夜襲

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号: SCP-401-JP-Jの一例。

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: プロトコル-カワノジが実行されます。

L0L7MPe.jpg

SCP-401-JP-J

説明: SCP-401-JP-Jは特定人物の就寝中に出現する異常実体です。黒色のローブとマスクを着用しており、素顔や身元は未だ明らかになっていません。オブジェクトの発生には以下の条件を満たす必要があります。

  1. 組織の指導者または幹部を務めている
  2. 所属組織が世界的な影響力を持っている
  3. 施錠された室内で就寝している
  4. 室内に他の知的生物が存在しない

以上の条件を満たしている間、オブジェクトによる一連の異常現象が発生します。

  1. 対象の半径500メートル以内の知的生物が眠りに陥る
  2. 対象の寝室前にSCP-401-JP-Jが出現
  3. SCPが室内に侵入、暫くの間、周囲を物色する
  4. SCPが対象に接近し、[O5命令につき編集済]

[不明瞭な呟き]

[不明瞭な呟き] ……ます。

[小声で] おはよーございます。

突然ですが、この場でギャグをしてもらっていいですか?

ギャグ?

はい。

……どうしても?

ええ。

それなら……[O5命令につき編集済]

[沈黙]

[沈黙]

[顔を見合わせる]

どうだ?

ええと……なんというか、その、独創的ですね。私のニューラルネットワークは理解を拒否しました。

[数秒後に消失]

O5はオブジェクトの要求に応じたことについて、「何故かは分からないが、彼らのフリに乗らなければならないと思った。本当なら墓場まで持っていきたいレベルのネタだった」と供述していることから、オブジェクトの発言には精神影響があるものとみられています。

オブジェクトの終了後、動画サイトに「OBメディアのドキドキ!寝起きドッキリ」と題された動画が匿名アカウントによって投稿されます。内容はオブジェクトが起こしたイベントを撮影したものとなっており、冒頭ではターゲットの簡単なプロフィールが紹介されます。投稿アカウントの身元を特定する試みは失敗に終わりました。動画右上にはワイプが設けられていましたが、ワイプに映る人物が総じて人間の形態をしていないことは注目に値します。

オブジェクトはアップル社の██氏から始まり、一部の要注意団体の指導者・幹部も含まれています。オブジェクトによる被害を受けた要注意団体のリストです。

マナによる慈善財団 ギャグを披露したところ、ワイプ内の出演者が爆発した。
世界オカルト連合 ベッド下に隠していたアノマリー用戦闘具を用いて抵抗した。

この度は崇高なるカルキスト・イオン様(317)のご逝去につきまして、深くお詫び申し上げます。事の次第としましては、弊社スタッフがイオン様の寝室に侵入し、無反動砲を放つという企画でした。しかし、ご高齢の身体にとって今回の企画は耐えられなかったようで、心臓ショックにより死亡してしまいました。人間種の脆弱性を再度確認するとともに、視聴者の皆様により面白い番組を届けられるよう努力してまいります。

株式会社Okkana Bikkuriメディア 第163副取締役

ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License