SCP案「同調ブザー(仮題)」

現在このページは批評中です。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP小型物品収容ロッカーの中で管理されます。ロッカーからの持ち出し、及びSCP-XXX-JPを用いた実験にはレベル2セキュリティクリアランス以上の権限が必要です。ロッカーから持ち出す際は音や光の発生に注意してください。また、実験で必要な時を除き、SCP-XXX-JPを扱う際には耳栓を着用してください。SCP-XXX-JPから音が発せられた際にはSCP-XXX-JP-1を24時間以上隔離してください。

説明: SCP-XXX-JPは、異常性を持つ防犯ブザーです。表面には[編集済]のロゴが刻印されており、現在赤、青、緑、黄、ピンクの5色、計22個が発見、収容されています。内部構造は██社が販売する防犯ブザーとほぼ同じですが、電池の有無にかかわらず動作します。SCP-XXX-JPの発見のきっかけはインターネット上の動画です。「小学生を誘拐しようとした男を集団で暴行する」という内容のいくつかの動画に同じ防犯ブザーの音が含まれていることが財団の注意を引き、異常性が発覚しました。

SCP-XXX-JPの異常性は、ピンを引くことで発生します。ピンが引かれた場合、警告音を発します。このとき、この音を聞いた人間(SCP-XXX-JP-1)はピンを引いた人間を除く一番近くに居た人間(SCP-XXX-JP-2)に対する認識災害を引き起こします。この認識災害はSCP-XXX-JPの色によって内容が変わることが判明しています。


また、SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-2に対して複数人での攻撃を行うようになります。主な攻撃の内容は集団での暴行、インターネット上での情報の拡散です。この時、拡散される情報には虚偽が多分に含まれることが判明しています。この虚偽の割合は拡散が進むにつれて増加していきます。上記の異常性は1時間~24時間で消失します。

ERROR

The Srill's portal does not exist.


エラー: Srillのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:srill ( 11 Jun 2018 06:46 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License