家庭用元素消滅装置

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは保管サイト-8104にある3m×3m×3mの収容室に収容されます。収容室の壁および床は厚さ1m以上とし、材質は水素・ハフニウム・水銀・ホルミウム(以下、元素群H)を含まないものを使用してください。収容室内には窒素を充填し、ドアロックのパッキン部には二重水素を用いたゴムが使用されます。収容室の中心には高さ1.5mのロッカーを設置し、その中にSCP-XXX-JPを収容してください。ロッカーに使う物質は元素群Hを含まないものを用いてください。現在は床に溶接されたSUS304製のロッカーで収容されています。

JST午前0時・6時・午後0時・6時からそれぞれ5分間の間、財団職員が収容室に入室することは禁止されています。実験はその他の時間に実施してください。実験を行う際はレベル3以上の職員2名から許可を取り、長さ1.5m以上の元素群Hを含まない物質でできたアーム部を取り付けた、専用のロボットアームを用いてください。また、オブジェクトの保護の観点から、現在は内部装置の一部を切除しての実験および観察は許可されておりません。

説明: SCP-XXX-JPは定期的に励起する元素消去装置です。外装は幅20mm×全長50mm×厚さ11mmほどの大きさのアルミニウム製の箱型の形状をしています。最も広い2つの面のうち、片面には小さなロッカースイッチが付いています。スイッチには片側に「常時オン」、もう片側には「定期オートオン」と日本語で記載されています。ロッカースイッチが付いていない方の面は開閉することができ、そこから装置の内部を確認することができます。装置の内部は鉄、ガラス、確認できる限りの全ての水素が二重水素からなる樹脂を組み合わせた機械が入っており、実験の過程で1%ほど損耗しています。また、財団の知りうる技術を用いてSCP-XXX-JPを複製しましたが、SCP-XXX-JPと同じ機能は得られませんでした。オブジェクトの効果については、物理的な形状以外の部分に現在の財団では確認できない何らかの原因があるものと考えられています。

スイッチが「定期オートオン」に入れられた状態でJST午前0時・6時・午後0時・6時を迎えると半径1mの物質の水素が消失します。この効果は発生から5分間継続します。スイッチを「常時オン」に切り替えた場合、この効果は即時的、また「定期オートオン」にスイッチを切り替えるまで継続的に発生します。アルミニウム製の外装から取り出された状態では、「定期オートオン」にスイッチが入れられている場合と同じ振舞いをします。この効果はヘリウム・ハフニウム・水銀・ホルミウム・ハッシウムといった、その他のHから始まる元素にも、同様に発生することが確認されています。また、SCP-XXX-JPの内部にも使用されていることから分かるように、二重水素はこの効果の影響を受けないことがわかっています。SCP-XXX-JPによって消失した原子が何処へ行ったのかについては不明であり、現在も継続して調査中です。

SCP-XXX-JPは20██年1月8日に██府██市の住宅から発見されました。その住宅に住む女性からの通報で、極めて細かい粉末状の炭素に包まれた状態で発見されています。周囲には同様の粉末状の炭素に包まれた人骨の形をした無機物質が3点発見されており、これらは状況および残った足部のDNA鑑定結果から、この家に住む40歳の男性1名および12歳の男子1名と、██運送の配達員であった男性の遺体であると考えられています。

補遺: このオブジェクトの発見の際、一部が破り取られた、A4サイズのアルミニウム箔に無機顔料で印刷された印刷物が同時に発見されています。内容は以下のようなものでした。

こちらはご注文頂きました『Hなもの消去装置』です。

ご家族の方がHなものに興味がおありとのことで、お母様もご不安な日々をお過ごしとご推察申し上げる次第です。

こちらは装置から半径1m以内の全てのHを含む物質を消去する装置となっております。また、定期オートオンでのご利用をご希望とのことでしたので、本品には6時間おきのオートオン機能が搭載されております。

また、サイズにつきましては消しゴムに隠せるサイズを、とのことでしたが、一般的な字消しもHを含んでおりますので消しゴムがダメになってしまう可能性がありますのでご注意ください。

なお、危険ですので、オンになっている状態の本品の半径1m以内に近づかないようにしてください。

ご利用誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

当該オブジェクトについては、既知、あるいは未知の要注意団体との関連が示唆されています。これについて現在、機動部隊は-14("水兵離別")が追跡調査を行なっています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The torikara's portal does not exist.


エラー: torikaraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5605570 ( 22 Aug 2019 13:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License