SCP下書き「勉強アレルギー」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

編集が完了しました。担当者は報告書全編に目を通すようにしてください。 - 六連博士

DifficultAllergy2

SCP-XXX-JP-J-Bの一例

アイテム番号: SCP-XXX-JP-J

オブジェクトクラス: Keter Explained Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-Jの完全な収容は不可能です。カバーストーリー「レポート提出」によって、定期的なSCP-XXX-JP-J-Aの検出を行います。検出されたSCP-XXX-JP-J-Aにはプロトコル・ダスティに従ってSCP-XXX-JP-J-Bに継続的に暴露させ、異常性を減少させてください。追記: 著しい異常性を持つ、またはSCP-XXX-JP-J-Bの対象が広範であるSCP-XXX-JP-J-Aに対しては機動部隊に-10「啓蒙思想家」が出動し、プロトコル・ダスティを通常より短いスパンで行ってください。それでも効果がない場合、終了してください。

説明: SCP-XXX-JP-Jは、不特定多数の人間(以下、SCP-XXX-JP-J-A)が持つ異常な精神的免疫反応です。SCP-XXX-JP-J-Aは特定の傾向の文書(以下、SCP-XXX-JP-J-B)を理解することを拒み、長時間の視認などでSCP-XXX-JP-J-Bへの暴露状態の維持が行われると転換・否認・逃避などの様々な防衛機制を行います。SCP-XXX-JP-J-Aの各個体によって異常性を引き起こすSCP-XXX-JP-J-Bの傾向は異なります。

現在財団が確認しているSCP-XXX-JP-J-Aの数は日本国内だけで████████人に及び、うち財団職員は█████人です。SCP-XXX-JP-J-Aは継続的にSCP-XXX-JP-J-Bに暴露させることによって異常性が減少することもありますが、かえって異常性が強まる事例もあり、その規則性は不明です実験記録を参照してください。

その性質上、SCP-XXX-JP-J-Aが増加すると、科学技術の退化・科学的思考力の低下によりAK-クラス:世界終焉シナリオにつながる可能性があるため、SCP-XXX-JP-JはKeterに指定されています。

実験記録XXX-JP-J-2 - 日付20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-J-A-31(D-39390)

実施方法: SCP-XXX-JP-J-B-31を理解するように指示

結果: SCP-XXX-JP-J-A-31は最初の数十分間は司令部に対して文句を言っていたが、その後SCP-XXX-JP-J-B-31を眺め、休眠状態に入った。

分析: SCP-XXX-JP-J-A-31は故意に寝たというより眠気に負けたように感じました。これもSCP-XXX-JP-Jの1つなのか、SCP-XXX-JP-J-Bの中にSCP-ZZZ-JP-Jを兼ねるものが存在するのかは調査が必要でしょう。

実験記録XXX-JP-J-4 - 日付20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-J-A-43(D-40002)

実施方法: SCP-XXX-JP-J-B-43を理解するように指示

結果: SCP-XXX-JP-J-A-43は顔面が蒼白になり、心拍数を異常に減少させた後活動を停止した1。被験者は座っていたため怪我などはなかった。

分析: 状況によっては、SCP-XXX-JP-Jへの暴露は命に関わる可能性があります。

実験記録XXX-JP-J-8 - 日付20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-J-A-68(D-40026)

実施方法: SCP-XXX-JP-J-B-68を理解するのに十分な、初歩的な追加の文書を与え、それを使ってSCP-XXX-JP-J-B-68を理解するように指示。なお、理解に必要な箇所には付箋や書き込みでのより詳細な解説がついており、司令部から理解を補助する指示を出している。

結果: SCP-XXX-JP-J-A-68は司令部の指示に従ってSCP-XXX-JP-J-B-68の理解に成功。

分析: 十分な環境があれば重篤なSCP-XXX-JP-Jを引き起こすことなくSCP-XXX-JP-J-Bの理解が可能なようです。

実験記録XXX-JP-J-12 - 日付20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-J-A-68(D-40026)

実施方法: SCP-XXX-JP-J-B-68を用意し、要約を指示

結果: SCP-XXX-JP-J-A-68は命令に反抗、金切り声を上げる、眼球の動作を300%、手足の動作を500%増加させるなどの重篤なSCP-XXX-JP-Jを発生させた。

分析: 適切に接触させなければSCP-XXX-JP-J-Aの異常性がかえって増加することがあるようです。

補遺1: 実験の結果を受け、プロトコル・ダスティ2が制定されました。各国にそれぞれ適切なカバーストーリーを用いてプロトコル・ダスティを定着させてください。

補遺2: 報告書製作前任者がSCP-XXX-JP-Jを有することが確認されたため報告書が大幅に編集されています。以前のバージョンはアーカイブされました。

補遺3: この報告書の初版を提出した██博士へのインタビューにより、補遺2の内容、ひいてはそれを基に作成された本報告書の内容はすべて虚偽であることが判明しました3。よってSCP-XXX-JP-JはExplainedに再分類され、本報告書はアーカイブされます。

二度とやらないでください。 - 六連博士


記事ここまで

記事の方向性
あるある系ジョーク。██博士が以前の版の報告書をおふざけで書く→それを見つけた六連博士が真面目に書き直し、上層部もそれに沿って実験の許可を出す→おふざけであったことが判明、Explainedに→報告書をまともに読まなかったが故の収容違反が発生→晴れてマジSCiP認定
文調がおもんないと言われたので逆手にとることに

見てほしいポイント

  • 単純に面白いか(UV/NV/DV)
  • 実験記録の長さは適切か
  • 補遺はどれぐらい笑えるか
  • 最後の折りたたみは折りたたんだままの方がいいか
  • 誤字脱字等細かい点

ERROR

The subaru-mutsura's portal does not exist.


エラー: subaru-mutsuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:subaru-mutsura ( 02 Jun 2018 06:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License