オカルト大戦

http://scp-wiki-cn.wikidot.com/thaumaturgy-history-fourth

rating: 0+x

やあ皆さん、どうぞ空いている席に座ってください。今回の講義はこれまでと違い、少々シリアスなものです。したがって、ドーナツとコーヒーは用意すべきでないと判断しました。緑茶と紅茶については許しますので、後ろにある棚から取っていってください。

皆さんが席を探す間、自己紹介を兼ねて講義の内容をざっくりと説明しますね。

私はエリア-CN-07-βより来ました、奇跡学の専門講師です。どうぞ"サーモン"と呼んでください。普段はサイトを回って奇跡学関連の知識を紹介したり、基礎的な講義を開いたりしています。今回、第7次オカルト大戦を皆さんに論じることが出来て、大変光栄に思っています。

我是来自Area-CN-07-β的专职奇术学讲师,在座各位可以称呼我为三文鱼。往常我只是在各个站点流动介绍奇术学相关的知识和上点基础课程。这次能来为诸位讲述有关第七次超自然大战的内容,我倍感荣幸。

如各位所见,今年是第二次世界大战停战七十五周年。实际上,也是第七次超自然大战停战七十五周年。这四分之三个世纪的时间几乎将来自那个硝烟和光怪陆离年代的痕迹彻底洗去,但我们现在所享受的,常态世界的大和平与异常界冲突的停摆时光,正是建立在那两场包揽全世界的战争之上。请记住和平提供的美好,也记住战争带来的灾难,这也是这场讲座举办的原因。

ご存知とは思いますが、今年は第二次世界大戦の終結から七十五年目を迎えます。実のところ、この年は第7次オカルト大戦の終結年でもありました。

ご覧のように、今年は第二次世界大戦の休戦から七十五年目を迎えます。 実はこの日は、第七次超常戦争休戦の七十五周年でもあった。 四半世紀もあれば、あの煙と光の時代の痕跡はほとんど洗い流されてしまいますが、平常世界の大平和の振り子と、今私たちが享受している異常な争いの振り子は、世界を包んだこの二つの戦争の上に築かれていたのです。 平和がもたらす善を忘れず、戦争がもたらす災いを忘れずに、この講演会を開催します。

话题有点沉重,各位都有些沉默了,这不好。我也不是喜欢高谈阔论些无意义内容来摧残你们耳朵和精神的讲师,所以,让我们直接开始吧。

ちょっと話題が重くて、みんなが黙っているのが良くない。 私も意味のない内容を偉そうに語って耳や精神を破壊するような講師ではないので、さっそく本題に入りましょう。

国际公认的第二次世界大战开始于1938年,但第七次超自然大战开始的还要比这早一点,就像中国与日本的冲突比德国与苏联瓜分波兰开始的早的多。在1934年6月,准确的说是6月的最后一天,纳粹德国的党卫队发动“蜂鸟行动1”后,党位队的领袖,海因里希·希姆莱——一位神秘学和超自然的信奉者,终于有机会将放在内部争斗的精力抽调一部分到他更感兴趣的超自然研究之上。于是,在七战中担当起轴心国欧洲战场主力的Obskura军团应运而生。

第二次世界大戦は1938年に始まった、というのが国際的認識ですが、それより少し前に、第七次オカルト大戦は始まりました。日中の衝突が、独ソのポーランド分割よりもずっと前から始まっていたように。1934年6月、正確には6月の最終日、ナチスのSSが「コリブリ作戦」を発動。これにより、指導者のハインリヒ・ヒムラー──神秘学、および超自然の信奉者──は、内紛に注ぎ込まれるエネルギーの一部を、注目するオカルト研究に回す機会を獲得しました。こうして、WOW7における欧州枢軸戦線の主力・オブスクラ軍団が生まれたのです。

担任Obskura军团负责人之一的是深得希姆莱信赖,且在当时欧洲的超自然界富有盛名的奇术师康拉德·维斯2。康拉德作为第六次超自然大战期间同盟国方的奇术结社“蔑神者”的一员,其在六战的战场上大放光彩,被认为是战斗奇术师的榜样。他参与的,破坏所罗门王设置的神性奇术造主的行动也为他的履历增添了浓厚的一笔。这使得他被德国,甚至是整个欧洲的超自然界认为是当时最强大的奇术师之一。

オブクラ軍団長の一人は、ヒムラーから信頼されていた人物で、当時のヨーロッパの超常社会ではよく知られていた。 コンラッド・ヴィス、マジシャン。 コンラッドは、第六次世界大戦中、連合国側の魔法結社「スコーナーズ」の一員として、第六次世界大戦で大きな役割を果たしました。 ブライトは、コンバットワンダーメーカーのお手本とされています。 ソロモン王が仕掛けた「神の不思議屋」への関与とその混乱も彼の経歴に加えています。 これがきっかけで、彼はドイツ、そしてヨーロッパ中の超自然界から、彼の時代の中で最も強力なキロマンティストの一人とみなされるようになった。

康拉德利用自己在欧洲的关系网和影响力为希姆莱获取文物和异常项目来支持其的种族主义狂想。由于经历过第六次超自然战争的全过程,康拉德对异常的武器化抱有极大热忱,他的鼓吹也是希姆莱将Obskura军团从一个党卫队控制的下属研究机构转变为以异常作为武器的准军事组织的主要原因。

コンラッドは、彼の人種差別的な狂詩曲を支持するために、ヒムラーのために人工物や変則的なアイテムを入手するために、彼のヨーロッパの人脈と影響力を使用しました。 第六次超自然戦争の全過程を生き抜いてきたコンラッドは、アノマリーの兵器化に情熱を燃やしていました。

在1934年到1938年这段时间内,党卫队一直在使用自己的政治资源来为Obskura军团的研究项目和希姆莱个人对雅利安种族的狂热想法提供资金和资料上的支持。其对于文物的疯狂掠夺引起了欧洲一些超自然结社的注意,但他们当时并不知道Obskura军团的目的是什么.即使是德国本土的,在文物搜集计划中受到损失的结社,也鲜有人敢于去阻拦当时权势滔天的党卫队。

1934年から1938年までの間、親衛隊は自らの政治的資源を利用して、オブスクラ軍団の研究プロジェクトやヒムラーのアーリア人種に関する個人的な狂信的な考えを財政的にも物質的にも支援しました。 彼らの熱狂的な略奪行為はヨーロッパの超自然的な団体の注目を集めたが、オブスクラ軍団が当時何をしていたのかは知らなかった。 ドイツでも、アーティファクト・コレクション・プログラムで損失を被った協会の中には、当時の強力な親衛隊をあえて止めようとする者はほとんどいませんでした。

不过,随着事态的近一步发展,纳粹德国吞并捷克斯洛伐克和奥地利后,党卫队和名为图勒协会3的组织从几所博物馆洗劫而去的一些文物让此前发生的相似事件得以串联起来。这些被针对性洗劫的文物普遍与基督教和所罗门王有关,这些文物指向了一个古老而极具危险性的仪式

しかし、ナチスドイツによるチェコスロバキアとオーストリア併合後の最近の動きを見ると、親衛隊と「チュール協会」と呼ばれる団体が いくつかの博物館から組織によって略奪された遺物の中には、以前に発生した同様の出来事の間のリンクを提供するものがあります。 狙われた略奪は、一般的にキリスト教やソロモン王と関連しており、古代からの非常に危険な現象を指しています。 儀式だ

希姆莱妄图利用所罗门仪式强化雅利安人的超自然性,使全体德国人转变为一个理想化的种族,拥有金发碧眼与强大的超自然潜力,同时旨在剥夺其他种族的奇术潜力。这一目标与他们破坏性的掠夺仪式所必备的材料让全欧洲的超自然结社都感到威胁。

ヒムラーはアーリア人のオカルト性を強化するべく、ソロモンの儀式を濫用しようとしました。すべてのドイツ人を金髪の髪と強力な超自然的な潜在能力を持つ理想化された種族に変え、他の種族の魔法の潜在能力を奪うことを目指しています。 この目的と、彼らの破壊的な略奪の儀式に必要な材料は、ヨーロッパ中の超自然的な団体に脅威を感じさせた。

在与苏联合作瓜分波兰约六个月前,军团的考古部门策划了一次对已经并入德国的捷克斯洛伐克境内几处钥匙存放点的袭击行动。在布拉格约瑟夫的犹太教堂,军团的几支分队与被提前到达的盟军方奇术结社——圣殿骑士所激活的布拉格巨像进行了长达十余个小时的激烈战斗,且遭受了重大损失。直到修黎社4的一支战斗奇术师分队加入战斗后,此前无视军团分队阻拦,在城区中肆意破坏的巨像才被压制住。

ポーランド分割でソ連に協力する約半年前、軍団の考古学部はドイツに編入されたチェコスロバキアの見直しを計画していた。 領土内のいくつかの重要な預金所を襲撃しました。 プラハのヨゼフのシナゴーグでは、早くから到着していた連合軍側の特異点であるテンプル騎士団とともに、軍団のいくつかの分遣隊が発動していた。 プラハの巨像は10時間以上もの間、激しい戦いを繰り広げ、大損害を被りました。 朱里会のコンバットワンダーの分遣隊が戦闘に参加するまでは、それまで軍団の分遣隊を無視して街中を大混乱に陥れていたコロッサスが 抑圧されたのはその時だけです。

为了防止巨像落入军团手中,圣殿骑士的突击队采取了一个危险的计划。他们设法与巨像合作,击杀了能够对其造成威胁的所有在场修黎社奇术师,并成功说服了巨像与他们一同撤离。他们甚至主动破坏了该地区的门路以使得修黎社的后援部队无法追击。

巨像が軍団の手に落ちるのを防ぐために、テンプル騎士団の襲撃隊は危険な計画を採用していた。 彼らはなんとか巨像と協力して、彼らに脅威を与える可能性のある存在する西瓜神社の魔法使いを皆殺しにして、巨像を説得して一緒に退避させることに成功しました。 さらには、スーリヤの援軍が追撃できないように、率先してこの地域の出入り口を破壊した。

这场战斗也是第七次超自然大战进入正式对抗阶段的引子,盟国方的超自然结社开始联合起来向Obskura军团发动攻势,以期阻挠或破坏军团正在执行的,为所罗门仪式搜集必要文物的计划。而军团则在遭受重大损失后加速了异常武器化的速度。

この戦いはまた、第七次超自然の戦いが正式な対立段階に入る前兆としても機能した。連合国側の超自然的結社は、ソロモンの儀式に必要なアーティファクトを収集するための軍団の進行中の計画を妨害したり、混乱させたりするために、オブスクラ軍団に対する攻撃で結束し始めたのである。 一方、レギオンは大きな損失を被った後、異常な兵器化率を加速させた。

在此后的一年半时间内,有相当多的结社参与了对军团的袭击行动。德国吞并波兰后,参与行动的结社数量随着时间的推移开始稳步上升。从最早期为了保护基督教有关文物而与军团发生冲突的圣殿骑士,到来自北欧的阿萨神族教团奇术师,在英国对德宣战后,甚至包含了英国超自然部队的特工们,其组成范围远超在第二次世界大战中与德国开战的国家。

あれから1年半、かなりの数の協会が軍団への攻撃に関わってきました。 ドイツがポーランドを併合した後、作戦に関わる協会の数は時間の経過とともに着実に増え始めた。 キリスト教関連の遺物を守るために軍団と衝突した初期のテンプル騎士団から、イギリスがドイツに宣戦布告した後にイギリスの超自然軍のエージェントまで含まれていた北欧の朝神魔術師団まで、構成は第二次世界大戦でドイツと戦争をした国をはるかに超えています。

唯一的解释是这些秘密结社与盟军取得了联系,盟军接受这些结社作为超自然战线的作战力量,并给予他们必要的支持。这促使了盟军超自然倡议的诞生,也就是今天的GOC——全球超自然联盟的前身。

唯一の説明は、これらの秘密結社が連合国と接触し、連合国が超自然戦線での戦闘力として彼らを受け入れ、必要な支援を行ったということです。 これが、現在のGOCの前身であるグローバル・パラノーマル・アライアンス(Global Paranormal Alliance)の前身であるアライド・パラノーマル・イニシアティブ(Allied Paranormal Initiative)の誕生につながったのです。

固我们可以看到,在1939年10月之后,对德国国内Obskura军团的研究设施和仓储地发动的袭击均通过长距离的显形术进行部署和进入。这赋于了结社联军强大的机动力量,但却需要消耗巨量的生命力能量,故此前的袭击主要通过门路的中短距离传送达成。但在获取英国人提供的足够电力和来自国际统合奇术研究中心的技术支持后,艾迪哈特共振器5的原型设备被快速的发明出来并直接投入了战场。

このように、1939年10月以降、ドイツのオブスクラ隊の研究施設や保管場所は、1939年10月以降になっています。 発動した攻撃は、長距離顕在化によって展開され、侵入した。 これにより連合軍に大きな機動力を与えるが、膨大な生命力エネルギーを必要とするため、これまでの攻撃は主に出入り口からの攻撃となっていた。 到達した短~中距離伝送。 しかし、イギリスから十分なパワーを得て、国際統一特異点研究センターの技術支援を受けた後、エディハルト・レゾネーターの プロトタイプはすぐに発明され、直接現場に投入されました。

与现在相比,当时的共振器笨重,转化效率低下,速度还相当慢。对,比现在这些像抽水机一样的大盒子更让人难以忍受。现代的共振器开动转子往往需要三四分钟的预热,但那些老设备可能需要运作整整12个小时才能凑够一次中距离显形的能量,还伴随着剧烈的噪音和热量。类似当时的那些计算机,这些能塞满一个库房的设备散发的热量能够代替洗衣机滚筒来烘干你的衣服,这迫使英国人不得不额外安装了大量的散热设备以防止共振器内部的有机部件灼伤或者损坏。

当時の共振器は今と比べると、かさばるし、変換効率が悪いし、かなり遅かった。 そう、最近のポンプのような大きな箱よりもさらに圧倒されます。 現代の共振器は、多くの場合、ローターを起動するために3〜4分のウォームアップを必要としますが、それらの古いデバイスは、激しいノイズと熱を伴うミッドレンジディスプレイのために一緒にエネルギーを取得するために、フル12時間動作する必要があります。 当時のそれらのコンピュータと同様に、ストックルームを埋めることができるこれらのデバイスによって放出される熱は、洗濯機のドラムの代わりにあなたの衣服を乾燥させることが可能であり、英国では、共振器内の有機部品が焼かれたり損傷したりするのを防ぐために、追加の放熱装置をインストールすることを余儀なくされました。

虽然原始,但英国人的努力还是相当有效果的。他们在18个月之内总计发动了23次袭击行动——无一例外,全部都通过长程显形术,跨越北海甚至地中海袭击位于德国内陆的Obskura军团研究设施、文物发掘现场、运输队,或是提前就将文物取走。这给予了德国人相当的打击。毕竟当时Obskura军团与修黎社主要依靠的还是祭祀仪式和大规模的两性纵欲来提供足够的活跃EVE粒子。前者受制于纳粹集中营转送人员的速度,后者本身就难以大规模开展。

原始的ではあるが、イギリスの努力はかなり効果的だった。 総計で18ヶ月間に23回の攻撃を行いましたが、そのすべてが例外なく、北海、さらには地中海を横断して、ドイツ内陸部のオブスクラ軍団の研究施設、発掘現場、護送船団を攻撃したり、期限前に遺物を撤去したりするために、長距離幾何学的な方法で、北海を横断しました。 これはドイツ軍にかなりの打撃を与えた。 結局のところ、当時のオブクラ軍団とトゥール協会は、主に儀式と大規模なジェンダーの耽溺に頼って、十分なアクティブEVE粒子を供給していた。 前者はナチスの強制収容所の移送速度に阻まれ、後者はそれ自体が大規模に行うことが困難であった。

因此,在1941年开始,德国人就热衷与在价值地点建设大量的固定防御设施来代替留守和机动的异常武装党卫军与修黎社奇术师,以缓解战斗法师的机动性不足与武装党卫军的火力问题。

このように、1941年からドイツ軍は戦闘魔道士の機動力不足と、武装していても火力が足りないという問題を解消するために、異常なまでに留まって機動していたワッフェンSSやシューレ協会の魔道士の代わりに、価値のある場所に多数の固定防御を構築することに躍起になった。

110892.jpg

一处武装党卫军设立的防御碉堡遗址,其采用了异常技术和奇术作为防御加强

防御设施一般从常规的野战军事防护设施中直接改进而来,也有修改自民用建筑物的例子。大部分设施会经过异常技术的改进以使其能抵抗来自盟军超自然倡议的奇术打击,或是屏蔽区域内的门路和坐标节点,以防止超自然倡议的奇术师利用以激活的坐标大量显形。

防御施設は、一般的に従来の野戦式軍事防御をそのまま改良したものが多く、民間建築物からの改造例もある。 ほとんどの施設は、アノーマル・テクノロジーで改造されて、連合パラノーマル・イニシアティブからの奇襲に耐性を持たせたり、パラノーマル・イニシアティブの奇襲者が発動に使う座標の大量発現を防ぐために、エリア内の扉や座標ノードをシールドしたりすることになる。

当然,建立大量的碉堡并不能阻止盟军超自然倡议对党卫军运输队的伏击和突袭。特别是在纳粹德国与苏联开战之后,本身就匮乏的党卫军又不得不抽调一部分人员和相当的武装力量投入东线作战,进一步恶化了西线不断受到的骚扰损失。

もちろん、多数のバンカーを設置しても、連合軍超自然構想によるSS護衛隊の待ち伏せや襲撃を防ぐことはできなかった。 特にナチス・ドイツとソビエト連邦との戦争後は、すでに戦力を奪われていた親衛隊は、その人員の一部と相当な兵力を東部戦線に引き出さなければならず、西部戦線での絶え間ない嫌がらせ的な損失をさらに悪化させたのである。

从挪威获得北欧神话之剑提尔锋后,受困于文物和异常不断被超自然倡议截去的Obskura军团开始投入力量制作替代品,以他们手上的文物模仿提尔锋的ARad波形,制造出能够用于执行仪式的钥匙。与军团此前的计划和行动不同,根据德国已经部分解密的文档来看,这个计划得到了希姆莱本人的批准和持续关注,其与康拉德的书信往来中多次提到了这件事。

ノルウェーから北欧神話の剣「ティルレニアン・ブレイド」を手に入れたオブスクラ軍団は、アーティファクトや超自然の働きかけによって常に切断される異常現象に悩まされていたが、その力を代替品の製作に注ぎ始めた。 軍団の以前の計画と行動とは異なり、機密扱いが一部解除されたドイツの文書によると、この計画はヒムラー自身の承認と継続的な注目を得ており、コンラートとの通信で何度か言及されていた。

武装党卫军在发掘现场建立了被称为“十二号秘密设施”的大型研究中心,并一度成为Obskura军团在北欧甚至是在世界上最大的几个基地之一。十二号设施建立的初衷是为了研究是否能以其他文物模仿仪式中需要使用的钥匙的ARad波形,以期在奇术进程上欺骗仪式,让仪式得以被执行。

発掘現場には、「秘密施設XII」と呼ばれる大規模な研究センターが設置され、一時は北欧、さらには世界最大級のオブスクラ隊の拠点となった。 ファシリティXIIはもともと、儀式で使用するために必要な鍵のARadの波形を模倣するために、他のアーティファクトを使用して儀式を行えるように誤魔化すことを目的として設立された。

但如果考虑到德国人在这个目标上的缓慢进度,那么设施最有用途的产出还是那些异常武器化的技术副产物。比如那些肢解从埃及和巴黎获得的干尸,利用他们的手臂制造的枪械,能够快速射出急剧不稳定的生命力能量,足以肢解被攻击者,或者把他们也变成干尸。奇术部门在参与幻影行动时就遭到了类似武器的攻击。

しかし、この目標に対するドイツ軍の進歩の遅さを考えれば、この施設の最も有用な成果は、例外的に兵器化されたものであることに変わりはない。 技術の副産物。 例えば、エジプトやパリで手に入れた乾燥した遺体をバラバラにして、その腕を使って、急速に不安定な状態を急速に撃てる銃を作った人たちは 生命力のエネルギー、攻撃を受けた者をバラバラにするか、同様に干からびた死体に変えるのに十分な量だ。 ストレンジアーツ科はファントム作戦に参加した際に同様の武器で攻撃を受けた。

当然,这只是党卫军的武器化异常的冰山一角。诸如雕刻了大量卢恩符文以期化解能量的护甲一类的东西也大规模的出现在武装党卫军中,并在相应的行动中证明了它们的作用。这些简易甚至有些粗制滥造的东西在解决杀人这件事上相当出色,无论他们杀的是目标还是使用者本身。

もちろん、これは親衛隊の兵器化の異常性の氷山の一角に過ぎない。 また、エネルギーを消散させるためにルーンを大量に刻んだ鎧なども大々的に登場し、それに対応した行動で有用性を証明している。 こういった単純でやや粗雑なものでも、ターゲットを殺すにしろ、ユーザー自身を殺すにしろ、殺人を解決するのはかなり得意です。

是的,Obskura军团直到第七次超自然大战结束都没有解决他们列装的干尸能量发射器的反噬问题,在大量使用这把武器后,那些抽动的手臂有时会一把抓住使用者的脖子,试图把他拧下来。

そう、オブスクラ軍団はスーパーナチュラル・ウォーVIIの最後まで、乾燥した死体エネルギーエミッターの配列で逆ファゴサイトーシスの問題を解決していなかったし、この武器を酷使した後、それらのねじれた腕は時々、片手でユーザーの首を掴んで、彼を引き剥がそうとするだろう。

此外,可以确信的是,军团通过十二号设施掌握了来自新锡格蒂纳6的技术。他们掌握了制造提尔锋副本的能力,并将这把具有相当威胁的剑作为制式装备使用。

さらに、軍団はニューシグティナからファシリティXIIまでの技術を習得していると考えていいでしょう。 彼らはティルズエッジのコピーを作成する能力を習得しており、このかなり脅威的な剣を装備品として使用しています。

众所周知的是,提尔锋会对其使用者施加同等的诅咒,固军团一开始就放弃了让人类使用这把剑,转而是让一些非人类的东西,比如说布拉格巨像,来使用这把剑。在俘获巨像的行动遭遇多次重大失败后,军团利用起了他们在巴黎地下墓穴发掘到的一个齿轮正宗发条机器人——要知道,这些东西在几个世纪以前被拿破仑用来征服世界。

ティルズエッジが使用者に平等な呪いを課すことはよく知られており、ソリッド軍団はそもそも人間に剣を使わせることを諦めていた。 スイッチはプラハのコロッサスのような人間ではないものが剣を使えるようにするためのものだった。 コロッサスの捕獲に何度も大失敗した軍団は、パリのカタコンベで発掘したギアマサムネを利用する。 時計じかけのロボット……何世紀も前にナポレオンが世界征服のために使っていたものです。

让我们把目光转回对必须钥匙的仿制工作上来,Obskura军团在反复尝试制作仿制品的失败中浪费了宝贵的两年半时光。直到1944年,他们才发现仿制品完全无法用于替代真钥匙。不仅仅是因为ARad波形难以预测和准确模仿,或是那些无法解释的玄学理由。每一把钥匙之间都有复杂的接触律关系存在,使得任何仿制品都难以通过仪式的考验,尤其是在几把钥匙已经在盟军超自然协议手中的时候。

マストキーの模倣に話を戻しましょう。"オブスクラ軍団 "が模倣に失敗を重ねて無駄にした貴重な2年半。 イミテーションが本物の鍵の代わりには全く使えないことがわかったのは1944年のことでした。 ARadの波形を予測して正確に模倣するのが難しいとか、説明のつかない形而上学的な理由があるとかだけではありません。 それぞれの鍵の間には複雑な接触法の関係が存在しており、特にいくつかの鍵が既に連合軍の超自然的なプロトコルの手に渡っている場合は、どのような模造品でも儀式を通過することが困難になります。

所以康拉德计划重新设计一个由九把钥匙构成的仪式,每一把钥匙对应一个存在的超自然实体——神话神灵、精灵、恶魔或是其他。将这些实体建造,献祭并组合在一起,就能复现所罗门仪式应有的效果。同时,他也优化了在六战中与那些同僚曾使用的处决进程。借助于武装党卫军庞大的异常藏品库存,他得以将圣枪的枪尖与提尔锋的复制品融入整个进程,以期作为整个仪式的保险7

だからコンラッドは、それぞれが存在する超自然的なエンティティに対応する9つのキーで構成される儀式を再設計することを計画しています。 神話的な神々や精霊、悪魔など。 これらの実体を構築し、生け贄とし、それらを一緒に組み合わせることで、ソロモンの儀式が持つべき効果が再現されます。 また、彼は第六次世界大戦で同僚たちと一緒に使っていた実行プロセスを最適化した。 Waffen-SSの膨大な変則アイテムの在庫があるため、ホーリーランスの先端やティルズエッジのレプリカを工程に組み込むことができた。 式全体を保証するために

在新仪式的筹备过程中,基金会在黑绳行动中抓获了军团指挥康拉德,并缴获了这一计划的有关文件。根据战时有关条理,基金会将这一情况通报给了盟军超自然倡议,并与其组织了一支联军突袭当时钥匙的主要制造基地,也就是我们之前所提到的十二号设施和幻影行动。

新しい式典に備えて、財団はブラックロープ作戦中に軍団司令官コンラッドを捕獲し、この計画に関連する文書を押収しました。 戦時中の関連規則に従い、財団はこの情報を連合軍の超自然イニシアチブに伝え、それに伴い連合軍を組織して当時の鍵の主要な製造拠点であったファシリティXIIと前述のミラージュ作戦を襲撃した。

联军在行动中缴获了提尔锋的一份副本。其他的钥匙则在修黎社战斗法师的掩护下转移至一处林中宅邸,宅邸在数日后盟军超自然倡议对其的突袭行动中被毁,所有的钥匙和其他半成品被回收。

ティル戦線のコピーは作戦中に連合軍に接収された。 残りの鍵はトゥール協会の戦闘魔導師の隠密の下、森の中の屋敷に移されたが、数日後に連合超自然イニシアチブの襲撃で破壊され、鍵をはじめとする半製品はすべて回収された。

可以说,在整个行动结束后,Obskura军团已经失去了组织内大部分有生力量。军团指挥和高级牧师们均被俘虏,或死于行动中。主要的基地也被联军破坏。很快就被党卫军解散大部分编制,仅保留了几支小队来应对盟军方持续不断的骚扰。党卫军此时也自身难保,随着盟军在诺曼底的登陆和苏联红军的持续西进,日本在太平洋上的持续失利。第三帝国的灭亡和第二次世界大战的结束已经提上了日程,而第七次超自然大战也已然画下了句号。

全ての作戦が終了した後、オブスクラ軍団は組織内での生活力のほとんどを失っていたと言っていいだろう。 軍団司令官や上級チャプレンは、捕虜になったか、戦死したかのどちらかです。 主要な基地も連合軍によって破壊された。 連合国側からの絶え間ない嫌がらせに対応するために数個の分隊だけを残して、設立の大部分はすぐに親衛隊によって解散された。 この時点での親衛隊は、連合軍のノルマンディー上陸やソ連赤軍の西進、日本の太平洋での敗北が続くなど、不安定な立場にあった。 第三帝国の終焉と第二次世界大戦の終結が議題となり、第七次超自然戦争が終焉を迎えていた。

战争是残酷的,七战尤其如此。

戦争は残酷だし、特に七つの戦争はそうだ。

越来越多的异常被作为人类之间相互残杀的利器,在战争中开发出来的不少技术甚至在此后的越南和阿富汗战争中也均可一见,又有多少无辜的人丧命于这些东西手里呢?

これらのことで、異常性が武器となって殺し合いが増え、戦争で開発された技術の多くがその後のベトナム戦争やアフガニスタン戦争でも見られるようになり、どれだけの罪のない命が失われてきたのでしょうか。

即使我们享受着难得的和平时光,仍要警记那些广泛使用异常为人类带来的灾难,战争的硝烟从未真正离我们远去。作为基金会的一员,我们更理应如此。

稀に見る平和の瞬間を楽しんでいても、私たちは、異常事態の蔓延が人類にもたらした大惨事を思い起こさなければならない。 財団のメンバーとして、私たちは何よりもそれに値する。

我们控制,我们收容,我们保护。

奇跡論史講義
« 奇跡論の発展と未来 |灰燼の温もり|最後の一篇»


ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License