士の息子の遠足の日の天候」という未来の事象の確定のためのSCP-007-JP-uiの使用の申請。却下。
 申請書007-ui-4:
■■■博士の個人的なSCP-007-JP-uiの携帯と使用の許可の申請。却下。
 申請書007-ui:
SCP-■■■■内部にSCP-007-JP-uiを保管することの申請。却下。












       以下はセキュリティクリアランスレベル5/604以上の職員のみ閲覧可能です。
                         
                       ・
                       ・
                       ・
                       ・
                       ・
                       ・
                       ・ 
                       ・
                       ・               

アイテム番号:SCP-007-JP-ui     
オブジェクトクラス:Thaumiel

特別収容プロトコル:SCP-007-JP-uiはサイト007-X内の特殊収容用ロッカーに保管してください。武装警備員4名を配置して常に監視を継続し、収容室内に侵入を試みようとした者はいかなる場合でも即座に終了してください。
SCP-007-JP-uiを用いた実験を申請された場合は必ず全て却下し、申請した職員にAクラス記憶処理を施してください。万一実験を行う際はサイト-007内のSCP-007-ui-3を使用し、過去のページにアクセスすることはいかなる場合でも禁止してください。過去のページにアクセスしようとした職員はその動機などについてインタビューを行った後、終了してください。
 サイト-007内高脅威度ロッカー内にはダミーのSCP-007-JP-ui(SCP-007-JP-ui-D)を保管し、新たに見つかったSCP-007-JP-uiはサイト-007監理官によってSCP-007-JP-ui-Dと交換してサイト-007-X内特殊収容室に保管してください。SCP-007-JP-ui-BはSCP-007-JP-ui-B-2とSCP-007-JP-ui-B-6以外全て取り外して焼却処分し、市販のものと入れ替えてください。
 特殊収容室内にはシャンク/アナスタサコス恒常時間溝(XACTS)を設置し、四隅にスクラントン現実錨(SRA)を設置してください。XACTS及びSRAは半年に一度点検、整備されるべきです。これには特別講習を受けたBクラス職員を用いることが望ましいです。
誤認を防ぐため、サイト-007-X内にはいかなるサイズのスケジュール帳やメモ帳などもを持ち込むべきではありません。いかなる理由があろうとそれらは回収され、内容の確認を行った後に返却の是非を協議します。

 付記:
 SCP-007-JP-uiはその異常性によって未来を確定させることができます。今までの我々のミスによって起きてきた収容違反も、予期しない事案も、全て回避することができます。「今日も平和」たった一言、そう書けばいいのです。これ以上の犠牲はもう必要ありません。職員は家族と安心して過ごすことができ、この世界は永遠に平和になります。私は、SCP-007-JP-uiを使った全ての危険性オブジェクトの終了を申請します。    ———■■博士

 SCiPでSCiPを制することなど不可能です。SCP-076はどうでしたか?SCP-001-JPは現在協議中ではありますが絶大なリスクを孕んでいることは言うまでもありません。SCP-3480だって、どうなるか分からない状況にあります。一歩間違えれば終焉シナリオは避けられません。SCP-007-JP-uiの力は大きすぎます。我々に扱うことなど出来ないほど、大きな力です。正しく扱い、制御し、望む結果を出すことなど到底できるはずなどありません。私は、SCP-007-JP-uiのオブジェクトクラスの再分類と全実験の凍結。及び焼却処分を申請します。———■■■博士

 
 我々はいつだって上手くやってきた。
 
 気づかれないように、影からずっと「最悪」を避けてきた。

 我々は未来を操る業を手に入れた。

 確定された未来がやって来るのなら、何も怖いことはない。

 未来は、確定事項なのだ。

  確保、収容、保護                                   ―――O-5-■


ERROR

The uirouri's portal does not exist.


エラー: uirouriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7674459 ( 14 Oct 2021 07:29 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License