8128学園学生寮XXXX号室 恋淵 綾香 様

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

 

恋淵 綾香さんへ


 

 
こんにちは。
8128学園の山村研究室で山村先生の研究助手をやっている堂島恋次です。いつも僕の話を楽しそうに聞いてくれて本当にありがとう。

僕と綾香が初めて出会ったのは去年の冬ですが、あの日の事を僕は今でも覚えています。学園の近くの町に突然転校生の綾香がやってきて、学園中大騒ぎでした。僕は山村研の窓から遠くに居る綾香を見たのですが、あまりに綺麗な女の子だなと思って我を忘れて見惚れてしまいました。間近で綾香を見た人たちはみんな綾香の席に集まって、楽しそうに話しているのを羨ましいなと思っていました。その後、綾香はE組の生徒になって僕は綾香の生徒指導員の一人になりました。綾香は名家のお嬢様なのか、学園の研究員や博士は綾香に関わろうと近づいたり写真を撮ってはいけないと禁止されましたが僕は綾香と話してみたく、窓から大声で呼びかけてみました。覚えていますか?振り返った綾香の美しい姿、花のような良い香り、教養が感じられる仕草と言葉遣い……それ以外にも綾香の魅力がたくさん伝わってきた所為か、僕はドキドキしてうまく話せませんでした。でも、綾香は愛くるしい笑顔で手を振りながら接してくれて僕はとても嬉しかったです。

あの日から、僕は綾香の事が気になり始めました。生徒指導調査みたいに綾香に関する文章を書くといつも綾香の笑顔を思い出します。綾香の魅力をいっぱい伝えようとしちゃって、気付くと学園が舞台の恋文のような文章を書いてしまいます。僕を心配してくださった山村先生から特殊な薬を投与されましたが僕の状態は変わらず、綾香のことも忘れずにずっと頭に残っていました。結局僕は一面が壁に覆われて、窓もない殺風景な病室に入院してしばらく休養することになりました。他の研究員たちが綾香の生徒指導を行うことになったのですが、綾香を直接見たり、写真や動画で綾香を知った人であれば男女問わずみんな綾香に惚れてしまって僕みたいな状態になってしまうそうです。いつも「何で恋くんが私の担当から外れて、色んな人が担当になったの?」って聞いてくれる時にはぐらかしていましたが、そういう事情があったのです。相変わらず綾香に近づいて話すことは禁止されていましたが、生徒指導員たちがこっそり綾香の席に駆け寄って、楽しそうに話すのを僕は見ていました。僕はただ、遠くから見ていることしか出来ませんでした。

入院させられてからも遠目に綾香の姿が見えて、綾香の綺麗な黒髪が日を追うごとに美しく伸びるのが分かりました。綾香が「私の髪はみんなの楽しい会話を栄養にしていてね、席で誰かと話す度に私の髪は伸びるんだ♪」と教えてくれた時は冗談じゃないかって笑いながら聞いていましたが、本当なんじゃないかって今では思っています。綾香がどんどん人気になって山村先生や学長が楽しそうに綾香の席に行って綾香と話していたり、他の学園の体育学部の人たちもやってきて、綾香の席に集まる様子をずっと見てました。次第に綾香がアイドルみたいに世間で有名になって、ついには誰もが知っているトップスターみたいにキラキラ輝いた存在になって、世界中の色んな人が学園に来て綾香の席に集まるのを僕はひっそりと見ているだけしか出来ませんでした。僕だけ綾香に会いに行けなくて悔しい思いをしていました。でも、綾香はいつも僕に話しかけてくれて、僕の話を聞いてくれたり楽しい話をしてくれて僕はとても嬉しかったです。綾香の声はまるで心に直接響くと言えるぐらい透き通った綺麗な声で、綾香のおかげで誰も来ない病室でも寂しくはありませんでした。

今まで綾香と直接会って話せませんでしたが、明日には綾香に会えそうです。昨日言った通り、学園で飼っている熊さんが壁にたまたま穴を開けてくれて、久しぶりに新鮮な空気を吸うことが出来ました。今まで直接会えなくてごめんね。病室から出た時は泣きながら手を振って喜んでくれたけど、あそこまで喜んでくれて僕も本当に嬉しかった。夏季休暇なのか学園には誰も居ませんでしたが、綾香だけは遠目で居ると分かって真面目だなぁって思いました。

綾香には今すぐ会いたいけど、ボサボサの格好で会う訳にも行かないので今朝は身の手入れをしていました。山村研の窓からふと外を見ましたが、最初は双眼鏡を使わないと見えなかった綾香の可愛らしい短髪が今では一面に広がる美しい長髪になっていて、また見惚れてしまいました。綾香は写真に撮られるのが好きだって言っていたのを思い出して、山村研の衛星で綾香を撮影しました。満面の笑みの綾香とチャームポイントの黒髪が綺麗に撮れた素敵な写真になったと思います。写真を入れた封筒も手紙と一緒に送るのでよろしければ見てください。それから、綾香の魅力を伝えるための生徒指導調査を今書いています。書いているときに山村先生の部屋の資料を見て分かったのですが、綾香のE組からの進級がずっと前に決まったんだね。それに学長や学園理事たちから最優秀生徒の一人と見なされているだなんて綾香はやっぱりすごいよ!

綾香は男女問わず誰にでも優しく、そんな優しい綾香をみんなも大好きです。僕もそうで、優しい綾香といつまでも一緒に居て、いつものように笑顔にさせたいです。僕はこの世界で誰よりも綾香を笑顔に、幸せにしてあげられます。どんな脅威からも守ってあげられるし、もう綾香の前から消えることはありません。
そして、僕は綾香にはっきりと伝えたいことがあります。

綾香、僕はあなたが好きです。
僕はあなたとお付き合いしたいです。
明日、あなたの席までお返事を伺いに行きます。


 

堂島 恋次


 
 
 


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The TD12734's portal does not exist.


エラー: TD12734のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5254625 ( 23 Mar 2019 15:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License