構文実験室
財団マーク.png

プリチャード学院
PRICHARD GAKUIN


プリチャード学院の概要 >

お知らせ&イベント

お知らせ

イベント

学校法人プリチャード学院
〒192-0150 東京都八王子市下川町4-18-30

学校法人プリチャード学院
〒192-0150 東京都八王子市下川町4-18-30

プリチャード学院
PRICHARD GAKUIN


プリチャード学院の概要 >

お知らせ&イベント

お知らせ

イベント

HOME > プリチャード教会

プリチャード教会

header_logo02.png
プリチャード教会のシンボルである鼎十字(Tri-Cross)

 プリチャード教会は、18世紀にヘンリー・プリチャードによってイングランドで興されたキリスト教プロテスタントの一教派です。アルトイズム(利他主義)を推奨しているという誤解から、西洋諸国では主にアルトリストと呼ばれています。日本ではそのシンボルマーク(鼎十字)から「カナエ」と呼ばれることもあります(鼎十字は「ていじゅう」と読むのが正しいのですが、「かなえじゅうじ」と読み間違える人が多く、そちらの呼び方が定着しました)。
プリチャード教会はイングランド国教会の基本的な教理と、功利主義の2つの要素の調和を目指している教派です。古くから公益を大事にする考え方を持っており、社会福祉分野や貧民救済活動に顕著な実績を残しています。性質上、政治・経済機構との相性が良く、そういった団体と多くの縁を持ちます。また、自殺を罪としない見解を先立って示したプロテスタント教派としても有名です。キリスト教諸教派の中では圧倒的に少数派ですが、信徒は富裕層及び社会的に活躍する人が多いとされています。

g_prichard_church_img01.jpg

ヘンリー・プリチャード

 プリチャード教会の始まりは、17~18世紀のイギリスで盛況を見せていた自殺論争に深く関わっています。当時、法学者でイングランド国教会の司祭であったプリチャードは、現地で活気を呈する自殺論争の影響を受けて、元々抱いていた自殺を罪とみなすキリスト教の教理及びイギリス帝国の法への疑念を強く主張し始めました。当然、カトリック教会と同一の思想を持つ国教会は自殺擁護論を唱えるプリチャードを異端として扱いました。しかし、プリチャードは屈することなく、教会内部の改革を果たすために自身に共感する信徒を招集して、プリチャード教会の前身となる十三人会という集会を結成させました。

十三人会は自殺に関連する法や教理の改正を、議会や国教会の監督らに積極的に提案しました。元々報国精神の強かったプリチャードは、十三人会結成以前から法学者として国策にも協力しており、イギリス国王からの厚い信頼を受けていましたが、それらの提案はいずれも却下されてしまいました。さらに、十三人会の信仰覚醒運動の拡大に伴って、国教会との関係が悪化していき、ついには十三人会のメンバーは国教会から一斉に破門されてしまいます。そこで、十三人会は教会内部の改革を諦め、分離派の流れを汲んで新たな教会を設立しました。こうして誕生したのがプリチャード教会です。

g_prichard_church_img02.jpg

プリチャードが説教に用いていた教会(現存せず)

プリチャード教会として独立した後は、より信仰覚醒運動に注力するようになります。その熱心さは「プリチャード教会は秘密裏に自殺者の葬式を執り行っている」などという根も葉もない噂話をイギリス中に流行らせるほどでした。
創設当時は本教派を邪教とみなす国教会、プロテスタント諸派からの激しい妨害を受けましたが、特異な性質と自殺論争の興隆が相俟って、その規模はイギリス帝国全体に感化を及ぼすまでに拡大していきました。こうして社会的認知度が高まったことにより、本教派は正式にプロテスタント教会として認められるに至ったのです。プリチャード教会の自殺に関連する活発的な啓蒙活動は、自殺法制定によってイギリスでの自殺が犯罪ではなくなる1961年まで続きました。

プリチャード教会の功利主義を支持する側面が強調され始めたのは、19世紀初頭からです。当時、功利主義の思想は法学者のジェレミ・ベンサムによって定式化され、イギリス政治に多大な影響を与え始めていました。指導者のプリチャードが法学者であったことが起因して、プリチャード教会はこういった政治史的な変革にとても敏感でした。プリチャードはベンサムが提唱する功利主義に共感し、それをキリスト教の教理に上手く組み込もうとしました(これが定説とされていますが、プリチャード教会に功利主義の思想が吸収された経緯については諸説あり、教理史的な決着は未だについていません)。プリチャードのこの取り組みは教会内部でも賛否が分かれ、「カナダ・プリチャード教会」「プリチャーディスト・エピスコパル」などの多くのプリチャード系の分派が形成される切欠となりました。

自殺法の制定や、キリスト教の自殺への評価の変遷が見られてからは、プリチャード教会の自殺に関する啓蒙活動は萎縮化し、代わりに功利主義の研究は活発化していきました。それら一群の研究成果は、厚生経済学や政治学の分野に少なからず影響を与えています。
現在のプリチャード教会が提唱する功利主義は「大いなる目的のために犠牲を払うことは罪ではない」という考え方が根本にあり、すべての行動は結果を熟考した上で

病院や、ミッションスクールの建設にも力を入れており、日本ではプリチャード学院大学が著名です。

HOME > お問い合わせ

お問い合わせ

各教育機関へのお問い合わせは、各学校サイトをご覧ください。また、問い合わせの先がわからない場合は、プリチャード学院本部広報部広報課(電話番号: 042-108-3209、FAX: 042-182-2451)までご連絡ください。


取材について

取材に関するお問い合わせやお申し込みは、プリチャード学院本部広報室(電話番号: 042-108-3209、FAX: 042-182-2451)までご連絡ください。しかし、原則として以下のような取材はお断りさせていただいております。

・事前承認の無い学院内での取材活動及び撮影。
・在学生・卒業生・教職員の個人が特定されるような撮影やインタビュー取材。
・ドラマや映画、コマーシャルの撮影場所としての敷地の利用。


見学について

見学についてのお問い合わせやお申し込みは、プリチャード学院本部総務室(電話番号: 042-178-2433、FAX: 042-198-2212)までご連絡ください。原則として事前のお申し込みがない見学はお断りさせていただいております。また、以下のエリアは見学をお断り、もしくは時期を限定させていただいております。

・大学: オープンスクールの時のみ見学可。
・中・高等学校: オープンスクールの時のみ見学可。
・小学校: オープンスクールの時のみ見学可。
・幼稚園: 見学不可。


商標・特許について

本学院に関わる施設の画像、校章、ロゴマーク等の使用を希望される場合、事前のご連絡は必要ありません。しかし、特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます「Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License」。
その他の本学院に関わるコンテンツの使用についてのご相談は、プリチャード学院本部知的資産連携機構(電話番号: 042-028-6677、FAX: 042-088-8989)までご連絡ください。

HOME > アクセス

アクセス

HOME > 学院の概要

学院の概要

HOME > 学院の概要 > 学院紹介

学院紹介

学院について

g_gakuin_logo.png

プリチャード学院は1916年にプロテスタント系キリスト教教団プリチャード教会によって創立された学校法人です。青海化学株式会社の企業城下町である八王子市下川町に本部を置きます。幼稚園、小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学を擁する総合学園で、いずれも日本屈指のキリスト教系の名門校として知られています。創設当初から青海グループとの繋がりが強く、青海工科大学や四方田大学と並び、伝統的に青海系企業への就職実績がある学校としても有名です。

現在、プリチャード学院の運営は青海系企業をはじめとする50社以上の賛同企業によりサポートされています。海外の有力企業とも連携しており、学生の教育に繋がる国際的な活動を積極的に実施しています。最近では学生同士の国際交流の取り組みとして、イギリスのマッシュキャサリン大学、シガスタン共和国のハリトノフ大学などの海外の教育機関とも交流を深めています。

本学院は宗教法人が設立した学校ですが、太平洋戦争開戦によって外国人宣教師が一時的に日本から撤退し、学校の運営を賛同企業が代替するようになってからは、ミッションスクールとしての特色を徐々に失っていきました。現在のプリチャード学院はこれといった宗教的行事を行っていませんし、教育方針は実学主義を掲げています。なお、毎年行われるクリスマスミサや、週に1度のキリスト教に基づく人間教育など、伝統として受け継がれている文化もわずかに存在します。また、創設当初に掲げられた「Greater love hath no man than this, that a man lay down his life for his friends./友のために自分の命を捨てること以上に大きな愛はない(ヨハネによる福音書 15章13節)」のスクール・モットーは現在でも学生の人格教育の基本に据えられています。

g_gakuin_img01.jpg

カヴェンディッシュ宣教師
彼女は元看護師でした。

プリチャード学院の礎はプリチャード教会から派遣されたイギリス人宣教師メアリー・カヴェンディッシュによって築かれました。
カヴェンディッシュ宣教師は秀才とされる子供たちが貧窮を理由に高等教育に進むことができない日本の状況を知り、学校の創立を決意しました。カヴェンディッシュ宣教師はプリチャード学院の前身となる鼎十時学校を建て、秀才でありながら貧窮家庭の子供や、身寄りのない子供を生徒として招きました。鼎十時学校はプリチャード教会と同様に「カナエ」と呼ばれていました。
当時、本学院は日本人4名のみが在籍する小さな学校でしたが、カヴェンディッシュ宣教師はそれらの生徒に対する教育に異常なまでの情熱を傾けていました。あらゆる国籍・人種の宣教師を教師として学校に招き、英語を始めとするフランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、ラテン語といった語学。数学、医学、科学、物理学などを含めたあらゆる実学的な学問などを徹底的に教え込みました。その他、キリスト教精神に基づく人格教育や、芸術の指導、武術の訓練なども実践していたとされています。医学、数学、英語の授業はカヴェンディッシュ宣教師自ら行うこともあったそうです。

創立当初の鼎十字学校はそれほど有名な学校ではありませんでしたが、第一期生の1人が陸軍幼年学校に一番の成績で入学したことを切欠に、その名が広く知れ渡ることになりました。それからは名門の家庭からも入学申請がくるようになりましたが、カヴェンディッシュ宣教師は貧窮家庭の子供を優先して招きいれ続けました。

アメリカ軍の空爆により校舎が全焼し、

HOME > 学院の概要 > 学院サポーター紹介

サポーター紹介

協力企業

プリチャード学院は、学校と企業との連携による実践教育を目的としたプロジェクトを実施しています。当プロジェクトには、青海系企業を中心として多岐に渡る業界から31社の大手企業が参画しています。そのほとんどは、プリチャード教会の運動を評価し、支援している賛同企業でもあります。

国内の例

g_supporters_logo01.png

青海グループ(各社)
青海財閥と四方田財閥の流れを組む企業の連合体。

g_supporters_logo02.png

SCプロパティーズ
獅子タワービルディング、無窓ビルなどの設計で知られる総合ディベロッパー。獅子建設(SC)が前身。

g_supporters_logo03.png

白子ケーパブルプロバイダー
人工衛星「四黒号」の開発に参加したベンチャー企業。

g_supporters_logo04.png

シナノ・クリエイティブ・プロダクションズ
「FAR2章」連続受賞で知られるデザインオフィス。

g_supporters_logo05.png

太陽電力
「迷った時は、太陽電力へ!」でおなじみの太陽光発電専門企業。

g_supporters_logo06.png

静森
複合商業施設「静森」の運営で有名なデベロッパー企業。

国外の例

g_supporters_logo07.png

サイモン&チェスターソン・プロパティーズ
カリフォルニア州に本拠を構える大手建設会社。

g_supporters_logo08.png

シャーマン・コンピュータ・プロダクツ
コンピュータ関連の幅広い事業を手掛ける。

g_supporters_logo09.png

SHIELDS
世界各国に物流拠点を構えるネットスーパー。

g_supporters_logo10.png

ベニー&バーン
「おもちゃが生きてる」と度々評される高級玩具ブランド。

キャンパス紹介

学院の教育

教育の特色

キリスト教教育

HOME > 学院の教育 > プリチャード教会

就職先実績

国際的なコングロマリットから町の花屋まで、卒業生の進路は実に多彩です。
プリチャード学院の就職先実績の特徴は、その幅広い選択肢です。過去の卒業生は国内外を問わず、一般企業、教員、公務員といったあらゆる分野で採用され、活躍しています。

学院の活動

安全対策

security_logo.jpg

本校はセーブシティパートナーズ社の教育機関用ソリューションを導入し、最新のセキュリティシステムを完備しています。校舎内外の各所に設置されたおよそ50台の監視カメラと、敷地内に常駐する優秀な警備員らが、児童たちの安全を24時間体制で守ります。

本校の児童証は非接触型ICカード技術「Shannon」を導入しています。これにより児童の登下校情報などを管理することが可能です。

Scpg_児童証_表_1.png
Scpg_児童証_裏_1.png


Scpg_児童証_iPhone.png

児童の行動把握

保護者の方は専用の無料アプリをダウンロードすることで、PCやスマートフォンから児童の様子をリアルタイムで確認することができます。
校舎の正門、寮の玄関、スクールバスの乗降口などに設置したセンサーが児童証の通過を感知し、保護者の方へ通知を送るという仕組になっています。

地域連携

国際的連携

学院の沿革

沿革

資料館

教育組織

プリチャード学院幼稚園

プリチャード学院小学校

プリチャード学院中学校・高等学校

プリチャード学院大学

[施設ファイル: サイト-81D4]

ERROR

The tsucchii0301's portal does not exist.


エラー: tsucchii0301のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="system-portal-amount-warning"]]
[[div class="content"]]
  1. portal:tsucchii0301 ( 01 Jun 2018 02:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License