Takeneko Ine 2 89b0

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JP、及びその周辺の土地は財団によって管理されます。SCP-XXX-JPの周囲には高さ3m以上のコンクリート製の塀を建て、常に警備員2名以上による監視を行って下さい。また、実験を行うにはセキュリティクリアランス3以上の職員の許可が必要です。SCP-XXX-JPを以前所有していた██氏を発見次第確保、拘留し、インタビューを行って下さい。

概要:SCP-XXX-JPは██県に存在する1階建ての家屋です。内部は5つの部屋と廊下から構成されており、内2つの部屋にはおよそ300点の異常物質群が存在しています。
SCP-XXX-JPは何らかの形で創作に携わった経験のある人物が内部に侵入した際活性化します。また、この際SCP-XXX-JPの活性化を引き起こした人物をSCP-XXX-JP-1と指定します。活性化したSCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1を自らの作品に対する自己肯定感の喪失という形で鬱の症状を引き起こします。この鬱はSCP-XXX-JP内に滞在した時間に比例して進行し、SCP-XXX-JP外にて同等の時間を経過させる事でのみ治療が可能です。
SCP-XXX-JP内部に存在する異常物質群は大きく2つに分類されます(SCP-XXX-JP-AおよびBと指定)。SCP-XXX-JP-Aは異常性を保ったまま収容された物質で、SCP-XXX-JP-Bは異常性を喪失した状態で収容に至った物質です。いずれの物質も材質は異常性のみられない、既知のもののみで構成されています。これらの物質群は要注意団体"Are We Cool Yet?"構成員の一人であり、家屋を所持していた██氏による作品であると見られています。物質群はそれぞれおよそ300個程がSCP-XXX-JP内に存在しており、SCP-XXX-JPの外部に持ち出そうとした時SCP-XXX-JP-Aは異常性を喪失することが確認されています。SCP-XXX-JP-Bについても同様の試みが行われましたが、その全てにおいて異常性の獲得という結果になったため現在では禁止されています。また、異常物質群は素材からは考えられないほどの耐久性を所持しており、耐久実験の際にはいずれも█████kgの力を加えてもなお破壊されることはありませんでした。

ERROR[[span_]]

The takeneko_ine's portal does not exist.


エラー: takeneko_ineのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4122551 ( 01 Jun 2018 08:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License