暗闘
評価: 0+x

  人類が健全で正常な世界で生きていけるように、他の人類が光の中で暮らす間、我々は暗闇の中に立ち、それと戦い、封じ込め、人々の目から遠ざけなければならない。 -管理者

先天的に特異性を保有する者は、財団が言うところの光の中で暮らすことはできない。生まれ時からすでに、窮屈な暗闇の中に身を置くことを余儀なくされているのだ。財団にはそういった人達を正式に雇用する救済事業機関としての側面がある。監視や定期的な検査の受診が永続的に義務付けられる為、実質的には雇用という名目の準収容なのだが、それでも最低限の人間らしい生活は許容されていた。

無論それは対象の雇用のメリットが特異性の危険性を上回っていればの話である。


2006年、冬。東京都葛飾区立石。深夜。
財団のフィールド職員、エージェント・田崎は入り組んだ小路の中を歩いていた。

田崎は二日前、日本に拠点を置く蛇の手の傘下組織に潜入中のディープカバーエージェントから、情報を手渡したいという緊急連絡を受けていた。早急な対応を求めていることから、極めて重要性の高い情報と思われた。
人気のない洞窟めいた薄暗い路地を進み、田崎は指定されていた合流地点に向かっていた。その裏路地の最も長い通路の中央で、情報が内包されたレターボックスをフラッシュコンタクトで受け取る手筈になっていたのだが  

暗闘_1.jpg

  そこにディープカバーエージェントの姿は無かった。

何か想定外の事態によって、合流が困難になったのだろうと田崎は直感した。情報の渡し手が合流直前で危険を察知し、受け手との接触を先延ばしにする、というのはよくある話だ。そのようなことを思いながら、田崎がその道を通り過ぎようとした時、内ポケットに入っていたカント計数機がそれを引き止めるようにして震えた。取り出して確認してみると、それは、その場の空間現実性強度に若干の変動性があることを示していた。

空間現実性強度の持続的な微差変動。それは現実改変の典型的な痕跡とされる現象の一つだった。変動の周期と振幅から、その場で改変が行われてからそれほど時間は経っていないらしいということまでが分かった。
田崎がカント計数機の示す改変の起点、先ほど自分が通り過ぎた道に目をやると、街頭の光を赤橙色に照り返す小さな金属片を見つけた。

それは0.15kg程のベリリウム銅合金の板だった。財団エージェントの皮下に埋め込む個人識別用IDタグの部品に使われているものだ。ベリリウムは元々内部現実性強度が高い金属であり、現実改変の影響を若干緩和する性質を持つ。そのため、現実改変でエージェントが丸ごと消滅してもベリリウムを含む部品はこのように残ってエージェントがそこにいた痕跡になったりする。

(ディープカバーエージェントは合流地点に来なかったんじゃない。合流地点に到着した後、何者かの現実改変によって消されてしまったんだ)

現実改変者を暗殺に使う。蛇の手の傘下組織ならば十分にあり得る話だった。実際、現実改変は暗殺と相性が良い。非常に強力な上、武装は必要ないし、証拠は何も残らない。田崎が発見した現実性濃度の変動性も、時間が経過すれば完全に無くなってしまうものだ。
田崎がそう思い至ったところで再びカント計数機が震えた。カント計数機が感知したのは田崎の後方10mの地点に存在する大きな現実性の歪みだった。田崎は肩越しに背後を振り返って、奥の暗闇の中に立つ、何者かの影を見た。それは、確実にこちらとの距離を詰めてきているようだった。田崎はすぐさまその反対方向へと駆け出した。

現実改変者には幾つか種類が存在するが、今回のそれは現実性異常型と呼ばれる最もありふれたタイプだった。この世の正常性を保つ「現実性」には強度という概念が存在し、現実性異常型はその強度をある程度操作することができる。周囲の現実性強度を下げ、自分の体内の現実性強度は高めることで、外の現実を自身の表層意識に描いたイメージで塗りつぶすことができるのだ。

しかし、それは決して万能ではなく、遠くのものや、知覚できていない対象には影響を及ぼせないという欠陥も存在する。そのため、敵対的な現実改変者への対応には遠距離からの不意打ちが定跡となるのだが、それはこちらの存在が対象に気付かれてないことを前提としている。そのほかの策は対現実改変者用のユニットなどに頼るものになるが、それらは常備できるほどコンパクトなものではなかった。現実改変者と会敵した場合、常人は逃げる他ない。

路地は迷路のように複雑に入り組んでいたが、田崎はこの付近のマップ情報を事前に頭に叩き込んでいた。この路地は曲がり角と細かな分かれ道が多く、追っ手を撒くのに適した作りになっていたため、相手が現実改変者とはいえ逃げ切るのはそれほど難しいことではないように思えた。暗殺者を煙に巻くため念入りに回り道をし、田崎は表通りに脱出するためのルートを全力で駆け抜けていく。

しかし、路地を抜けるための最後の角を曲がった先で、田崎の足は止まってしまった。

暗闘_2.jpg

表通りに通じていたはずのその道は粗雑な造りの壁によって塞がれていた。無論、田崎が記憶していた地図にこんな行き止まりは存在しない。あるはずのないその不自然な壁は、対峙する田崎を嘲笑うかのように正面から暗い重圧をぶつけてきた。

(あらかじめ退路を絶っていたのか)

暗殺者は人1人を跡形もなく消滅させる程の力を持っていた。この程度の物質を生み出すことができても不思議ではない。他の抜け道も同じように壁で塞がれているだろう。田崎は辺りを見渡したが、暗殺者から身を隠すような空間はどこにも見当たらない。来た道を引き返せば、こちらを追ってくるそれとかち合ってしまう。完全な袋小路だった。

(逃げ場がない)

田崎がそう察すると同時に「カツン」と、すぐ背後で足音が鳴った。暗殺者はすでに改変の有効範囲にまで田崎との間合いを詰めていた。田崎は振り返ることなく、ゆっくりと両手を挙げ、抵抗の意思がないことを示した。だが、暗殺者がそれに構うことはない。暗殺者は、ディープカバーエージェントにそうしたように、目の前の標的が消える現実をイメージした。それだけでエージェント・田崎という存在は音もなく、何の痕跡も残さず、その場から直ちに消失してしまうはずだった。

だが、そうならなかった。

現実は変わらず、田崎は未だに両手を挙げたまま突っ立っている。予想外の出来事に戸惑いながら、暗殺者は再び目の前の男が消えて居なくなるよう強く念じた。しかし、それでも田崎はそこにいる。暗殺者の発揮した改変力は、見えない何かよって完全に打ち消されていた。暗殺者は静かに狼狽え、恐怖した。全能の力が唐突に失われてしまったのかと錯覚し、嫌な汗が全身から噴き出る。そして、理解不能の現象に暗殺者が一歩後ろに下がろうとした時、全てが静止した。

暗殺者の目に映る全てのものが運動を停止させ、あらゆる音はピタリと止んでしまった。暗殺者の視界には静止画のような映像が映り続けている。暗殺者の体も同様に、自分の体が石になってしまったのかと感じるほどに、身動き一つ取ることができない。
そんな空間の中で、田崎だけは平然と動いていた。田崎は降伏を示していた両腕をいつの間にか下げ、ゆっくりと暗殺者の方に振り返ろうとしていた。

暗殺者は何度も何度も、頭の中で目の前の男が消えるように祈った。しかし、それに現実が応答することはない。恐怖に唇を震わすこともできず、ただただ目の前の男が振り返るのを見ていることしかできない暗殺者は、その男と目があったタイミングで、周囲の空間ごとひしゃげた。


暗闘_3.jpg

「いらっしゃい。何食べる?」
「てびち」

ここは場末の飲み屋"すきっぷ"。うらぶれた雰囲気と豊富なメニューが売りの居酒屋に偽装されたフィールド職員の社交場である。今コトコト豚足を煮込んでいる作務衣とエプロンを着込んだこの男も、店員に偽装した財団エージェントである。田崎はその中のカウンター席で、頬杖をつきながら調理の様子を何気なく眺めてる。

裏通りでの一件の後、暗殺者は田崎が呼んだ収容スペシャリストによって回収され、近くのサイトに無事収容された。かなりの重症ではあったが、ギリギリのところで命拾いしたようだ。暗殺者が生み出した壁も突発的鉱害への対応を装ってその晩のうちに撤去され、あの一件は物の見事に無かったことになった。
ディープカバーエージェントから受け取るはずだったレターボックスは暗殺者が所持していた。暗殺者と同様にボロボロになっていたが、内包されていた情報はなんとか復元することができた。その内容は、今後の日本での蛇の手の動きを推し測る上でとても有益なものだった。

「はい、てびち」
「ありがとう」

田崎の目の前に柔らかく煮込まれたてびちが置かれる。田崎は「いただきます」と手を合わせてから、てびちを箸で1つ掴み、口に運んだ。軟骨のコリコリとした食感が気持ち良く、周りの肉と皮は丁度良い味付けですごくおいしい。

「生きて帰って来てくれて嬉しいよ」
「ありがとう」
「"緑"とかち合ったって聞いた時は死んだと思ったけどな」
"緑"とは現実改変者の隠語である。例の一件は財団エージェントの間でちょっとした話の種になっていた。
「運が良かったよ」
「結果から言えば、その任務に充てられたのがお前で良かったな。他の奴らだったら死んでたかもしれない」

田崎は正常な人間ではない。
彼は財団では準現実改変者と呼ばれる類の有特異性職員である。準現実改変者とは内部現実性強度だけが基準値よりも高い人間のことを指す。現実改変者とは違い、外部現実性強度は基準値で維持されるため、素の力だけで改変を起こすことはできない。低現実性環境や現実改変者の周囲などに立ち入らなければ、正常な人間と何ら変わりがないため、他の種類の有特異性職員と比して収容房入りが免がれやすい傾向にある。

むしろ、彼のように財団への忠誠心が高い準現実改変者は、対現実改変者要員として重宝される。内部現実性強度が高いということは、現実改変の影響を受けにくく、また相対する現実改変者の内部現実性強度を上回っていた場合は、改変の権限を奪うことも可能なのだ。
つまるところ、あの時、あの場の現実を支配していたのは暗殺者の方ではなかった。暗殺者よりも田崎の内部現実性強度が高かったため、改変の権限が田崎にシフトしてしまっていたのだ。

「でも、相手をぐしゃぐしゃにしたのは俺もやりすぎだと思ったよ」
「だから、あれはわざとやったわけじゃない」

田崎は暗殺者を故意にひしゃげさせたわけではない。あの時、田崎は現実を膠着状態に止めることに努めていた。しかし、田崎の表層意識に沸いた警戒心や敵対心が攻撃的改変となって暗殺者を襲ってしまったのだ。

「あれのせいで大量の始末書を捌く羽目になったよ」
「まあ、死ぬよりはだいぶマシじゃないか」

裏通りでの一件の後、田崎は何度も審問を受けた。暗殺者への対応に落ち度はなかったか、故意に特異性を発揮したのではないか、などとあらゆる疑念を押し付けられたのだ。
本来、準現実改変者が低現実性環境に立ち入ったり、現実改変者に相対したりすることは、大規模な改変を引き起こす可能性があるために固く禁じられている行為である。だからこそ田崎は逃げるという選択をしたのであり、最後まで常人として振舞っていたのである。準現実改変者としての性質を利用して現実改変者を撃退するというのは、あくまで最後の手段である。異常性を起因とする問題を異常性で解決することは財団の本意ではない。

「しかし、恵まれた体質だな」
「恵まれてるもんか、俺の人生はこれに振り回されまくってるんだ。1ヶ月に1回、特異性に変化がないか検査を受けなきゃいけないし、外出証の申請は面倒だし。そもそもこんな体質持ってたら、財団ぐらいしか身を置く場所がなくなるじゃないか」

田崎は産まれてすぐにその異常性が財団に捕捉され、最初はAnomalousアイテムとして収容されていた。運良くエージェントとして雇用されたのは、財団内の科学力が発展して現実改変の仕組みがある程度解明され始めたからだった。それ以降、田崎は財団でエージェントとして働いているが、産まれてこのかた一般社会というものを経験したことがない。

(俺は俺にできることをやり続けるだけだ)

「生還祝いに一杯やるか」
「飲酒制限あるんで本当に一杯だけですよ」

「乾杯」

打合せた徳利の音は、心地の良い余韻を残して消えた。

ERROR

The tsucchii0301's portal does not exist.


エラー: tsucchii0301のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:tsucchii0301 ( 01 Jun 2018 02:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License