日本支部理事会に関する覚書

現在このページの批評は中断しています。

日本支部理事会に関する覚書
財団日本支部理事 獅子

私は今、死の床においてこの書置きを残している。すでに書いたと思うが念のため今一度私の身分を記しておく。
私は"獅子"という名前で財団日本支部理事会に籍を置いている。私はここが「81臨時ブロック」から「日本支部」へと改組された際、最年少の監督官であり、そのまま初代理事会のメンバーとして引き続き運営いに携わることになった。
私や他の理事たちの本名を書く事は差し控えておく。もしこの書置きがほかの理事に発見された場合、全ては抹殺され、何もかも無になってしまうだろうから。

さて、続きを書こう。19██年3月、当時の81臨時ブロック本部施設(現サイト8101)に呼びだされた私は、係官から一つの通達を渡された。曰く
「81臨時ブロックを財団本部の直轄域から自治権を持つ日本支部の管轄に移行する。」
私は、日本の管轄がGHQを通した財団本部から、自治権を持つ日本支部に移管されることに強い喜びを覚えていた。監督官の会議でも常に蔑まれた視線を欧米の監督官から浴び、敗戦国民と軽んじられていたことも手伝って、私は精力的に新しい支部の組織作りに参加した。各サイト同士の連携や移管に伴う人事異動、日本の風土に合わせた組織改革...求められることは何でもやった。監督官たちの会議でも、積極的にイニシアティヴを握り1日でも早い移管を実現しようとした。
翌年4月9日、ブロック本部に再び呼びだされた私を迎えたのは、GHQのエッカート大佐だった。エッカート大佐はGHQの大佐であると同時に、財団の重要職員でもあり81臨時ブロックの首席監督官として、財団本部とブロック、そして連合国の各政府との連絡役を務めていた。私たちにとっては上司にあたる人物である。大佐は言った。
「ようこそ監督官ナンバー14(当時ブロック監督官は和洋混合14名いた)。今日はとても良い日になるぞ。さあ会議室へ急ぎたまえ。」
大佐と共に会議室へ入ると席には既に6人が腰かけていた。
「大佐、私の席はどこです?」
私が問うと大佐は座長席を指さして言った。
「君の席はあそこだ。」
私が訝りながらもその席に座ると、エヘンと咳払いをして大佐が話し始めた。
「諸君よくぞ集まってくれた。知っての通り28日を期して条約が発効され、我々は日本から撤退する。従って今までの間財団本部によって直接管理されてきた、日本におけるオブジェクト及び技術を新たに設置された『SCP財団日本支部』に移管されることになった。」
ここまでは私も知っていることだった。しかし、その次の瞬間、大佐はとんでもない事を発言したのだ。
「諸君にはその日本支部における新たな司令官となってもらいたい。」
思わず私は椅子から立ち上がってしまった。別に大佐が流暢な日本語で喋ったからではない。またその内容に対してでもない。私が驚いたのは、この場に一人も監督官がいないということなのだ。イギリス軍の士官やアメリカの科学者、或いは蒐集院の重鎮や異常事例調査局の元捜査官もおらず、この場にいるのは幼気な少女に妖艶な美女、20歳前とも見える青年に真っ黒な頭巾を被った誰かなど凡そ専門家には見えぬ、しかも財団の中において私があったこともない様な人間たちが新たな司令官に任命されたのだ。しかし、私の他には皆一切反応を示すことなく、それどころかさも当然と言わんばかりであった。いたたまれなくなった私は多くの疑念を抱きながらも席に戻った。
大佐はなおも続ける。
「それについて私は君たちの座長として彼を推す。」
今度こそ私は何も言えなかった。最早抗する気力もなく肩を落として椅子へもたれかかった。
「異議は無いようだな。では、あとは諸君らにまかせるとしよう。私はほかにも仕事があるのでな。」
さんざん場を引っ掻き回した挙句無責任にも大佐は部屋から出て行ってしまった。
暫しの沈黙。ひとまずなんとかせねばと私は口を開いた。
「それでは不肖ながら私が座長を拝命したので会議を仕切らせていただきます。まずは自己紹介からしましょう

ERROR

The str0717's portal does not exist.


エラー: str0717のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5825127 ( 01 Nov 2019 09:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License