scp下書き一作目 「賠償金属バット」

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPが発生した学校では、回収が完了するまで如何なる人物の立ち入りを禁止してください。回収作業に当たる財団職員は、SCP-XXXX-JPに直接手に触れないよう注意してください。
回収後はサイト-28の高セキュリティ収容ロッカーに収容してください。また、SCP-XXXX-JPの被害者遺族にはカバーストーリー「保険金」を適用してください。

説明: SCP-XXXX-JPは日本国内に発生する金属製のバットです。
形状や大きさ、デザインは██社が製造する硬式用金属バットと同じであり、外見のみで見分けることは困難です。
SCP-XXXX-JPを持ってスイングした瞬間、その時の天候にかかわらず使用者の頭上で雷が発生し、使用者は落雷により感電死します。
また、使用者が死亡するタイミングで、その遺族が所持する銀行口座に多額の金額が振り込まれます。
振り込み元は2021年現在では判明しておらず、財団職員による調査が進んでいます。

SCP-XXXX-JPは過去に回出現しており、そのすべてで使用者(以下SCP-XXXX-JP-1~3)は死亡しています。;

以下はSCP-XXXX-JP-3死亡後にSCP-XXXX-JP-3の母親に対して実施されたインタビューを記録したものです。


 
 
 
 
 
 

ERROR

The silsol's portal does not exist.


エラー: silsolのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7240450 ( 02 Feb 2021 12:01 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License