SCP下書き SCO-XX-JP-EX「人であり、人でなし」

現在このページは批評中です。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XX-JP-EX

オブジェクトクラス: KeterExplained

特別収容プロトコル:現状SCP-XX-JPを完全に封じ込める試みは失敗しています。被害をある程度削減するため下記のプロトコルを実行してください。

SCP-XX-JPに感染した人が確認された場合直ちに隔離してください。また、隔離した人物は人種に対応した食事を与え、フロアの清掃及び適度な運動を行わせてください。

現在SCP-XX-JP-EXは大規模な記憶処理の後、世の中の常識として刷り込まれました。SCP-XX-JP-EXの感染者の収容所は現在「動物園」として財団の収益の一つとなっています。

説明:SCO-XX-JP-EXは接触によって前触れが無しに発生するHomo sapiensにあたる人種以外が言語的に意味のなしていない発話及び著しい知能の低下、四足歩行に適するような筋肉の退化を引き起こす現象です。

この現象は20世紀初頭に自分よりも社会的地位の低い人種を狭いゲージに押し込んで飼育すると言った行為から発生しました。
始めのうちはAves等の奴隷的身分の人種のみでしたがそこから徐々に労働者階級にも浸透し、最終的に身分が最も高かったHomo sapiens以外全ての人種に感染するようになりました しました。近年二足歩行を短時間であるが行うCanis lupus familiarisが確認され、SCP-XX-JP-EXとの関連が調査されています。

補遺:次の文書はSCP-XX-JP-EXに感染した元財団職員の遺体の口内で見つかった文書です。



ERROR

The Touno mazuuti's portal does not exist.


エラー: Touno mazuutiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:touno-mazuuti ( 06 Aug 2018 10:30 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License