失敗作 (保存しておく) 次のための踏み台

このページの批評は終了しました。


アイテム番号:SCP-XXXX-jp
オブジェクトクラス:Keter
特別収容プロトコル:SCP-XXXX-jpの部屋は40㎡程度の広さにしてください。また、SCP-XXXX-jpの部屋内には、ビデオゲーム、テレビ、ボードゲーム、本及び本棚を置いておいてください。

SCP-XXXX-jpの部屋の前には2人以上の職員を配置し、SCP-XXXX-jpからの要望があれば職員はSCP-XXXX-jpとコミュニケーションをとってください。

SCP-XXXX-jpが制限区画に入ろうしたり施設から出ようとしない限り、サイト-8⬛️内を自由に移動させて構いません。

説明:SCP-XXXX-jpは意思があるB5用紙です。男の子のような声で会話したり、動いたりすることができます。どのように発声しているかは不明です。また、いかなる手段を用いても破壊は不可能です。

SCP-XXXX-jpは睡眠や食事を必要としません。

SCP-XXXX-jpは一度に以下の条件に当てはまるものを消滅させることができます。
・SCP-XXXX-jpが存在を認識している物
・100k㎥以下の体積の物質
・10年分以内の記憶
・地球に存在するもの
・特異性を持たないもの
・SCP-XXXX-jpが行う消滅に耐性を持たないものSCP-XXXX-jpは何かを消滅させると、消滅させるものの量に応じた疲労を感じるようです。

SCP-XXXX-jpは悪戯好きですが、基本的に優しく、頭もよくまわり、悪戯も節度を保って行っているようです。

SCP-XXXX-jpの要望には基本的には応えましょう。応えなかった場合、SCP-XXXX-jpは構ってもらうために悪戯をし始めます。要望の内容は主に、会話したい、一緒にゲームをしたい、どこかに連れて行って欲しいなどです。

SCP-XXXX-jpが消滅させたものはSCP-XXXX-jpに自動で記録されていきます。記録は古いものから順に削除されていきます。

SCP-XXXX-jpの悪戯の例
・⬛️⬛️博士が書類を読もうと眼鏡を額にあげたとき、SCP-XXXX-jpは⬛️⬛️博士から[額に眼鏡をあげた]という記憶を消した結果、⬛️⬛️博士は書類を読み終わってから約15分間眼鏡を探しまわったそうです。
・D-⬛️⬛️⬛️⬛️が階段を降りていたところ、SCP-XXXX-jpが階段の次の段を消滅させた結果、D-⬛️⬛️⬛️⬛️は転倒しましたが、怪我はなかったそうです。

SCP-XXXX-jpの優しさの例
・エージェント⬛️⬛️の要望に応え、SCP-XXXX-jpはエージェント⬛️⬛️のトラウマを消滅させました。
・サイト-8⬛️に隕石が落下してくることを
天文学的計算により察知、隕石が地球に侵入してきたところで隕石を消滅させたようです。

⬛️⬛️博士の警告:「もしSCP-XXXX-jpが何らかの暴走を起こした場合、人類はおろか世界を滅ぼす可能性があるうえ、破壊も収容もできない。特異性を持った部屋に誘導してもSCP-XXXX-jpはうまく引っかかってくれない。そして何より、今までSCP-XXXX-jpは誰にも懐いたそぶりを見せていない。とても、とても危険だ。」


ERROR

The teales's portal does not exist.


エラー: tealesのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6455408 ( 21 May 2020 00:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License