SCP-2XXX-JP 9死に1.1生

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2XXX-JPは概念としてはよく知られていますが、科学的事実として証明されることは防がれるべきです。SCP-2XXX-JPはその性質上、証明に大量の死亡者が発生する実験が必要です。SCP-2XXX-JP証明実験の実施を防ぐためにカバーストーリー「ヘルシンキ宣言」1が適用されています。

説明: SCP-2XXX-JPは全ての人類が持つ微弱な現実改変能力についての仮説です。SCP-2XXX-JPは特に人間が死の危険に晒されている時に強く効果を発揮します。これまでの予備実験からSCP-2XXX-JPの効果は以下のような数式で表されると推定されています。

$P(A)' = (1 - \alpha P(Z|A)) P(A)$


$P(A)'$: 事象Aの発生確率
$P(A)$: 事象Aの本来の発生確率
$P(Z|A)$: 事象Aが発生した場合の事象Aの対象となる人間の死亡確率
$\alpha$: 定数
これまでの予備実験から$\alpha$は約0.01であると推定されています。

補遺1 - 予備実験ログ:

実験1: 対象は電気椅子に固定される。対象は1分以内に目の前に用意された10個のボタンの内いずれかを押さないと電流が流される。10個のボタンの内1つは押すことで電流が流される。流される電流は2,000V、3分間である(致死量)。上記条件は対象に説明される。

試行回数: 100,000回2

結果: 電流が流れるボタンが押された回数 9,861回

付記: 電流が流れるボタンが押される確率は理論上の確率より低く、SCP-2XXX-JPの存在が示唆されました。

実験2: 実験条件はほぼ実験1と同様だが流れる電流は200V, 0.01秒間(非致死的)。ただし対象には流される電流は致死的であると説明される。

試行回数: 1,000,000回

結果: 電流が流れるボタンが押された回数 100,033回

付記: 電流が流れるボタンが押される確率は理論上の確率に近く、SCP-2XXX-JPの発生には対象が死の危険に晒される必要があることが示唆されました。

実験3: 実験条件はほぼ実験1と同様。ただし対象には流される電流は非致死的であると説明される。

試行回数: 100,000回

結果: 電流が流れるボタンが押された回数 10,043回

付記: 電流が流れるボタンが押される確率は理論上の確率に近く、SCP-2XXX-JPの発生には対象が死の危険を認知している必要があることが示唆されました。

実験4: 対象は致死性の錠剤を服薬させられる。対象はさらに目の前に用意された10個の解毒剤の内1つを選択し服薬する。10個の錠剤の内1つは偽薬である。上記条件は対象に説明される。

試行回数: 100,000回

結果: 偽薬が服薬された回数 9,908回

付記: 事象の種類はSCP-2XXX-JPの効果に影響を与えないと考えられます。

補遺2: SCP-2XXX-JPが特定の属性を持つ人間でなく、全ての人間に備わっていることを証明するためには実験対象はDクラス職員でなく、全人類から無作為に選択する必要があります。また、SCP-2XXX-JPの存在を統計的に有意に証明するためには約1,000,000回の試行回数が必要であると推定されています。現在のところ、SCP-2XXX-JPの証明実験は無期限延期されています。

補遺3: SCP-2XXX-JPは金銭の取引が関与する事象に対しても発生すると予想されていますがその効果を計算するための予備実験には█████████回の試行回数と██████████████████円の予算が必要であると推定されています。現在のところ、予備実験は無期限延期されています。

rating: 0+x
blank.png

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The spnx's portal does not exist.


エラー: spnxのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6409386 ( 05 May 2020 03:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License