迷信ラジオ放送電波
評価: 0+x
blank.png
510B6E8E-B037-4D68-B0AF-E9C3F844876B.jpeg

SCP-XXXX-JPの影響を受けたDクラス職員

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPが発生した場合は公共ラジオ局に連絡を入れてラジオ放送を休止させてください。また、その事象があった場合カバーストーリー"重要機器のメンテナンス"を適応します。又、内容確認の為、録音した音声を確認してください。

説明: SCP-XXXX-JPは週1回不定期に公共の電波をジャックし、ラジオ放送を流す異常性をもつ電波です。SCP-XXXX-JPは警察に届けられた「写真を撮られた友人が倒れた。」という旨の通報を聞いた、警察署に潜伏中の財団エージェントが不審に思い捜査した結果、SCP-XXXX-JPの存在が発覚しました。尚、SCP-XXXX-JPがどこから発信されているのかは不明です。SCP-XXXX-JPの異常性はラジオの内容を聞いた生物に影響を与えるところにあります。ラジオの内容は迷信を紹介するというもので、このラジオ放送を聞いた生物はその迷信の内容によって、特定の行動をすると心身に異常が発生します。又、異常性が発揮されるのはリアルタイムでラジオを聞いた場合のみで、録音した音声を聞く場合は異常性が現れません。以下はDクラス職員を使用した実験記録です。


補遺1: 20██/01/25
SCP-XXXX-JPはラジオの使用率の低下を考慮し、オブジェクトクラスをSafeに変更されました。

補遺2: 20██/04/16
SCP-XXXX-JPによるラジオ放送第██回において「ラジオの使用率の低下によりテレビに進出する」という内容の発言があったため現在オブジェクトクラスをKeterにする許可をO5に申請しています。


ERROR

The timeP_1324's portal does not exist.


エラー: timeP_1324のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:timep-1324 ( 01 Jun 2018 17:08 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License