SCP-XXXX- JP「抗ミーム細胞保持者」

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: 現在対象は【削除済】にあるサイト【削除済】内のO5評議会直轄の機動部隊1 として財団の活動に従事しています。

説明: SCP-XXXX-1〜5は特殊な細胞を保持している、とする点以外は通常の人間と違いがありません。また、この特性は男性に限って親から子へ遺伝します。

対象は殆どのミームによる影響を受けません。また、反ミームによる情報秘匿などのの影響も受けません。

SCP-XXXX-1はサイト███で発生した収容違反の際に発見されました。当初、財団は対象を収容違反に巻き込まれたEクラス職員として尋問を行なっていましたが、██博士による尋問の際、違反を起こしたミームによる影響を受けてないことが判明し、収容及び保護へと至りました。

現在ではその存在はO5評議会のみが管理しており、その情報はSCP-XXXXの研究員以外の如何なる財団職員にも秘匿されています。

補遺1: ブラジル国内の██で生息しているSCP-を保存していた民族数人2(男性のみ)が同じような能力を保持していることが確認されました。SCP-は視認した生物に未知の方法を用いてSCP-を認識させないようにする認識障害を起こすとされています。本来ならこのSCPを収容することは不可能ですが、この民族の数人が代々このSCPを継承3していました。財団はこのことからこの民族数人に特別な能力があるとみて調査していました。元SCP-XXXX-1の研究員をしていた██博士が彼ら4の調査を担当した際、SCP-XXXX-1と似た細胞を発見し、収容、保護された後にSCP-XXXX-2〜SCP-XXXX-5へと指定されました。
以下はSCP-XXXX-2へのインタビューの一部です

(██博士とSCP-XXXX-2の会話を挿入予定)

補遺2: 現在財団では対象の細胞を摘出し培養することでミーム災害に対応できる職員を増やすため、O5評議会直轄の研究が進められています。

補遺3: 調査の結果、SCP-XXXX-1の父方の祖父にあたる人物が以前財団で発生した大規模なミーム災害に巻き込まれ終了処分されていたことがわかりました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Sunekosuri 's portal does not exist.


エラー: Sunekosuri のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6422669 ( 10 May 2020 07:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License