SCP-XXX-JP 画家のおじいさん

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPにはGPS発信機を取り付け、位置を常に特定しなければなりません。また、SCP-XXX-JPが赴いた地点にはフィールドエージェントを派遣し異常物品が存在しないかを確認しなくてはなりません。SCP-XXX-JPは現在収容されておらず、世界各地にて活動が記録されています。 SCP-XXX-JPはサイト-8141の人型生物収容室に収容されています。収容室には監視カメラを設置し、SCP-XXX-JPの行動を随時観察してください。収容室には██████ブランドの絵の具、イーゼル、キャンバスを随時供給してください。また、SCP-XXX-JPが望んだ物品は極秘クリアランスのセキュリティ担当者に確認を取った上で与えてください。SCP-XXX-JPが持つ異常性を考慮しても、SCP-XXX-JPの機嫌を損なう行為は推奨されません。

説明: SCP-XXX-JPは█/██/20██現在25歳8カ月の男性です。SCP-XXX-JPは画家として生計を立てており、常にキャンバス、イーゼル、██████ブランドの絵の具を保有しています。また、SCP-XXX-JPは非常に小さい時の中を自由に動くことが出来る特性を有しており、瞬く間に絵を描き上げる、瞬間移動をする、といった通常あり得ないことをやってのける様が記録されています。SCP-XXX-JPはその特性を保有しているが故に通常、人が生きる時間の何倍もの時を生きていると考えられています。

補遺XXX-a: 以下はSCP-XXX-JPに対して█/██/19██に行われたインタビュー記録です。

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: 加藤博士

<録音開始>

加藤博士: 初めまして。貴方、画家のようですが、私から貴方に幾つか質問があるのですが答えていただけますか?

SCP-XXX-JP: 勿論、私に答えられる範囲ならそうしましょう。

加藤博士: 名前と年齢は?

SCP-XXX-JP:名前は██████。年齢は…18…だったかな、如何せん時間の流れがいまいち掴めないのです。

加藤博士: ちょっと待ってください、「時間の流れが掴めない」とは?

SCP-XXX-JP: 涅槃寂静って単位はご存じですか。私はあの中を…いえ、正確にはもっと小さいでしょうが…つまるところ、私は刹那の中を自由に動けるのです。

加藤博士: 瞬間移動が可能だと?

SCP-XXX-JP: そうなのです。手っ取り早く信じて頂くには…つまりこういうことです。

(SCP-XXX-JPの前に置かれたキャンバスに瞬間、夕陽に棚引く雲の風景画が描かれる)

SCP-XXX-JP: 私はこうして瞬間を切り取って描き、それを売ることで画家として生きています。

加藤博士: なんてことだ…

SCP-XXX-JP: ただ、私は悩んでいます。私は「今」を書きたいのです。たとえ刹那の中で絵を描いても、それらはすべて過去のもの。どれだけ書いても、私は満たされません……すみません、貴方にとってはどうでもいい話でしょう?聞きたいこととは何ですか?

加藤博士: いえ、もう結構です。有難うございました。

加藤博士: 大変なことになったぞ…

<録音終了>

補遺XXX-b: 補遺XXX-a以降、二度にわたってSCP-XXX-JPに収容のための説得を行いますが失敗しました。SCP-XXX-JPが持つ異常性を考慮しても、力ずくでの収容は推奨されません。

補遺XXX-c: █/██/20██にSCP-XXX-JPが自ら収容を望んだため、特別収容プロトコルが改訂されました。またそれに伴いオブジェクトクラスがSafeに下げられることになりました。以下は収容時、SCP-XXX-JPに対して行われたインタビュー記録です。

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: 加藤博士

<録音開始>

加藤博士: こんにちは、██████さん。しつこいようですが、今日も貴方を説得しに来ました。

SCP-XXX-JP: 博士、私を収容してほしいのです。

加藤博士: …何か心変わりするようなことがありましたか?

SCP-XXX-JP: 私は、長い間世界を飛び回っていました。「今」を描くことだけに憑りつかれて。しかし先日、母が死んだのです。私は後悔しました。「今」に憑りつかれ、「過去」を見ようとしていなかった。確かに今とは儚いものです、ですが過去もまた儚いものでした。私は過去を見ていなかったが為に、母の病気も、日に日に悪くなることも、母の死に立ち会うことすら叶わなかったのです。

加藤博士: それは…ご愁傷さまです。

SCP-XXX-JP: 私を収容するのなら、絵を描く道具と花を一緒に収容してください。私は流れる時を描いてみたいのです。

<録音終了>

以降、SCP-XXX-JPが能力を使用している様子は確認されていません。


ERROR

The SummerSnowflaxe's portal does not exist.


エラー: SummerSnowflaxeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6743711 ( 19 Aug 2020 15:47 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License