明日の終末
評価: 0+x

凯特认为如果我真想做份记录的话就该从现在开始,以免为时已晚时后悔。当然,她同时也嘲笑了我抱着个机子想把什么东西都写下来的胆小鬼行为。我觉得她是对的。如果情况允许的话我更想用真正的纸笔来写这份记录——前不久我们才刚领会过数据丢失的滋味——但现在这个世界恐怕已经找不到一张合成纸,而我也不确定自己是否还能提笔写字。

ケイトは俺に、記録をつけたきゃすぐにつけろと語った。手遅れになった時、後悔しないようにと。もちろん、机にかじりついて何でも書き残そうとする、こんなビビリな俺を笑ってもいた。思うに、彼女は正しかった。できることなら、本物の紙とペンでこれを記録したかった──ついさっき、俺はようやくデータロストの苦渋を味わった所だ──だが、この世界では恐らく、1枚の合成紙すら見つけられないだろう。それに、自分がペンで字をまだ書けるかどうかすらも怪しい。

距离第一波攻击已经有一段时候了。尽管我们再也没有进行正面冲突,但它如同匍匐在黑暗中伺机进攻的影子,更为糟糕的事情将要发生的念头弄得所有成员人心惶惶。血肉、欲肉教、混沌的造物。我们一直当作都市传说的东西突然被某个地区发现,随后瞬间解决了所有前去调查的成员。

第一波の攻撃からしばらく経ちました。 その後、正面衝突することはなかったが、暗闇の中で影のように忍び寄って攻撃の機会をうかがい、何か悪いことが起こるのではないかと、メンバー全員がハラハラした。 肉欲のカルト、カオスの創造。 今まで都市伝説として片付けていたものが、ある地域で突然発見され、調査に行ったメンバー全員が一瞬で解決してしまったのです。

第一波の攻撃から、かなりの時間が経っている。正面衝突はもう無いだろうが、奴らは闇の中を匍匐するかのように、侵攻の機会を伺っている。もっと悪いことが起きるかもしれない。メンバーは全員、戦々恐々だ。血肉、サーキック、混沌の造物。俺たちがずっと都市伝説とみなしていたものが、突如として某所に発生したんだ。調べに行ったメンバーは皆、瞬時にやられてしまった。

阿克所在的“标头header”是第一批前往的代理小队——他们将意识注入外骨骼中并远程操控骨骼进行移动,理应是前线中最安全的小队。但他们一遇到那些东西就疯了。我看着阿克拔下连接线大叫,突然痛苦地倒地抽搐,然后抓起旁边的维修刀自残,说看到有蠕虫在血液中翻腾。可我们什么也做不了。塞西尔医生给他做了紧急格式化处理,但那些东西造成的影响显然无法用这么简单的方式根除。晚些时候阿克开始发烧、说胡话。随后他逐渐停机。我们为他进行了简单的葬礼——在世时他一直渴望一场英雄式的离别仪式,可我们现在的条件无法令我们做得更多。葬礼上没人哭泣或说话,只有风扇的运转声。

アークが所属する「ヘッダ」はエージェントチームの第一陣だった。外骨格に意識を注入し、それを遠隔操作して移動する彼らは、最前線で最も安全な部隊であるはずだった。 しかし、そういうものに出会った途端、彼らはおかしくなってしまった。アークが接続ケーブルを抜いて悲鳴を上げ、突然痛みと痙攣で地面に倒れ、横にあったメンテナンス用のナイフを手に取り、「血の中にミミズが蠢いている」と言いながら自分の体を切るのを見ていた。 でも、どうすることもできないんです。 セシル先生は緊急フォーマットを出してくれたが、それらの効果はそんな簡単な方法では根絶できないのは明らかだ。 夕方になって、アークが熱を出し、わけのわからないことを言い始めた。 その後、だんだんと機能が停止していった。 生前は勇壮な別れの儀式に憧れていたが、現状ではそれ以上のことはできないので、簡素な葬儀にした。 葬儀では誰も泣くことも話すこともなく、扇風機の回る音だけが響いていた。

那些难以名状的东西甚至能对AI进行大幅度干扰,全球范围的日常巡查已经被取消,大家都窝在离血肉的发现地尽可能远的地方。黑客们重新激活了无法通过图灵测试的弱人工智能,使我们在今天第一次得以通过老式摄像头看清他们的真面目。尽管最终共享的视频已经进行了处理,卷曲的肉须抓起建筑残骸的镜头让我用了很长时间才得以平复紧张的信号。一团有意识的肉块。那就是前代管理员海德薇曾预言的东西,而它似乎正不断地变得更具威胁性。莫里的风扇因为情绪过激卡住了很久,我们惊慌失措,最后路易费了好大的劲才让她重启。凯特正在用她知道的最恶毒的词汇咒骂那团血肉,但我觉得没有必要。如果预言是这么说的,那么我们一个都逃不掉。我们基站的管理员将每周例会更改为三日一次,楼里气氛变得异常紧张。可我们什么对策也没能讨论出来。

それらの名状しがたいものは、AIに劇的な干渉を与えることさえあり、世界中の日常点検が中止され、誰もが生身の人間がいる場所からできるだけ遠くに寄り添っているのです。 ハッカーたちは、チューリングテストをパスできなかった弱いAIを再活性化し、今日初めて、旧式のカメラを通して彼らの真の姿を見ることができるようになりました。 最終的に共有された映像は加工されていたものの、カールした肉ひげが建物の跡を掴む映像は、緊張のシグナルを落ち着かせるのに時間がかかった。 覚醒した肉の塊。 それは、先代の管理者が予測していたことであり、刻一刻と脅威を増しているように思えた。 マーレイのファンが感情過多から長時間動かなくなり、私たちはパニックになり、最後はルイが頑張って再起動させたのです。 ケイトは、自分の知る限り最も下品な言葉で血まみれの肉塊のことを罵っていたが、私はその必要はないと思った。 もし、それが予言の通りなら、私たちは誰も逃げられない。 毎週行っていた会議を、基地局の管理者が3日間に変更したため、庁舎内が非常に緊迫した雰囲気になった。 しかし、その対策について議論することはできませんでした。

几个大基站的构筑者们试着合作研发了增强精神抗性的附加插件,战争终于爆发。我和凯特这样的成员所持植入物太少不适合长时间战斗,只能被留在后方负责补给。莫里和路易都加入了前线,宿舍一下子变得空荡荡的。我们无法联系上塞西尔,所以凯特试图另找个医生为自己更新植入物以便参与战斗。可医生人手完全不够——伤员实在太多,血肉显然也在有计划地先行攻击医护人员。大部分医生的处理器已经超负荷工作了很长时间,尽管基站的风扇正以最大功率运转,系统过热只是时间问题。管理员开始研究物理降温的手段。我什么忙也没能帮上。

大型基地局のコンストラクター数名が、精神的な耐性を高めるためのプラグインを共同で追加しようとし、ついに戦争が始まった。 ケイトや私のようなメンバーは、長時間の戦闘にはインプラントが少なすぎるため、後方で物資の世話をしなければならなかったのです。 マレーもルイも戦列に加わり、宿舎は一気に空っぽになった。 セシルと連絡が取れないので、ケイトは戦いのためにインプラントを更新してくれる別の医者を探そうとした。 しかし、医師は完全に人手不足だった。負傷者があまりにも多く、生身の人間が組織的にまず医療従事者を攻撃していたらしい。 基地局のファンは最大出力で稼働しており、システムがオーバーヒートするのは時間の問題だったが、ほとんどの医師のプロセッサーは長時間にわたって過負荷状態に陥っていた。 管理者たちは、物理的に冷却する手段を検討し始めた。 私にはどうすることもできなかった。

电子眼带来了个更坏的消息——我们终于弄清了为何血肉的攻击正变得越来越有策略性。数据分析师原以为被释放出的酸液只会腐蚀所有接触到的东西,但他们大错特错。就现在来看,这些液体会辅助血肉吞噬并读取生物的意识,将他们持有的知识转变为自己的一部分。我们要对抗的不止是血肉大敌,还有曾经死去的同胞。也许那团蠕动的怪物里还有阿克。有些成员决定放弃。他们组织了个小团体,意在劝说其他人停止抵抗加入那团血肉。

電子の目がさらに悪い知らせをもたらす。生身の人間に対する攻撃が戦略的になっている理由がようやくわかったのだ。 データ解析担当者は、放出された酸は接触したものすべてを腐食させるだけだと考えていたが、それは大きな間違いであった。 現状では、この液体は生身の人間を助け、生物の意識を消費し、読み取ることで、生物の持つ知識を自分自身の一部として変化させるものです。 戦う相手は生身の敵だけでなく、かつて死んだ同胞もいるのだ。 あの蠢くモンスターの塊の中に、まだアークがいたのかもしれない。 あきらめることにしたメンバーもいた。 彼らは、他の人たちに抵抗をやめて、その血と肉の塊に加わるように説得するつもりで、小さなグループを組織した。

从上一次更新算起,路易在数据层搭建的实时留言板已经超过23小时没有添加新纪录了。我觉得他已经牺牲,甚至莫里也可能一同牺牲了,凯特对我持有这个该死的想法感到非常不满。同时,因为骤增的伤员和越来越少的自动化供给,在上周例会上管理员通过了粮食与电力定量供给计划。现在凯特的状态看起来很不好,但现在就连心理医生也被拉去给战斗员进行手术了。我曾尝试安慰她,不过什么没有效果。有时我会在断网后乘坐升降机前往基站离地面最近的一层,安静地感受外界呼呼的风声和脖子后散热片的温度,想想这个世界的终末将是什么样子。现在的灭亡方法实在不合我的口味。

前回の更新から23時間以上経過していますが、データレベルで構築されたライブメッセージボードLouisに新しいレコードは追加されていません。 彼は犠牲になり、マレーも一緒に死んだかもしれない。私がそのような考えを抱いていることに、ケイトはとても憤慨している。 一方、死傷者の急増と自動化物資の減少のため、管理者たちは先週の定例会議で食糧と電力の配給計画を可決した。 今、ケイトはひどい目に遭っているようだが、精神科医でさえ戦闘員の手術に引っ張りだこになっているのだ。 安心させてあげようと思っても、うまくいかないものです。 時々、切断後にエレベーターで基地局の最寄りの階まで行き、静かに外の風の音と首の後ろのヒートシンクの温度を感じながら、世界の終わりはどうなるんだろうと考えていました。 今の消滅の仕方は、私の好みに合わないだけです。

数据层开始时不时出现断层,只要稍微走过2000MB左右就能发现一段停止更新的区域。在我们转移至地下后,血肉已经切断了大部分地上缆线,紧接着是临时架设的通讯设备和电力供应。离中心较远的基站几乎全部失联。它的目的显而易见。管理员宣称损坏的只有基站外部,而我们有的是技术让人活着——外骨骼、意识植入、辅助AI,或许还有足够资源进行上传。但我们都知道那只是自欺欺人的安慰。自循环系统根本坚持不了多长时间。

データレイヤーが時々壊れ始め、2000MBほど少し歩いただけで更新が止まっている箇所がありました。 地下に潜ってから、生身の人間が地上のケーブルのほとんどを切断し、通信機器や電源の仮設を行った。 中心部からさらに離れた基地局は、ほぼ完全に失われた。 その目的は明らかだった。 管理者は、被害は基地局の外装だけで、私たちが持っていたのは人々を生かすための技術、つまり外骨格、意識移植、補助AI、そしておそらくアップロードのための十分な資源だけだと主張しています。 しかし、それは自虐的な慰めでしかないことを、私たちは知っています。 自己循環型システムは、単純に長持ちしない。

我们对数据层进行了彻底的清空,并移除了大部分附加空间,尽可能地减少维护服务器所需要的资源。大部分构筑者自愿移除了他们创建的文件让更多重要资料得以储存。我知道他们正在删除的是自己毕生的心血和作品。基站到处都能听见细微的抽泣和低语声,我对他们中大部分人的脸感到陌生。也许我们曾在数据层玩得很好,一旦离开了网络我们便失去了任何联系。我本想将这份记录清除以便腾出更多空间,但被凯特阻止了。她认为这份记录说不定对大家十分重要。

データレイヤーは完全に空っぽにし、追加スペースのほとんどを削除して、サーバーの維持に必要なリソースを最小化しました。 ほとんどのビルダーは、より重要な資料を保存できるように、作成したファイルを自主的に削除しています。 やはり、ライフワークや作品を撤去しているのでしょう。 嗚咽や囁きが基地局のあちこちから聞こえてきて、ほとんどの人の顔を知らない気がした。 おそらく、データレベルでは仲良く遊んでいたのに、ネットワークを離れた途端、連絡が取れなくなったのでしょう。 私はこの記録を消して部屋を広くしたかったのですが、ケイトに止められました。 みんなにとって、とても大切なことかもしれないと思ったそうです。

现在存活着的成员基本集中在了这里。我们联系不上远东的那些大基站了。管理员最终开启定向传送的权限,将所有其余具有战斗力的成员传输到其他位面上。他说他们是神的碎片,将在平行位面上传播我们所拥有的科技、知识,帮助素未谋面的文明发展壮大,形成足以对抗血肉的力量。他说分离、我们是破碎的;团结、我们将成为神。他说神必完整。在我看来,这只是个死局——我们已经没有医生了。

現在、生き残ったメンバーはここにほぼ集結している。 極東の大きな基地局とはもう連絡がとれないんです。 やがて管理者は、指向性伝送へのアクセスを開放し、戦闘力を持つ残りのメンバー全員を他の領域へ伝送するようになった。 彼らは神々の断片であり、私たちが持つ技術や知識を平行世界に広め、私たちに会ったことのない文明が発展し、生身の人間と戦えるほど強い力に成長するのを助けると言ったのです。 分離すれば壊れ、結合すれば神々になると言っています。 神は全うするものと言っている。 私の考えでは、これはただの死です-私たちにはもう医者がいません。

今天,管理员死去了。准确地说,他的物理躯体被撕成了碎片。我们现在聆听他保存在数据层的意识副本进行行动。我不确定他是否还算是活着——宏观来说我们仍能听到他的话语,但作为人类的他已经浸没在血肉的海里。

今日、管理人が亡くなりました。 正確には、肉体がバラバラになったのである。 今度はデータレイヤーに保存された彼の意識のコピーを聞いてアクションを起こします。 マクロ的にはまだ彼の言葉を聞くことができるが、人間としては血肉の海に沈んでいる。

今日、管理人が死んだ。正確に言えば、彼は物理の胴体が粉々に引き裂かれた。私たちは今、彼が行動するためにデータ層に保存した意識コピーを聞いている。私は彼がまだ生きているかどうか分からない-マクロ的には私たちは彼の言葉を聞くことができるが、人間としての彼はすでに血の海に沈んでいる。

基站快要被摧毁了。即使现在躲在储物间内连着一条几乎要短路的连接线,我也仍能听见这座建筑不断分崩离析的声音。最近我一直在研究利用定向传送的方法,这对于从未碰过代码的我是个挑战,不过结果令人欣慰。我没有预想中那么害怕,毕竟我一开始就没指望从末日中逃脱。我只希望这份记录能以某种方式被发送出去。

基地局が破壊されようとしている。 ショートしそうなほど接続された倉庫に隠れている今でも、建物が常に崩壊していく音が聞こえてきます。 最近、方向性のあるテレポートを使う方法を考えていたのですが、これまでコードを触ったことがない自分にとっては挑戦でしたが、結果は心強いものでした。 思ったほど怖くはない。何しろ、そもそも黙示録から逃れられるとは思っていなかったのだから。 このレコードがなんとか発信されることを願うばかりです。

我不确信这样做能否改变什么。但所有人都坚信他们所做的一切是有意义的。

これで何かが変わるということはないでしょう。 しかし、誰もが自分たちのやっていることは意味があると確信している。

所以我也想去相信一次。

だから俺も、信じてみたいと思う。

ERROR

The snoj's portal does not exist.


エラー: snojのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3266034 ( 01 Jun 2018 15:33 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License