SCP-2623-JP 愛からの重圧(改1)

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
1663830651496~%281%29.jpg

SCP-2623-JP-Aが描いたSCP-2623-JP

アイテム番号: SCP-2623-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2623-JPの性質や出現条件の不規則性から、完全に収容することは不可能です。出現範囲内の別々の場所に3名の職員を配置し巡回させます。タケルという名前の職員を配置しないよう注意してください。巡回中にSCP-2623-JPを発見した職員は、SCP-2623-JPと眼を直視し、探している相手が自分ではないことを発言します。この時、SCP-2623-JPの姿が見えなくなっていた場合においても、同様に行います。また、定期的に出現範囲内において、噂話を行います。

説明: SCP-2623-JPは、長髪を薄茶色に染めた日本人女性に見える、身長158cm前後の霊的人型実体です。また、SCP-2623-JPを映像記録媒体に記録することができないため、外見情報の記録は絵や文字でのみ可能です。

SCP-2623-JPは、福岡県の岡垣町内に不定期に出現します。SCP-2623-JPは、約11秒の間隔で同じ空間を2回見たときに出現することがあります。また、目撃時の環境に関わらず、SCP-2623-JPを視覚できるのは1人のみであることが判明しています。SCP-2623-JPは、如何なる状況においても、複数個所に同時出現することはありません。また、何者かがSCP-2623-JPの異常性の下にある間、SCP-2623-JPが再出現することはありません。現在判明している条件を満たした場合においても、SCP-2623-JPが出現しないこともあるため、他の条件について調査中です。

SCP-2623-JPの異常性は、SCP-2623-JPの眼を直視することで発現します。1眼を直視するとSCP-2623-JPの眼から異常な重圧を感じます。その後SCP-2623-JPの眼を見た者(以降SCP-2623-JP-1とする)は、何らかの要因によって1度SCP-2623-JPが出現した空間から眼を離します。2SCP-2623-JP-1が再び視線を戻すと、SCP-2623-JPは消失しています。SCP-2623-JPの目撃後、SCP-2623-JP-1は日常生活において、SCP-2623-JPから感じた重圧を感じたりする(以降異常現象とする)ことがあります。また、SCP-2623-JP-1は親しい人間にSCP-2623-JPについて、話し始めます。この話は噂話として、直ちにSCP-2623-JPが属するコミュニティ内に拡充されます。この噂話を聞いた人間はSCP-2623-JPを目撃する可能性が飛躍的に上昇します。これらの異常性は、SCP-2623-JP-1が死亡するか、探している相手が自分ではないことを発言する(以降「告知」とする)まで継続します。

異常現象により、SCP-2623-JP-1は他人の眼を見ることを極端に嫌うようになります。「告知」を行わないまま時間が経過するに従い、更なる異常現象を引き起こします。1ケ月を経過すると「どうしていなくなったの」という女性の声が聞こえるようになります。3ケ月が経過するとあらゆる眼球から重圧を感じるようになり、5ケ月が経過すると自分の眼球をくり抜くに至ります。眼をくり抜いた後も重圧を感じ続け、最終的には食事や睡眠ができなくなり、SCP-2623-JP-1は衰弱死します。SCP-2623-JP-1がタケルという名前の人物であった場合、自身の名前をSCP-2623-JPに告げると、その直後に対象は消失し11日後に千葉県の████にて死亡した状態で出現します。

発見経緯: SCP-2623-1は、20██年█月に、岡垣町立███学校の児童による噂話を、非常勤講師として潜入していた財団エージェントが耳にしたことから発見に至りました。財団エージェントは、課外授業「学校新聞を作ろう」を行い、学校の噂などについての新聞を班ごとに1枚ずつ作成させました。結果、すべての新聞にはSCP-2623-JPに関する記述がされていました。児童にインタビューを行った結果、過去にSCP-2623-JP-1であった児童(以降SCP-2623-JP-A)を発見し、SCP-2623-JPの断片的な情報を得ることに成功しました。インタビューの詳細は補遺2623-JP-A.1を参照してください

補遺2623-JP-A.1: インタビュー記録

補遺: SCP-2623-JPとの意思疎通を図る実験は1例3を除いてすべて失敗しています。成功した例では、SCP-2623-JPは旅行中に████で溺死した██ 姫愛 氏であると自らを語っており、消息を絶った婚約者██ 尊 氏を探して彷徨っていると話しました。実験開始当初、SCP-2623-JPは友好的な態度を示していました。しかし、██ 猛研究員が自らの名前を告げた直後、SCP-2623-JPの怒号が鳴り響いたと同時に、██ 猛研究員がその場から消失しました。11日後、████にて目がくり抜かれた状態の██ 猛研究員の死体が見つかりました。今回の事案は、タケルという名前を名乗ったことが引き金になったと推定されることから、これ以降タケルという名のDクラス職員による実験を数回行いました。死体の出現場所は████に限られていますが、実験回数を重ねる毎に死体の損傷が激しくなっています。また、異常現象の悪化にかかる時間が短くなっていることから、タケルという名のDクラス職員による実験は禁止されています。

SCP-2623-JPの収容の為の情報を得るため、婚約者であった██ 尊 氏を捜索しましたが、19██年に死亡していることがわかりました。そのことをSCP-2623-JPに伝えることは██████と████の氾濫による大規模災害を引き起こすため、禁止されています。

お前じゃない


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The t_soya's portal does not exist.


エラー: t_soyaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8268790 ( 22 Sep 2022 16:03 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License