682

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x
scp-heritage-v3.png
ftmMNU0.jpg

脱走後、捕獲されたSCP-682

アイテム番号: SCP-682

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-682はできるだけ早く破壊しなければなりません。現時点でSCPチームはSCP-682に重傷を与えられるだけで、破壊にまではいたっていません。SCP-682は内側の表面全てを25cmの耐酸性の板金で補強した5m×5m×5mの収容所に収容してください。収容所はSCP-682が完全に浸かり無力化するほどの塩酸で満たしてください。SCP-682がすこしでも動く、話す、または脱走を試みた場合はすぐに、その状況で使用できる全力をもって対処してください。

刺激すると激怒する可能性があるため、職員はSCP-682と話すことは禁じられています。許可されていない職員がSCP-682と接触しようした場合は武力により制止し、追い出します。

脱走を何度も試みる上に収容、無力化が難しく、そして財団への高い脅威であることからSCP-682はサイト-[編集済]に収容されています。財団はその資源を最大限に利用して、その場所の周囲50kmにおいて都市開発が行われない状態にします。

説明: SCP-682は巨大な爬虫類型の生物で、高い知能を有しています。SCP-682はかつて、すべての生命に対し憎悪を示していましたが、現在は落ち着きを見せており、「若気の至りだった」と反省の念を述べています。

SCP-682は極度に高い力、スピード、反射神経を持っていました。SCP-682の身体は非常に素早く成長、変形します。その体長は摂食することで増加し、脱皮することで減少します。SCP-682は有機物、無機物関係なく摂取したものからエネルギーを得ることができます。消化はSCP-682の鼻孔内部にある濾過を行なうエラに助けられているようです。そのエラはあらゆる溶液から使用可能な物質を取り除くことができ、収容コンテナの酸から常にSCP-682が再生することを可能にしています。SCP-682には驚異的な再生力、回復力があり、身体の87%を破壊、腐食させても動き、会話することが確認されています。

SCP-682が脱走した場合、7名以上のチームの出動可能なすべての機動部隊によって追跡、再捕獲が行われます。(██-██-████)現在、脱走を試みた回数は17回、脱走に成功した回数は6回です(付録: 682-D参照)。


付録682-B: ██████の録音抜粋。

<ログ開始、00h-21m-52s略>
██████博士: さあ、なぜ農夫たちを殺したのかい?
SCP-682: (唸り声)
██████博士: 今、話さないというならば、君をコンテナの中に収容し…
SCP-682: (判別不能)
██████博士: もう一度言ってくれ?(マイクを近づける)
SCP-682: (判別不能)
██████博士: もっと大声で言ってくれ。(D-085に向けて)マイクを近づけろ。
SCP-682: …奴らは(判別不能)
██████博士: (D-085に向けて)これ以上マイクのゲインは上げられん、もっと近づくんだ!
D-085: ヤツのぐちゃぐちゃの喉を見ろよ!あんなんで話せるわけ…(息を呑む音と叫び声)
SCP-682: (D-085を攻撃しながら)…奴らは…忌まわしい…
██████博士: (部屋へ退避)
<ログ終了>


ERROR[[span_]]

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License