SCP-XXX-JP So Far

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: 今のところSafeで大丈夫です

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██に存在する低脅威度物品収容コンテナにて保管してください。コンテナ内に設置したカメラを経由して、経年劣化の有無を定期的に確認してください。今のところ収容状態は良好です。

説明: SCP-XXX-JPは製造元が不明のソファーです。背もたれ部分の背面に"So Far, So Good."と記されている以外、外見上は一般的なソファーと異なりません。SCP-XXX-JPには非破壊検査で検出可能な範囲での構造上の特殊性、あるいは構成材料における異常性は確認されておらず、検査結果は今のところ良好です。
 
SCP-XXX-JPの異常性は使用者がSCP-XXX-JPの上で〈行きたい場所〉を想像した際に発現し、使用者を該当の場所へ瞬間的に転送します。後述の実験結果より、転送が実行されるのは〈行きたい場所〉について対象者が〈遠い〉と感じる場合に限定されると考えられます。それ以外の異常性は今のところ確認されておらず、調査は順調です。
 
SCP-XXX-JPは日本の████県████市に存在する██████公園へ不法投棄されていました。当時この公園にいた住所不定無職██████氏が当該オブジェクトを使用中、突如としてその場から消失しました。目撃者が警察に連絡したことで、潜入していた財団エージェントに通知され、発見・収容に至りました。██████氏はその後、██████島の港にて無事に確保されました。██████島は██████氏がかつての妻(離婚済み)との新婚旅行先であったことが後の聴取により判明しています。██████公園での目撃者にはいずれもカバーストーリー[世紀の大奇術]が適用され、██████島での目撃者にはいずれもクラスA記憶処理が施されました。今のところこれら処置の結果は良好です。
 
以下の実験は、SCP-XXX-JPの異常性について詳細に検証するために行われました。転送後の位置を特定するため、実験対象者にはGPSが装着されました。
 
 
実験記録XXX-JP-01

【方法】
対象:Dクラス職員1名

【結果】
当該職員の瞬間的消失を観測しました。GPSによる位置情報は当該職員の故郷である████県████郡を示しました。SCP-XXX-JPからの距離は約382kmでした。

【考察】
当該職員は転送後逃亡を図ったものの、無事確保されました。転送場所によっては確保が難しい場合が想定されるため、今後Dクラス職員を用いた実験は推奨されません。実験前の〈行きたい場所〉についての聴取が必要だとわかりました。実験は今のところ順調です。

 
実験記録XXX-JP-02

【方法】
対象:エージェント████
行きたい場所:海の中
対象には酸素ボンベ等のダイビング装備一式が装着されました。

【結果】
エージェント████の瞬間的消失を観測し、GPSによる位置情報は██████海溝の深水████m付近を示し、直後に通信が途絶しました。SCP-XXX-JPからの距離は約4,198kmでした。

【結果】
研究担当者の想定以上に海の中でした。対象の転送先のイメージについて念入りな聴取が必要とわかりました。実験は今のところ順調です。

 
実験記録XXX-JP-03

【方法】
対象:████研究員
行きたい場所:サイト-81██内の職員用食堂

【結果】
████研究員の転送は確認されませんでした。

【考察】
SCP-XXX-JPに記された"So Far"という言葉から、対象が〈遠い〉と感じる場合に限って転送される可能性が考えられました。████研究員が昼食を食べそびれましたが、実験は今のところ順調です。

 
実験記録XXX-JP-04

【方法】
対象:████研究員
行きたい場所:████県████市の██████遊園地
目撃を避けるべく、██████遊園地にカバーストーリー[爆速観覧車]を適用し、一時的に一般人の立ち入りを禁止しました。

【結果】
████研究員の瞬間的消失を観測し、GPSによる位置情報はサイト-81██内のトイレを示しました。SCP-XXX-JPからの距離は約230mでした。

【考察】
████研究員による証言「トイレが近かったのですが、トイレは遠かったのです。」を踏まえると、物理的距離によらず対象者が精神的、心理的に遠いと感じる場所であれば転送されるようです。████研究員は無事トイレに間に合いました。実験は今のところ順調です。

 
実験記録XXX-JP-05

【方法】
対象:████研究員
行きたい場所:████県████市の██████温泉
目撃を避けるべく、██████温泉を含む温泉街一帯にカバーストーリー[有毒ガス発生]を適用し、一時的に一般人の立ち入りを禁止しました。

【結果】
████研究員の瞬間的消失を観測し、GPSによる位置情報は██████温泉からやや離れた位置を示しました。後の聴取から、████研究員がイメージした場所に転送されたことが確認されました。

【考察】
████研究員が転送されたのは温泉街にある[編集済]でした。SCP-XXX-JPからの距離は約37kmでした。実験対象者の適切なスクリーニング方法の確立が必要とわかりました。実験は今のところ順調です。また、本実験終了後、財団職員による出張移動等を目的とするSCP-XXX-JPの利用が複数回発生していますが、いずれも重大なアクシデントには至っておらず、収容は今のところ順調です。

 
実験記録XXX-JP-06

【方法】
対象:SCP-███-JPを保持したエージェント████
行きたい場所:SCP-███-JP収容施設(サイト-████)

【結果】
エージェント████はSCP-███-JPとともに、サイト-████のSCP-███-JP収容室内に転送されました。SCP-XXX-JPからの距離は約79kmでした。

【考察】
SCP-XXX-JPは一部SCPオブジェクト移送の迅速化に寄与するものと期待されれます。実験は今のところとても順調です。

 
実験記録XXX-JP-07

【方法】
対象:████神父
行きたい場所:天国
サイト-81██に付属の財団職員専用の教会でつとめる████神父からの要請に応じて本実験は行われました。

【結果】
実験開始から29時間48分間経過時点で、████神父の瞬間的消失を確認しました。GPSによる位置情報はヴァチカン美術館を示し、直後に通信が途絶しました。SCP-XXX-JPからの距離は約9,825kmでした。現地エージェントによる調査から、絵画『最後の審判』の中心部より赤い染みが広がっていることが確認され、後に████神父の血液と判明しました。

【考察】
おそらく対象が具体的にイメージした通りの場所に転送されたものと考えられます。絵画『最後の審判』に付着した████神父の血液は無事除去されました。実験は今のところ順調です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The SKNHKN's portal does not exist.


エラー: SKNHKNのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6888518 ( 02 Oct 2020 03:36 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License