Games Reality Benders Play 翻訳案

現在このページの批評は中断しています。

出典: [http://www.scp-wiki.net/games-reality-benders-play]
著者: AdminBrightAdminBright
作成日(EN): 2009/8/4

自信のない部分に下線を引いています。査読よろしくお願いします。

rating: 0+x

The old man stands over her hospital bed, staring down at the girl. She is wired to all sorts of machines, beeping and booping, all of them designed to keep her alive. All of them unneeded. He leans over the bed, a pleasant smile on his face. "You can get up now."

老人は病院のベッドの上に立ち、少女を見つめている。彼女は彼女を生かすために設計された、ビープ音やブーイングを発するあらゆる種類の機械に接続されている。必要のないものばかりだ。彼はベッドにもたれかかり、楽しげな微笑みを浮かべた。
「もう起きていいよ」

The girl scrunches her eyes tightly together, not looking at him. "Go 'way! 'M in a coma!"

少女は彼を見ず、目をぎゅっと細める。「あっちへ行って!私は眠ってるの!」

The older gentleman tsks at her words. "Now, you may have the mundane believing that, but you and I both know better. Come on, lazy bones, get up now!"

年配の紳士は彼女の言葉にツッコミを入れる。「さて、君は平凡な人にはそう思わせているかもしれないが、私たちはよくわかっている。さあ、怠け者、今すぐ起きなさい!」

The girl opens one eyelid halfway, peering at the man. He looks so pleasant and charming, like her grandfather! But there's something about him, something the… what did he call them, mundanes? wouldn't see. A veiled… hatred? "I'm not supposed to leave the bed. The Doctors will get angry." Again.

少女は片方のまぶたを半開きにして、男を覗き込む。彼は彼女の祖父に似ていて、とても楽しそうで魅力的に見えた!しかし、彼には何かがある。何かが……彼は彼らを何と呼んでいた?平凡な人?ベールに包まれた……憎悪?「私はベッドから出ちゃいけないの。お医者さんが怒るから」まただ。

"No worries, my dear. I'll see to it they never even notice you're gone." He gestures absently with a hand, and the girl feels a tingle in her skin. Sitting up, she notices that there is now another girl in her bed, to whom all the instruments are attached. She eagerly hops out of bed, clapping her hands.

「心配いらないさ。気付かれないようにする」彼が何気なく手を振ると、少女は肌が疼くのを感じた。立ち上がってみると、ベッドの中にもう一人の女の子がいて、その子にすべての機器が取り付けられていることに気づく。彼女は手を叩きながらベッドから飛び出した。

"Yey! Thank you, poppy."

「イェーイ!ありがとう、ポピー」

"Hmm, yes. Now, we can't have you going out and about in that dreadful hospital gown, can we?" He ponders for a moment, trying to decide what would be most appropriate, but even as he thinks, the little girl bobs her head, and is dressed in jeans and a t-shirt. "Well. Someone has more control then we were given to think. Tell me." Offering her his hand. "Do you know what you are?"

「うーん、うん。そのひどい病院のガウンを着て外に出ては行けないな?」彼は何が一番ふさわしいかを考えていたが、考えている間にも、ジーンズとTシャツを着た少女は首をかしげている。「まあね。我々に与えられた以上のコントロールを持っている人もいる。教えてくれ」彼女に手を差し出す。「自分が何者か知っているかい?」

"The doctors keep calling me a, uhm, reality bender? It means, I can do anything, right?" She takes his hand warily.

「お医者さんたちは私を、ええと、現実改変者?って呼び続けてる。つまり、私は何でもできるってことでしょう?」彼女は彼の手を取った。

"Hmm, you have grown ready for this. Come, let me show you." And the two of them vanish.

「うーん、君はこのために成長してきたんだな。おいで、見せてあげよう」そして二人は消えた。


They sit together on a bench, watching the world go by. It is a horrible world, where mankind has been reduced to a more primal state. They hug the light, and fear the darkness, for terrible things exist in the darkness. Sitting on the park bench, the old man and the little girl watch as creatures of nightmare stalk the shadows, waiting to find a lone human, and take them.

二人はベンチに一緒に座り、通り過ぎる世界を眺めていた。それは、人類が原始的な状態に戻されてしまった恐ろしい世界だった。二人は光を抱きしめ、闇を恐れる。闇の中には恐ろしいものが存在するからだ。公園のベンチに座って、老人と少女は、悪夢の生き物が影の中を歩き回り、孤独な人間が見つかるのを待ち、彼らを連れていくのを見ている。

"Where are we?" She asks, innocently. She knows nothing here can hurt her, knows it in her heart, and so it must be true.

「ここはどこなの?」 彼女は無邪気に尋ねた。彼女はここでは何も彼女を傷つけることができないことを知っている。心の中で知っている。だから、それは真実に違いないのだ。

"A future." He responds flippantly.

「一つの未来」彼は気まぐれに答えた。

"Don't you mean, the future?" She corrects him, in that know it all tone little children have.

「決まった未来じゃないの?」彼女は小さな子供のような口調で訂正した。

"No child, I mean a future. This is not necessarily the future that occurs, it is simply the one I choose to show you. It could just as easily be this one." And with a wave of his hands, they are sitting in a utopia, the sun shining, the people laughing and smiling, no sick or injured, everything… perfect.

「いいや、一つの未来だ。これは必ずしも起こる未来ではなく、単に私が君に見せるために選んだ未来なのだ。これも同じくらい簡単なことだよ」そして彼が手を振ると、彼らはユートピアに座っている。太陽は輝いていて、人々は笑ったり微笑んだりしていて、病気や怪我もなく、すべてが……完璧だ。

The girl studies the people, then looks up at the old man. "So, Reality Benders can travel to the future?"

少女は人々を観察し、老人を見上げた。「で、現実改変者は未来に行けるの?」

He winces, shaking his head a little sadly. "Please! We prefer the term Shapers."

老人は少し悲しそうに首を振って苦笑した。「頼むよ!私たちはshapersと呼びたいんだ」

"But aren't we Reality Benders?"

「でも私たちは現実改変者じゃないの?」

He coughs into his hand. "Well, you see, it's like the difference between using the word African over the word Negro. While both are correct terminology, one is more polite, and one wasn't given to us by people who aren't us."

彼は咳を手で覆った。「アフリカ人と黒人の違いのようなものだ。どっちも正しい用語だが、一方はより丁寧だし、一方は私たち以外の人からつけられたものではない」

She frowns in concentration, then nods slowly. "I think I get it. But, why Shapers?"

彼女は集中してしかめっ面をした後、ゆっくりとうなずく。「わかった気がする。でもなぜ shapersなの?」

He laughs. "Well, we have to call ourselves something, don't we? And we do Shape things to our whim."

彼は笑う。「私たちは自分達のことを何かと名乗らなければならないのか?そして私たちは気まぐれで物事を形作るshape

"But, the future?"

"でも、未来は?"

"Like a dog with a bone, you. Very well then. No, we Shapers cannot travel in time, as such. We can view other times, and affect them, to some degree, but we are bound from actually traveling to them." He puffs lightly on his pipe as he speaks.

「根気強いな。いや、shapersは時間旅行は出来ない。他の時間軸を見て影響を与えることはできるが、実際には時間旅行はできない」彼はパイプを軽くふくらませながら話している。

"So, you mean, we can make things happen here, but not actually touch things?" It's hard to keep up sometimes, but then she just imagines herself getting it, and she does.

「つまり、ここでは何かを起こせるけど、実際には何かには触れないってこと?」 時々ついて行くのが難しいが、彼女は自分が実現するのを想像するだけで、ついていく。。

"That's it exactly!" It would sound like praise, to any one else. But she hears the edge in it.

「その通り!」他の誰から見ても褒め言葉にしか聞こえない。でも、彼女はそれを聞いて、

"Why?"

「なぜ?」

"Ah, to understand that, you must understand the Game. And to understand the Game, you must play it." The old man stands up, offering her his hand.

「それを理解するためにはゲームを理解しなければならない。ゲームを理解するためには ゲームをプレイしなければならない」老人は立ち上がって、彼女に手を差し出した。

"Come, walk with me to the Great Hall."

「大広間まで一緒に歩こう」

The girl stands as well, but refuses his hand. The longer she is with this man, the less she trusts him. He's nice, pleasant, fatherly, always smiling… but there is something behind his eyes. Something darker that she can feel with her mind, if not her senses. Sometimes, when she isn't looking at him, it almost feels like he is licking his lips. "Show me the way."

少女も立ち上がったが、手を拒んだ。この男と一緒にいる時間が長くなればなるほど、彼女は彼を信用しなくなる。彼は親切で、気さくで、父親のようで、いつも微笑んでいる……しかし、彼の目の奥には何かがある。感覚ではなくても、心で感じることのできる、暗い何かがある。時々、彼女が彼を見ていない時、彼が唇を舐めているように感じる。
「道を示して」

"It is rather a difficult path, but… if you insist."

「難しい道だが……君がそう言うなら」


The path is a long one, and filled with many a twist and turn. The girl pauses at one turn, staring into the halls of another Foundation. The walls and people are fuzzy, as if poorly tuned in. She turns to the older man, frowning. "What's wrong with this one?"

道は長く曲がりくねっている。少女はある曲がり角で立ち止まり、別の財団世界の穴を見つめている。壁や人の姿はぼんやりとしていて、まるでうまく調整されていないかのようだ。彼女はしかめっ面をして、老人を振り返る。「これはどうしたの?」

He laughs, a jovial sound. "Ah, this reality is more unlikely than most. See?" One of the doors blows open, a young boy and an old man with a beard, both holding wands and dressed in robes, strolling through, destroying Foundation agents with simple flicks of their wands. "This one is near impossible to actually happen, so it comes in rougher."

彼は陽気な声で笑う。「ああ、この現実は他のものよりも可能性が低い。ほらね?」扉の一つが開き、少年と髭を生やした老人が杖を持ってローブを着て闊歩し、杖を振るだけで財団のエージェントを終了した。「これが実際に起こることはほぼ不可能だから、もっと荒いことになる」

He starts to walk, sedately, in some realities with a cane, in others with a limp, but in most with a sort of slow amble. It all depends on how you look at him, really. But however he actually walks, the end result is him leaving this plane of existence, and passing into another one. The girl takes one last, long lingering look at the fuzzy reality, as a girl who looks remarkably like her runs to the wand-wielding males, then turns to follow him. Around him, the sound of dice clattering, of cards slapping the table, and of figures being moved from one spot to the next is almost constant. The Great Hall is many things, but quiet, it is not.

彼は歩き始めた。杖を使った現実もあれば、足を引きずった現実もあるが、ほとんどの現実ではゆっくりとした歩き方をする。彼をどう見るかにかかっている。しかし、どんなに彼が実際に歩いても、最終的な結果は、彼が存在のこの平面を残して、別のものに渡すことだ。少女は最後に曖昧な現実を長い余韻に浸りながら見ていると、彼女によく似た少女が杖を振り回している男性の元へと走って行き、彼の後を追いかけるようになった。彼の周りでは、サイコロの音、カードがテーブルを叩く音、人が次から次へと移動する音がほぼ絶え間なく響いている。大広間には様々なものがあるが、静けさは存在しない。

He takes a moment to look around at table after table of Shapers, all involved in their own little games. Here, the fate of worlds is decided, based on some of the smallest of things. On the outskirts, the low-level Shapers influence the fall of a leaf, the flow of water down a window pane. Moving inwards you find the more experienced Shapers, using regular humans like chess pieces, to further their own goals. The final ring contains those Shapers who duel with entire nations. Some of these appear almost frozen in time, as long-term strategies are waited upon.

彼は一瞬の間で、shapersのテーブルを次から次へと見回す。ここでは世界の運命が、小さなことに基づいて決定されている。郊外では低レベルのshapersが葉っぱの落下や窓ガラスの水の流れに影響を与えている。奥へ進むと、経験豊富なshapersが普通の人間をチェスの駒のように使って、自分たちの目標を達成していく。最後のリングには国全体と決闘するshapersがいる。これらの中には長期的な戦略が待ち受けているため、ほとんど時間が止まっているように見えるものもある。

And in the middle is his table, alone at the moment. Here, he plays all the games, great and small, but with only one stake. But it's still the most important game there is.

中央には彼のテーブルがある。ここで彼は全てのゲームをプレイしている。大小様々なゲームを、たった一つの賭け金で。しかし、それが最も重要なゲームであることに変わりはない。

He turns as the girl finds her way here, his face automatically cheerful and welcoming. She'll never see it coming, when it happens. She'll play him, oh yes, and never know, until he wins. And he will win. He has plenty of trophies to attest to that.

少女がここに来ると、彼は振り返って、自然と顔を明るくして、歓迎している。彼女はそれが起こったとき、決して気づかないだろう。彼女は彼を翻弄し、そう、彼が勝つまで決して気づかない。そして彼は勝つ。それを証明するトロフィーをたくさん持っている。

The trophies line the ceiling of the great hall, humanoid statues, once powerful Shapers, now nothing more than remnants of ideas, bound in time, their powers lost to the old man, used to make him even more powerful. His eyes stop at an empty space, and he whistles a sharp note, narrowing his eyes. "He's out again, is he? Ah, well, I will have him back."

大広間の天井に並ぶトロフィーは人型の彫像だ。かつては強力なshapersだったが、今ではただのアイデアの残骸に過ぎない。彼の目は何もない空間に止まり、彼は目を細めて鋭く口笛を吹いた。「また出てきたのか?ああ、そうか、彼を取り戻してやろう」

The girl doesn't notice his words, too intent on studying the people they are passing. Two Asian boys are embroiled in a rather determined game of Go. As she watches, she can see how the pieces are more than just pieces, the natural forces, and people they represent. Something in her tells her how they move, how they fit. She shyly steps up to the boy on the left, and points to a spot on the board. "You should put a piece there."

少女は彼の言葉に気づかず、すれ違う人たちに集中している。二人のアジア人の男の子が囲碁の対局に熱中している。彼女はそれを見ているうちに、駒が単なる駒ではなく、自然の力や人を表していることに気づく。彼女の中の何かが、駒がどのように動き、どのようにフィットするのかを教えてくれる。彼女は恥ずかしそうに左の少年に歩み寄り、碁盤の一角を指差した。「そこに駒を置くといいわ」

"There? But that wins me nothing," he protests.

「そこ?でもそれじゃ何も得しない」と彼は抗議した

"Just trust me. One man, right there." She nods at him. He waffles over the choice, then nods and does so. In a normal game of Go, nothing would be won. But in this game, half of the board changes over to his side with that one piece.

「信じて。あそこに一つ」彼女はうなずいてみせる。彼は迷ったがうなずき、彼女の言うとおりにした。普通の囲碁では何も得られないが、しかし、この対局では、その一枚で盤面の半分が彼の側に変わる。

"Nicely played," the old man acknowledges.

老人は「よくやった」と認めた。

"It was just obvious." The two pass another table, where a red-haired man in Arabic dress sits next to a man who seems to be surrounded by a halo of flames. Their opponent is… well, it changes. One minute it is a horrible monster with the head of a pig, the next, it is an old man with a ruby where his heart should be. Their game is one she has never seen before, what appears to be some form of large structure, with each player taking turns moving the various rooms of the structure, and moving pieces inside of it as well. The old man snorts.

「分かりやすかっただけよ」二人は別のテーブルを通り過ぎた。そこでは、アラビア風のドレスを着た赤毛の男が、炎の後光に包まれているような男の隣に座っていた。彼らの対戦相手は……変化する。ある瞬間には豚の頭を持つ恐ろしい怪物、次の瞬間には心臓があるべきところにルビーを持った老人。彼らのゲームは彼女が見たことのない、何か大きな建造物のようなもので、各プレイヤーが交代で建造物の様々な部屋を動かし、その中にある駒を動かしている。老人は鼻を鳴らした。

"Tamlin is playing with himself again. Sad." He leads her onwards, to the center table, and gestures her towards the far seat. "Here is where you and I shall play."

「タムリンはまた一人遊びをしている。悲しいな」老人は彼女を中央のテーブルの遠くの席に案内した。「ここで勝負しよう」

"I don't like chess," the girl protests, even as she finds herself sitting. He takes his place across from her, behind the white pieces.

「チェスは好きじゃない」と少女は抗議した。自分が座っていることに気づいても。彼は彼女の向かい側の、白い駒の向こうに座る。

"Chess is merely a metaphor. I approve of the symbolism because it is a game for gentlemen, a game with quite a large degree of finesse. Of course, the goal we play towards is something fairly different… " He smiles over the board at her. "A simple bet."

「チェスは単なる比喩に過ぎない。紳士のためのゲームであり、かなりの繊細さを持ったゲームだからだ。もちろん、我々が目指すゴールは全く違うものだが……」彼は盤面を見渡して微笑んだ。「単純な賭けだよ」

"I don't want to play." She tries to stand, but finds she cannot. The old man's smile widens. The other players in the room are pointedly not looking at her.

「遊びたくないの」彼女は立ち上がろうとしたが無理だった。老人の笑顔が広がる。他のプレイヤーは彼女を見ていない。

"You don't have a choice, my dear. You came here with me, you play my game. If you had come here on your own, perhaps you might have had a chance, but as it stands — Well, a simple bet, as I said." He touches his king briefly. For a moment, the piece looks like three different men, three brothers. "Your goal is to give one of these men, a happy ending."

「君には選択の余地はない。君は私と一緒にここに来たのだから、私のゲームをするのだ。一人で来ていたら、チャンスはあったかもしれないが……今は単純な賭けだな」彼はキングに触れた。一瞬、その駒が3人の兄弟のように見えた。「君の目的はこの中の一人に幸せな結末を与えることだ」

The girl stares at him, shocked. "You want me to give them a handjob?"

少女はショックを受けて彼を見つめる。「手コキをしろってこと?」

He bursts out laughing, a loud, booming, joyous sound. "Oh, my dear, you have spent too much time around those despicable and mundane researchers. No my dear, I mean set things up so that their story ends happily. " He waves off her attempt to comment. "No, not for the rest of their lives, merely that this chapter of their existence gets a happy ending. You pick up on things quickly, I'm sure you'll figure it out."

彼は大声で、ブーイングのような歓喜の声をあげて笑い出した。「おやおや、君はあの卑劣で平凡な研究者たちの周りで長い時間を過ごしてきたのだね。そうではなくて、彼らの物語が幸せに終わるように仕組んで欲しいんだ」彼は彼女の発言を遮る。「いいや、彼らの人生の残りの部分ではなく、単に彼らの存在のこの章がハッピーエンドになるように。君は物分かりがいいから、きっとわかるさ」

"I don't want to play chess." She's pouting now, arms crossed over her chest.

「チェスはしたくない」彼女は落胆している。胸の上で腕を組んでいる。

"It doesn't matter. If you fail to play, I win, by default, and make their lives miserable." He moves his first pawn forward. On the board, it is merely a pawn. But, in the real world, agents of the Foundation are redirected, and a rather callous man is placed in charge of the containment of an SCP with the mind of a child.

「そんなことはどうでもいいんだ。君がチェスに失敗したら、当然私が勝利して彼らの人生を悲惨なものにしてしまう」彼は最初のポーンを前に動かした。盤上ではただのポーンだが、しかし、現実の世界では、財団のエージェントが書き換えられ、子供の心を持ったSCPの収容担当として、かなり非情な男が配置される。

"I don't play chess!" She declares emphatically, glaring at the board. A slow smile creeps over her features. "But I do play Yu-Gi-Oh." She stares at the board intently, her face furrowed in concentration. A slow change occurs on her half of the board, until it resembles one half chess, one half children's card game. She looks up at him, from the cards in her hand, and smiles. Quickly, she places a card on the table, the image showing a sand dune. "I play the hungry sands, in defense mode! And then I cast a past immortality on it" She drops a card on top of the first one, this one displaying an amulet with a ruby stone in the middle. Sometime, many years ago, a researcher-turned-SCP gets lost in the desert. The SCP is recovered, but only after a month has passed, and his mind is imprinted on the hive mind living there.

「チェスはしない!」彼女は力強く宣言し、ボードを睨みつけている。ゆっくりとした微笑みが彼女の特徴に忍び寄る。「でも遊☆戯☆王はやるわ」彼女は真剣にボードを見つめ、彼女の顔は集中して眉をひそめた。盤面の半分はチェス、半分は子供のカードゲームのようになり、ゆっくりと変化していく。彼女は手に持っているカードから彼を見上げて微笑む。彼女はすぐにカードをテーブルの上に置き、砂丘を描いた絵を見せた。「私は守備表示で、飢えた砂丘をプレイするの!そして、その上に墓地のカードを蘇らせるの」と、彼女は1枚目のカードの上に1枚のカードを置き、真ん中にルビーの石が入ったアミュレットを見せた。何年も前のことだが、研究者からSCPになった者が砂漠で遭難した。SCPは回復したが、一ヶ月が経過しただけで、心はそこにある集団意識に刷り込まれてしまう。

The old man stares at her, and, for once, an emotion other than joviality appears on his face. He is shocked. More than that, for the first time in a long time, he is surprised. The Great Hall has grown silent, every eye upon the game in the middle. "What are you looking at?" he asks them, without looking around. The sounds pick up again, as the other Shapers return to their games.

そんな彼女を見つめる老人の顔に、一度だけ陽気さ以外の感情が浮かび上がる。彼はショックを受けている。それ以上に、彼は久しぶりに驚いた。大広間は静まり返っていて、すべての視線が中央のゲームに注がれていた。「何を見ている?」彼は周りを見回すことなく、彼らに尋ねる。他のshapersがゲームに戻ると、音が再び鳴り響く。

343 leans forward, the smile once again rising to his face as he gazes at the transformed board. "I don't know how you did that. But that's what is going to make this interesting."

343は身を乗り出し、再び笑顔を浮かべて変容した盤面を見つめている。「どうやって君があんなことをしたのかわからない。でも、これが面白いんだ」

239 can't help but smile back. "Game on."

239は笑顔を返さずにはいられなかった。「ゲーム・オン」

Next: Unfinished Business And yes, it does all fit together.

次: やりかけの仕事 そして、そう、それはすべてが噛み合っている。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The shinotake's portal does not exist.


エラー: shinotakeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6170545 ( 15 Apr 2020 03:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License