徳利

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1550-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1550-JPはサイト-8162のコンテナに収容します。オブジェクトが壁から離れている時は、コンテナには立ち入らないようにしてください。発生したSCP-1550-JP-Aは担当の収容スペシャリストによって処理されます。

説明: SCP-1550-JPはやや人型に近い形状をしている生物です。全体の皮膚は銀が沈着しており黒みがかっています。また表皮には大量の窪みと、それらの窪みに沿うように形成された網目状の傷跡が確認できます。この皮膚の状態は[編集済]独自の儀式的身体装飾に酷似していると報告されていますが、オブジェクトとの関連性は不明です。
SCP-1550-JPは鼻/耳/目に相当する部位を有しておらず、周囲の状況把握はほぼ触覚に頼っているように見受けられます。SCP-1550-JPは筒状の長い頭を有していますが、筋肉量に乏しく、支えがないと前方に大きく垂れ下がります。頭部が垂れ下がると、先端の中空部の口からSCP-1550-JP-Aが流れ出てきます。

SCP-1550-JP-Aはヒトの脳脊髄液と同一の組成の液体です。SCP-1550-JPは頭部先端を壁に密着させて、SCP-1550-JP-Aの流出を防ごうとします(画像参照)。SCP-1550-JPは壁に密着する以外にSCP-1550-JP-Aの流出を止める術を持たないようです。過去の実験で壁を撤去した際は、非常に慌てた様子で新しい壁にぶつかるまで辺りを移動し続けました。
SCP-1550-JP-Aの流出を視認したヒトは精神的特異性に暴露します。暴露者はSCP-1550-JP-Aの流出に対して「勿体無い」という感情を抱き、その流出を止めようとします。具体的にはSCP-1550-JPを壁の傍へと誘導しようとします。この特異性の効果は弱く、暴露者は簡単な説得で正常化することができ、また無神論者には発揮されないことが分かっています。

ERROR

The tsucchii0301's portal does not exist.


エラー: tsucchii0301のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:tsucchii0301 ( 01 Jun 2018 02:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License