1111事件

http://scp-wiki-cn.wikidot.com/ob

評価: 0+x

流火のような光跡が、空のあちらこちらで飛び交っている。よく知らない人々からすれば、洗面器くらいはある巨大なホタルの群れだと思うだろう。オレンジ色の光線は、都市上空を無軌道に渦巻き、時折閃光を発したり、地面に落ちて黒色の固体に変化することもあった。人々は異世界の如き光景に驚き、その場に佇んで呆然とするか、悲鳴を挙げて所構わず逃げ出すかしていた。

だが、一体どこに逃げろというのか?街全体が、突如飛来した異常光群に覆われているのだ。野良猫も知らないような路地にさえ入り込み、電気の弧を放ちつつ、不自然な中国語を繰り返し機械音声で流している。

親愛なるお客様へ

OBメディアはこれより、貴星に対して最大級の販促キャンペーンを行います。

ゴアズ・サーブ®がお届けするクーポンを使えば、弊社がオススメする銀河で人気の商品十数点を、割引価格で購入することができます。

なお、1つの商品に適用できるクーポンは1枚のみです。

警笛的声音很快就盖过了这些机械的人声,从车上跳下来的警员们一边用扩音器指挥民众撤离,一边却不时用恐惧的目光瞥向头顶的几簇光团。这时,一辆纯黑色的吉普突然从某个隐蔽的角落横冲直撞出来,径直朝光团开去。

サイレンの音がすぐさま機械音声をかき消す。車から飛び降りた警官たちは、拡声器で避難を促しつつ、頭上の光を怖いもの見たさで睨んでいる。その時、どこからか突然、真っ黒なジープが飛び出し、光群に向かって走っていった。

警员们显然认为这是酒驾带来的惨烈后果之一,他们高声大喊着企图制止车辆,却并没有采取更多行动,只是任凭车冲到光团前停下。车门迅速打开,一位身着破旧皮夹克的中年男子跳出车外,非常利索地从车厢中掏出一支足有一个脑袋那么宽的枪状武器,指着面前飘忽的光团。

警官たちはそれを酔っ払いがもたらした惨劇の一つだと思い込んだ。彼らは大声を出し、車を止めようとしたものの、それ以上の行動はとらなかった。車はすばやく展開し、1人の中年男性が車外に飛び出すと、非常に的確な動作でトランクから脳味噌くらい広い銃状の武器を取り出し、面前の光を指差した。

他低声嘀咕道,随即扣动扳机。

「エージェント、コードネーム: Sinopy。攻撃スタンバイ」彼は小さく呟くと、トリガーを引いた。

「ドン」という轟音を伴いながら、眼前の光は黒色の液体の集中攻撃を受ける。光線はわずか数秒しか保たず、
男は前に2歩進むと、銃で地面を覆った光──今見ると、それは機械で構成された球体のようであった──を小突いた。男は肩をすくめ、耳元の通信機に伝える。

伴随着“轰隆”的一声巨响,面前的光团被一发深黑色的液体恰好击中,光团的光线仅仅持续了几秒,接着彻底黯淡,如同坠崖般突然倒在地上。男人向前走了两步,用枪碰了碰地上被液体覆盖的“光团”——现在它看着像是由机械构成的球体。男人耸了耸肩,对着耳边的通讯器,

“攻击成功,实验体失去运作能力。通知全体人员发起攻击。”

「攻撃成功。実験体は活動能力を喪失。全体に告ぐ、攻撃を開始せよ」

轰隆隆隆,顷刻间,城市的各处不约而同发出了巨大的响声,无数光团一时全都掉在地上,失去光辉。

ドォンドォン。この刹那、街の各所からばらばらと巨大な轟音が発されると、無数の光はまたたく間に地上へと降り注ぎ、その輝きを失った。


「こちらはGOC作戦司令部、すべての異常物品の無力化を確認。協力に感謝する」

「こちら財団司令部、メッセージを受信した。今後起こり得るだろう戦闘に備えてくれ」

「それで、事後処理については……」

「こちらでやっておくよ。どうせいつもこっち持ちだろう」


同時刻、某所にて

“JIYYYYYYYY S JIYYY——”一个人——与其说是人,蓝色的巨大鼻涕虫会更适合描述它——愤愤地推门而入,它毫不掩饰自己的愤怒,对着办公室内站着的某人嘶吼着:“JIYYYYYYYYY!”

“JIYYYYYYYY S JIYYY——”一人の人間──人と言ったが、巨大な青いナメクジと表現した方が正しい──が、憤慨しながら部屋に入ってくる。怒りを微塵も隠そうとせず、オフィスに佇む者に対して咆哮する。“JIYYYYYYYYY!”

那人回过身,眼神里尽是不耐烦的气愤,“说了多少次我不属于这颗星球,我只是碰巧和这里的原住民长得很像。Toop,你觉得这次的失败是我的错?”

その者が振り返る。目には耐え難い怒りが満ちていた。「何遍言ったら分かるんだ。僕はこの星の担当じゃない。僕はただ、ここの原住民と姿が似ているにすぎないんだって」

“JIYYYY!JIY!”鼻涕虫向前拱了拱,触角几乎要贴在对方脸上。

ナメクジは。触覚が相手の顔に張り付きそうになる。

“当然是我的错?我说当然是你的错,Toop你就是个恶心的虫子。谁是本土化经理?我们都知道那是你的工作。你自己没有把本土化做好反倒来怪我们宣传部门?好,我这么说,如果你早就告诉我们这里的原住民的智商,习俗,还有他们的喜好,甚至这些不知道从哪里冒出来的破坏者,我们很可能就能成功进入市场,而不是像现在这样!”他一边大声说着,一边用指头狠狠地戳着Toop的胸口

もちろん僕のミスだって?君の責任に決まってるじゃないか、Toop。気色の悪いワームめ。ローカライズ・マネージャーは誰だった?それが君の仕事だってのは、みんなが知っていることさ。ローカライズが上手くいかないからって、僕ら広報部のせいにするのか?そうだなあ、もし君が早くから、原住民の知能・習慣・好みを教えてくれていたら、市場に参入できていたはずだ。きっとこんな有り様じゃなかったろうね!」彼はToopの胸を強めにつつきながら、大声で放った。

「HO LO GUO.」

另外一个人推门而入。这人披着深黑的斗篷,看不见面目。「HO ZUO.」他对Toop说道。鼻涕虫闷哼一声,一言不发地离开了。

「好啊,和事佬来了。」男人戏谑地说道。

「LO.」后来者把办公室的门关上,转身看向对方。

「你不会懂的,Sarily,这是一个经济贸易方面极端保守的文明。他们不理解我们为他们带来优质生活的良苦用心,更不会接纳外来商品。”

「君には分かりっこないだろうね、Sarily。この文明は経済貿易においては極端に保守的だ。彼らは我々のもたらす良質な生活を理解しない。舶来の品物を受け入れるなんてなおさらだ。」

Hau双手撑在桌上,如此用力以至于整张桌子都为之颤抖。他低着头恨恨道。

我甚至怀疑他们把一切经营都当作倾销,把一切跨文明通商都当作别人对他们的隐形侵占——然而谁想要这个被他们糟蹋成这样的星球——,在一群更加愚蠢的领导者的带领下装疯卖傻来抵制所有销售者。够了,Sarily,无论怎样上头的指标必须完成。

「ひょっとすると、彼らはあらゆるビジネスをダンピングとみなし、文明間の取引を他者による密かな侵害とみなしているのではないかとすら思う。……彼らがこのように荒らしてしまった星を、誰が欲しがるってんだ……もういい、サリー、何がどうであれ、上からのノルマは必ず達成しなくちゃならない」

「利益を最大限引き出すには、もっと賢い文明を探すか、製品を強引に受け入れさせるかだ。サリー、君ならどっちを選ぶ?」

「OU HOI YO DU」

「奇遇だねぇ、僕も同意見さ。僕たちは商人だ。商人ってのはとことん貪欲でいなくちゃね


ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License