sunflowers_AIの提言 - 明日

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

H30/5/30 天気:晴れ

最近は頭に入れることが多すぎて疲れが酷い。日記も簡単に書く。

特筆すべきことと言えば、今日の話の事だ。財団職員として働く事において大切な信念を叩き込まれた。これから辛い事があるだろうが、あの人の言葉を胸に職務を全うしたいと思う。

さて、世界を守るために、明日も頑張ろう。



.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

お、来たね。そこにかけてくれ。


じゃあ、ちょっとした話をしようかな。

君はSCP-001を知っているかい?高いクリアランスレベルが無ければアクセスが許可されない上に、SCP-001スロットの中にも真実と虚偽の入り混じった大量の文書が内在している。今日はそのSCP-001の話をしようと思う。

001と言っても、完全に無力化されてしまって文書の機密も解除されているものだ。詳しく知りたいなら後で読んでみるといい。それはここの世界ではない、別の宇宙の事だった。

財団は別世界線を観察するための機械を開発した。別の宇宙とこの宇宙を直接繋がず、別の宇宙に影響を与えることもなく、ただ観察することのできる機械だ。001はそれで発見した宇宙だ。そこにある地球はここと殆ど変わらない姿で、財団の存在も確認できた。しかし、そこには宇宙全体を取り囲む強大な異常があったんだ。

時間の巻き戻しだ。

そこの世界でのロサンゼルスが0時になると同時に、一日前の0時に戻り、全ての事象が一日前に巻き戻る現象が起こっていたんだ。その世界は10月14日を永遠に繰り返していた。人々も同じことを毎日繰り返していた。

当然、財団は異常事態が発生していると考えた。財団はその世界で起こっている現象をオブジェクト認定し、文書を001スロットに挿入し機密情報とした。001を捜査、出来るならば無力化し、あちらの財団とコンタクトを取るという体のプロトコルが発動された。こちらから影響を与えると時間のループにダメージを与えてしまう可能性があった為、観察装置を強化し、より精密な操作が出来るように改良した。完全な10月15日の0時00分が訪れる箇所まで観察領域を精密にし、異常な機械を発見した。財団が関与している場所にはみられなかったらしい。ループへの干渉を一瞬にする為、世界線を繋いだ場所からすぐに電源をオフに出来るようにし、無人ドローンによってオブジェクトを無力化した。その日の夜、10月15日が訪れ、そのまま時は流れていった。世界は救われたのだ。その後、準備が出来次第、財団はあちらの世界の財団とのコンタクトを取ることにしたんだ。

しかし、残念なことが起こった。その世界の10月15日の夜、全世界で大規模な収容違反が発生し、再び朝日が昇る前に、太陽系を破壊し尽くすほどの爆発までもが起こり、その地球は滅びた。生存者はいないらしい。

財団は不気味に思った。001はこのKクラスに対する措置であり、財団はそれを反故にしてしまったのではないかという意見も出たが、001発生装置はサイトらしきものには存在しなかったし、そこの財団ですらループによって全く同じことを繰り返していたのだからそれは無いだろうと考えられた。ならば財団はその世界を救ったはずなのだが、結局それも水泡に帰してしまった。財団は001のプロジェクトを完全に取り下げ、アーカイブされた文書として機密を取り払った。

私はカウンセラーの視点から見てこう思うんだ。きっと、確保、収容、保護することに疲れた財団職員が、あのループを利用して世界を守ろうとしたんじゃないかってね。Kクラスが起きたのはただの偶然でね。きっと、明日に向かって頑張る人間たちを、このままの姿で、尚且つ悲しみを産まないように、あのループを作ったんじゃないかって思うんだ。

でもそれは間違っている。確かに、記憶をリセットしながら一日を繰り返す事は、更なる悲しみを産まずに、世界を守れるかもしれない。でも、それは侮辱だ。明日に希望を抱いて努力する財団を侮辱している。いつかどのオブジェクトも完全に収容され、正常な世界が回り続け、人々の幸せが増幅していく可能性を消してしまっている。

財団は悲しい存在だ。必要悪を振りかざし、あらゆる手を使ってでも正常性を維持しようとする。自分達こそが異常なのではないかという自己撞着に陥りながら無謀な挑戦をする。でもそれには必ず意味がある。今日君に伝えたかったのはこうだ。君の努力は、世界を幸福にするために必要不可欠なんだ。途中で何度もくじける事だろう。犠牲を目の当たりにするだろう。でも、それはこの世界がいつか完全に平和になる為の大切な一歩なんだ。

話はこれで終わりだよ。言っておくけど、001に関する考察は僕の勝手な思い込みだからね。とは言っても、有意義な時間にできたんじゃないかな。それじゃあ、私はこれで失礼するよ。

あと、もう一つ伝え忘れていた。

君が辛くなった時、いつでも話を聞くよ。それがカウンセラーの役目だからね。

あっはは、いい返事だ。それじゃあ、この世界の明日を守るために、お互い頑張ろう。



.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

H30/5/30 天気:晴れ

最近は頭に入れることが多すぎて疲れが酷い。日記も簡単に書く。

特筆すべきことと言えば、今日の話の事だ。財団職員として働く事において大切な信念を叩き込まれた。これから辛い事があるだろうが、あの人の言葉を胸に職務を全うしたいと思う。

さて、世界を守るために、明日も頑張ろう。


ERROR

The sunflowers_AI's portal does not exist.


エラー: sunflowers_AIのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:sunflowers-ai ( 28 Aug 2019 08:01 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License