有感症

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト-8123の第Ⅳ類細菌収容カプセルに収容されています。SCP-XXX-JPを用いた実験には、セキュリティクリアランスレベル2以上の研究員の監督が必要です。 事案-XXX-JP-1へ対応する為に世界規模でのSCP-XXX-JPワクチン散布指令が発令、直ちに実行されました。カバーストーリー「敵国戦闘機による偵察」を流布し、この任務は民間に秘匿されています。現在確認が取れただけでも、世界人口の99.9998%に相当する██億人がSCP-XXX-JPへ対する免疫を有しています。事案-XXX-JP-1以後、O5評議会によりSCP-XXX-JPはNeutralizedへ再指定されました。依然としてSCP-XXX-JPは大気中に広く分布している為、SCP-XXX-JP個体が突然変異した場合に備え、定期的に大気中のSCP-XXX-JP個体の解析を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、ヒト科を宿主とする感染型の細菌です。SCP-XXX-JPに感染した人間(以下SCP-XXX-JP-1と呼称)は、感染以前と比べ感情表現が激しくなります。現れる症状は、個体によってばらつきが見られます1。特にSCP-XXX-JP-1が思春期であった場合、より強い症状が現れる傾向にあります。SCP-XXX-JPの感染力は非常に高く、未知の方法により大気中で爆発的に増殖し、風に乗って拡散します。

SCP-XXX-JPは、19██年に██島で初めて確認されました。SCP-XXX-JP-1及び██島は即座に隔離され、その際にSCP-XXX-JPは財団に回収、収容されました。

事案-XXX-JP-1: 19██年██月██日、サイト-8123へのテロリスト集団の襲撃により収容カプセルが損傷、SCP-XXX-JPが外部に流出しました。感染の拡大を防ぐ為に世界規模でワクチンを散布する計画が承認され、数日間を要して実行されました。現在は全ての人類がSCP-XXX-JPへの免疫を有していると推定されます。これにより、SCP-XXX-JPは実質的無力化指定されました。















セキュリティクリアランスレベル4/XXX-JPが必要

職員コード
パスワード
















[報告書ココマデ]



ERROR

The trackiss's portal does not exist.


エラー: trackissのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:trackiss ( 31 May 2018 15:07 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License