SCP下書き「親で子(仮)」

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██内の標準ヒト型生物収容セルにて児童対象収容プロトコルに基づいて収容されます。隔日でSCP-XXXX-JPに対して心理カウンセリングを実施して下さい。

説明: SCP-XXXX-JPは20代の日本人男性の外見をした人型実体です。SCP-XXXX-JPはヒト(Homo sapiens sapiens)と同一の身体構造を有していますが、採取した体組織の分析は安定した結果を示していません。

SCP-XXXX-JPは生物学的に単一の個体にも拘わらず、██人の人間(SCP-XXXX-JP-Aと定義)の集団として存在します。SCP-XXXX-JPは複数の人数を必要とする行動を単体で実行可能です。またSCP-XXXX-JPは個々のSCP-XXXX-JP-Aの経歴についての記憶を有しており、SCP-XXXX-JP-Aが過去に習得した技能を実践できます。SCP-XXXX-JPは活動に際して成人男性一人分の食事量しか必要としません。

SCP-XXXX-JP-Aの内訳は以下の通りです。各個体の詳細なプロフィールはこちらを参照して下さい。

  • SCP-XXXX-JP-A-1: ██大学3年生であった██ ██。SCP-XXXX-JPと同一の外見であり、異常性の根源とされる。
  • SCP-XXXX-JP-A-2~9: ██大学の3年生。SCP-XXXX-JP-A-6は過去に盲腸炎の手術を受けているが、SCP-XXXX-JPに手術の形跡は無い。
  • SCP-XXXX-JP-A-10~17: ██大学の2年生。

実験記録XXXX-JP-1

対象: SCP-XXXX-JP・ノート5冊・色の異なるボールペン5本

実施方法:ノートの各1ページ目に般若心経を書き写させる。

結果: SCP-XXXX-JPは37分で1冊目の作業を終え、その時点で作業終了を宣言。残りのノートは開かれていなかったにも拘わらず、1ページ目にそれぞれ異なる筆跡と色で般若心経が書き写されていた。

後記: 使用されたインクは用意されたボールペンのものである事が確認された。使用されていなかったノートとボールペンからそれぞれSCP-XXXX-JP-2、-3、-5、-8の指紋が検出された。

実験記録XXXX-JP-2

対象: SCP-XXXX-JP

実施方法: SCP-XXXX-JPに███社の対戦型アクションゲーム[編集済]をプレイさせる。コントローラーは8人分用意。

結果: SCP-XXXX-JPは1名分のコントローラーで8人対戦を行った。コントローラーを7人分にしたところ、以降は7人対戦を行った。

実験記録XXXX-JP-3

対象: SCP-XXXX-JP

実施方法: SCP-XXXX-JPにバイオリン・ピアノ・トランペットのパートからなる楽曲(財団フロント企業作曲)を演奏させる。SCP-XXXX-JP-3、-4、-9が各楽器の技能を習得している。

結果: SCP-XXXX-JPはピアノのみを演奏したにもかかわらず、3つの楽器からなる楽曲が演奏される。バイオリンとトランペットは静置された状態のままであるが、それぞれの弦と管から音が発生している事が確認された。

実験記録XXXX-JP-4

対象: SCP-XXXX-JP

実施方法: SCP-XXXX-JPとDクラス職員のチームで野球の試合を行う。

結果: 3-7でSCP-XXXX-JP側が敗北した。

何回も映像記録を見返したが、確かにSCP-XXXX-JPは一人でピッチャーとキャッチャーを務め、4回表には全ての塁が埋まる状況ができあがった。瞬間移動や分身などでは決してなかったはずだが。 -牛込博士

補遺1: SCP-XXXX-JPは2███/██/██、███大学で確保されました。「数日前から友人の姿が見えない」との連絡を受けた学生課の職員が講義への出欠登録1が適切に行われていることを不審に思い、SCP-XXXX-JPに聴取を行いました。その後職員の「学生の一人が行方不明で、知人の一人がずっと一緒にいるなどと意味不明な発言をしている」という旨の警察への通報をサイト-81██が傍受し、エージェントが派遣されました。以下はSCP-XXXX-JP確保直後に行われたインタビューです。

補遺2: SCP-XXXX-JP よりSCP-XXXX-JP-A-7がSCP-XXXX-JP-A-3の子供を妊娠したとの報告がありました。超音波画像診断によりこの事実が確かめられました。
2███/██/██追記: SCP-XXXX-JPが破水したため、直ちに医療ユニットに搬送され出産のための処置が開始されました。2時間後、男児(SCP-XXXX-JP-A-18)が誕生しました。

以下はSCP-XXXX-JP-A-18の誕生後数ヶ月後に実施されたインタビューです。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ShinoguN's portal does not exist.


エラー: ShinoguNのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2278897 ( 01 Jun 2018 10:07 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License