砲戦花
rating: 0+x

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPは天井に焼却設備を備えた耐衝撃・耐熱性の植物収容室にて栽培されます。事象-XXXX-1を防ぐ為に、実験目的以外ではSCP-XXXX-JP-1とSCP-XXXX-JP-2を互いに半径3m 5m 15m以内に近づけない様にしなければなりません。
予期せぬ事象-XXXX-1が発生した場合、直ちに天井の焼却設備によって収容室内の全個体の焼却を行ってください。オブジェクト保全の為、栽培する個体とは別にSCP-XXXX-JP-1、SCP-XXXX-JP-2共に十分に選別した種子を低危険度収容室に保管して下さい。
度重なる自家交配の影響で、現在SCP-XXXX-JPの個体ごとの異常性に大きな差がある事が確認されています。その為、異常性の確実な固定化を図る目的での交配研究が進められています。

説明:SCP-XXXX-JPはホウセンカ(Impatiens balsamina)の一品種とみられる、異常性を持った植物体です。花の色は赤と白の二種類が確認されており、それぞれをSCP-XXXX-JP-1、SCP-XXXX-JP-2と分類します。
SCP-XXXX-JPの異常性は、成熟し花を咲かせる事が出来る事が可能になったSCP-XXXX-JP-1、SCP-XXXX-JP-2個体を半径3 5m以内に接近させた場合に発現します。未知の手法によりお互いを認知した各個体は急激に成長を始め、多数の果実を結実させます。そして、その果実を通常のホウセンカと同じ様に炸裂させ、お互いを「攻撃」し始めます1
事象-XXXX-1中は果実の炸裂による種子のエネルギーが異常に増幅され、その威力は一般的な12ゲージの散弾銃に匹敵します。その為、事象-XXXX-1中は高速で飛び交う種子により大抵は建造物ならびに付近の人体に多大な損傷を与えます。

SCP-XXXX-JPは、大阪府██市立██小学校の教室で発見されました。「教材用に育てたホウセンカに撃たれた」という警察への通報を受けたエージェントが現場に向かい事象-XXXX-JP中のオブジェクトを発見、機動部隊の導入により鎮圧、収容に成功しました。収容までに児童・教員合わせて██人が死亡。生存した関係者にはクラスA記憶処理を施し、カバーストーリー「給食室の爆発事故に伴う火災」が適応されました。

補遺1:インタビュー記録

対象: 斉藤教諭

インタビュアー: エージェント・不見地

付記: 斉藤教諭はSCP-XXX-JPが発見されたクラスの担任です。

<録音開始>

エージェント・不見地: それでは、インタビューを始めさせていただきます。斉藤先生、お怪我の調子は如何ですか?

斉藤教諭: ええ、問題ありません。あの子達が受けた苦痛に比べれば、こんなものかすり傷です。

エージェント・不見地: 心中お察し致します。

斉藤教諭: いえ、貴方には分からないでしょうよ。皆は……私が初めて担任したクラスだったんですよ。

エージェント・不見地: [沈黙]

斉藤教諭: ……少し、熱くなりすぎましたね。申し訳ない。あの花の件、ですよね。

エージェント・不見地: はい、まずは入手の経緯などをお聞かせ頂いても良いですか?

斉藤教諭: 分かりました。あれは、四月の中頃の事だったと思います。一人の男が、私のアパートに訪ねてきました。確か川中、いや川本と名乗ったと思います。50代ぐらいの、白髪交じりの人の良さそうな男でした。

エージェント・不見地: なるほど。その川本と名乗った男とどの様な会話をしたか覚えていらっしゃいますか?

斉藤教諭: ある程度は。彼は私の職業を知っている様でした。知っているからこそ、私に教材を売りに来たのでしょうが。

エージェント・不見地:

斉藤教諭:

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

―――編集余地―――

補遺2:小学校の職員室に種の空き袋と共に残されていた文章

まいど!川本教材店です!
此度は当店の新作「そだててたのしいシリーズ F1うちあいっこホウセンカ」の試供品をご利用頂きありがとうございます。

ERROR

The totedragon's portal does not exist.


エラー: totedragonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5133590 ( 22 Jul 2020 14:24 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License