SCP-1175-JP("すぎとくん係")

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1175-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1175-JPはサイト-8162の時間力学部門の管理の下、

説明: SCP-1175-JPは████小学校を起点に定期的に発生する過去改変事象です。改変の内容は「████小学校に通う児童のうちの1人(以下対象者)が生まれなかったことになる」「████小学校で流行っている怪談話"すぎとくん係"の登場人物の名前が、対象者のそれに置き換わる」というものです。
SCP-1175-JPは20██年██月██日にアカシックプロトコル1の自動的過去改変前後記録比較調査によって初めて検知されました。

文書:1175-JP/インタビューログA-10
本インタビューは、怪談である「杉戸くん係」の詳細を聞き出すことを目的として行われたものです。

日付: 20██/██/██
対象: ████(████小学校の校長)
インタビュアー: 香山研究助手


《記録開始》

インタビュアー: 「杉戸くん係」についてお話いただけますか。

████: ええ。「杉戸くん係」というのは、うちの小学校では有名な怪談話です。

インタビュアー: その内容を教えていただけますか。

████: 分かりました。[少し間が空く]少し昔、この学校には杉戸君という男の子がいました。杉戸君は特別支援学級の子でしたが、担任の意向で普通学級に入れられていました。彼の障害についてはそれも個性として認めて欲しいという担任の思いがあったそうです。

████: 杉戸君はよく授業中に教室を抜け出したり、突然騒いだりしてみんなを困らせていました。なので、クラスメイトたちは杉戸君のお世話をする「杉戸くん係」という係を作りました。しかし、誰も杉戸くん係になろうとしなかったので、クラスで一番気の弱い明君がその役割を押し付けられました。

████: 明君は杉戸くん係としてずっと杉戸君の面倒を見続けました。学校の授業でペアを作るときは、必ず杉戸君とペアにさせられましたし、席替えをしても明君の席は必ず杉戸君の隣でした。杉戸君は自分の世話をしてくれる明君のことが好きでしたが、明君は杉戸君のことが嫌いでした。そのことはクラスメイト全員が知っていました。

████: ある日、杉戸君は交通事故で亡くなりました。赤信号に気付かずに横断歩道を渡っていたところをトラックに轢かれたんです。[杉戸君の葬式や、杉戸君がいなくなった後の教室の様子の描写を書く]明君は死ぬまで、いないはずの杉戸君のお世話をし続けたそうです。という怪談話です。

インタビュアー: ありがとうございます。真実味のある怪談話ですね。

████: そう思いますよね。でも作り話ですよ。特別支援学級に杉戸という名前の生徒が入ったことはありませんし、そもそも特別支援学級の子を担任の意向のみで普通学級に入れるというのは、うちの小学校ではまず許可されないことです。

インタビュアー: なるほど、ではその怪談話は誰が最初に考えたんでしょう?

████: 分かりません。この怪談話の本当に怖いところはそこだと思っています。内容からして児童が作った話とは考えにくいですし、教員が考えたものだとしたら趣味が悪すぎます。どこから始まったものなのか分からない、なのに学校中の生徒が知っている。不気味じゃありませんか。

インタビュアー: そうですね。ところで、明君という人物に心当たりはありますか?

████: いいえ?先ほども言いましたが、完全な作り話ですので。

インタビュアー: そうですか。私からの質問は以上ですが、他に何かお話したいことがあれば是非聞かせてください。

████: ああ、そういえばあれはご存知ですか?杉戸君は4-3教室にいるっていう話。

インタビュアー: 詳しく聞かせていただけますか。

████: ああ、いえ、大した話ではないんです。ただ杉戸君の幽霊は4-3教室にいるらしいっていうそれだけの噂ですよ。

[[footnote-footer]]

ERROR[[span_]]

The tsucchii0301's portal does not exist.


エラー: tsucchii0301のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2043380 ( 01 Jun 2018 02:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License