翻訳案 SCP-2554 ウキクサ

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-2554
著者: SpectralDragonSpectralDragon
作成日(EN): 2016/11/13
SCP-2554 - Duckweed
SCP-2554 - ウキクサ
tags: alive k-class-scenario keter parasitic plant scp
タグ: 生命 K-クラスシナリオ keter 寄生 植物 scp

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2554

オブジェクトクラス: Keter

Special Containment Procedures: All wild instances of SCP-2554 are to be destroyed on sight under the guise of controlling an invasive species. Any herbicide capable of killing mundane duckweed is sufficient for these purposes. A public hotline has been set up for ease of gathering possible civilian reports of wild SCP-2554 instances. Failure to completely eradicate SCP-2554 in the wild could lead to a GH-class scenario. An instance of SCP-2554 is kept at Provisional Site Khaf-6 for research purposes. To avoid contact dermatitis and infestation, researchers are to wear biohazard suits at all times while in the presence of SCP-2554. Medical staff at Provisional Site Khaf-6 are to be trained in identifying signs of SCP-2554 infestation.1 Surgical intervention is successful in remedying SCP-2554 infestations. As of ██/██/████, Provisional Site Khaf-6's local carp population is to be utilized along with herbicides and other mundane control methods for SCP-2554 eradication.

特別収容プロトコル: 全ての野生のSCP-2554実例は侵略的外来生物の制御という名目で発見次第終了されます。これらの目的のためには、ウキクサを枯死させられる一般的な除草剤が充分に有効です。民間人による野生のSCP-2554実例の報告を収集しやすくするため、公衆ホットラインが設置されています。 野生のSCP-2554を完全に根絶することができなかった場合、GH-クラスシナリオに繋がる可能性があります。SCP-2554実例は研究目的のため暫定サイトKhaf-6に保存されます。接触性皮膚炎の発症および蔓延を防ぐため、SCP-2554の存在する地点において、研究員は常にバイオハザードスーツを着用しなければなりません。暫定サイトKhaf-6の医療スタッフはSCP-2554感染時の兆候を特定するための訓練を受けることになっています。2外科的処置はSCP-2554への感染に対する改善に成功しています。████/██/██の時点で、暫定サイトKhaf-6の現地のフナの個体群は、SCP-2554の根絶のために除草剤や一般的なウキクサの制御方法と併せて利用されます。

Description: SCP-2554 is an anomalous duckweed plant phenotypically similar to Wolffia microscopica. All examples of SCP-2554 are genetically identical to each other. Mundane W. microscopica grows in water, utilizing its thalli to obtain nutrients from the water. SCP-2554 is capable of growing on mediums which are entirely inappropriate for duckweed. Recorded mediums are glass, fabric, animals, fungus, and other plants. SCP-2554 that is grown in a non-organic medium is less healthy than instances grown in an organic medium. It can survive on materials which are completely devoid of nutrients for up to three months before dying off. SCP-2554 does not grow on materials with herbicidal properties. While it is capable of growing on living organisms with the same success as in its natural growth medium, organisms with scales are less likely to become hosts to SCP-2554 infestations.3

説明: SCP‐2554はWolfia microscopicaと表現型が類似した、異常性を持ったウキクサです。全てのSCP-2554の例は互いに遺伝的に同一です。一般的なW. microscopicaは水中で成長し、その葉状体を利用して水から栄養素を取り入れます。SCP-2554はウキクサにとって全く適さない培地でも生育が可能です。培地として記録されたものには、ガラス、織物、動物、真菌および他の植物等があります。非有機培地で培養されたSCP-2554は、有機培地で培養された実例よりも虚弱です。実例は完全に栄養のない物質の上で、死滅するまで3ヶ月間生存することができます。SCP-2554は除草の特性を有する物質上では生育しません。実例は自然の増殖培地と同程度の成功率で生物上において増殖することが可能ですが、鱗を持つ生物はSCP-2554感染の宿主となる可能性が低いです。4

SCP-2554 was originally discovered at the Petco retail store located at ███████. It was subsequently found at 485 additional Petco retail locations in the Quebec region. Governmental health services traced the source to a Petco distribution center in Laval, Quebec. Reports of a ringworm-like infection amongst employees and stock in multiple Canadian locations were discovered to be caused by SCP-2554. Investigation into the distributor records revealed that the order of SCP-2554 had been harvested from a lake in ██████5. The ██████ population is considered to be the original population of SCP-2554.

SCP-2554は███████に位置するペトコ社の小売店にて最初に発見され、その後ケベック地域の485の小売店でも発見されました。政府の医療機関は、実例の出所をケベック州ラバルに存在するペトコ社の配送センターであると特定しました。 カナダの複数の場所で、従業員と在庫品の間で白癬のような感染症が確認され、その原因がSCP-2554であることが判明しました。卸業者の記録を調査したところ、SCP-2554は注文品として██████湖から採取されたものでした。6██████湖の個体群はSCP-2554の母体集団と見なされます。

Identification of SCP-2554 as an anomalous phenomenon was delayed due to the normal conditions of Petco stores and stock. By the time containment efforts began, it had been released into the wild in several locales.7 Additional instances were found in stores, homes, and the wild across the province of Quebec. Cover-up efforts mandated that class-A amnestics were to be administered to the entire population of the affected region, and a cover story was spread about an invasive strain of duckweed spreading concurrently with a particularly virulent form of ringworm from those employed at the distributer and stores in that region. Currently, Foundation-owned hotline █████████████ has been set up for citizens to report abnormal plant or fungal behavior in the affected region until full containment of SCP-2554 is achieved. SCP-2554 is to be considered uncontained at this time.

SCP-2554の異常現象としての特定は、ペトコストア及び在庫の状態が正常であったことで遅れました。 収容の取り組みが始まるまでには、いくつかの地域において実例が野生に放出されていました。8加えて、ケベック州全域の店舗、家庭、野生環境において発見されました。 隠蔽工作のため、クラスA記憶処理が影響を受けた地域の全住民に行われることが義務づけられ、非常に毒性及び伝染性の強い白癬の拡散と、それと同時に広まったウキクサの侵入株についてのカバーストーリーが、その地域の卸業者及びペトコ社の店舗の従業員たちの間で拡散されました。現在、SCP-2554の完全な収容が達成されるまで、財団所有のホットライン█████████████が 影響を受けた地域の、市民からの異常な植物及び菌類の振る舞いの報告のために設置されています。SCP-2554は現時点では収容されていないと考えられています。

It is possible that full containment of SCP-2554 is infeasible due to the magnitude of invasion vectors and its anomalous properties. It is highly probable that only partial containment of SCP-2554 can be achieved with current mundane technology and practices. For the preservation of normalcy, research is ongoing into possible anomalous means of containing SCP-2554. If SCP-2554 is permitted to spread without containment, a GH-class scenario is projected to occur within ██ years.

媒介生物であるウキクサの重大性とその異常性のため、SCP-2554の完全な収容は不可能である可能性があります。SCP-2554の部分的収容のみに限り現在の一般的な技術と実践によって達成できる可能性が非常に高いです。 正常性維持のため、SCP-2554を収容できる可能性のある異常な手段の研究が進行中です。 SCP-2554が収容なしに拡散することを許してしまった場合、██年以内にGH-クラスシナリオが発生すると予測されます。

Addendum A: The original SCP-2554 population in ██████ was found to be contained in a single pond despite its anomalous behavior. Research into this revealed that unusual behavior on the part of a school of Prussian carp9 (Carassius gibelio) was responsible for this containment. Provisional Site Khaf-6 was established to further research the effects of these and unrelated Prussian carp on SCP-2554. Due to the small size and high nutrient value of SCP-2554,10 survival rates of viable carp fry are greater than normal. Research indicates that the consumption of SCP-2554 as a source of food has no adverse effects on the carp or carp fry. The Prussian carp population of ██████ is not considered to be anomalous at this time.

補遺 A: ██████ の元のSCP-2554個体群は、その異常な作用にも関わらず、単一の池において抑制されていたことがわかりました。調査の結果、ギベリオブナ11Carassius gibelio)の群れの一部の異常な行動がSCP-2554の抑制の原因であることが明らかになりました。SCP-2554に対するこれらのギベリオブナ、およびそれらと無関係なギベリオブナの影響の更なる研究のため、暫定サイトKhaf-6が設立されました。SCP-2554の小ささとその高い栄養価12のため、フナの稚魚の生存率は通常より高くなっています。調査によると、フナ及びフナの稚魚がSCP-2554を食料源として摂取しても、有害な影響はありません。 ██████のギベリオブナの個体群は、現時点で異常なものとは考えられていません。

Addendum B: Research Assistant Lynzil captured footage of the local Prussian carp scraping off SCP-2554 infested scales and retreating to safe water to begin the healing process. It is unclear if this is a learned behavior or a sign of possible anomalous activity. Additionally, the local carp have been observed preferentially feeding on SCP-2554 at areas of likely SCP-2554 transmission.13 Confirmed non-anomalous Prussian carp will engage in this behavior after observing the local carp performing it. This has been classified as a class-S memetic anomaly14, and carrier populations have been established in Foundation sites for further research. Otherwise, the Prussian carp population of ██████ is not considered to be anomalous.

補遺 B: リンジル研究助手は、SCP-2554に感染した鱗を削り取り、治癒を始めるために安全な水へと退却する現地のギベリオブナの映像を撮影しました。 これが学習された行動なのか、あるいは異常な活動の兆候なのかは不明です。 加えて、現地のフナはSCP-2554感染の可能性のある地域において、SCP-2554を優先的に捕食していることが観察されました。15異常性がないことが確認されたギベリオブナは、現地のフナのこのような挙動を見た後、同様のふるまいをするようになります。これはクラス-Sミーム異常16として分類されており、財団サイトにおいてキャリア個体群が更なる研究のために確立されています。それ以外の点では、██████のギベリオブナの個体群は異常ではないと考えられます。

Addendum C: On ██/██/████, a population of three of Provisional Site Khaf-6's local carp and seven unrelated Prussian carp17 were introduced into a reservoir containing SCP-2554. Observation has confirmed that over the course of five months, SCP-2554 quantities were reduced sufficiently to permit mundane eradication efforts. A request is pending to include Prussian carp in SCP-2554 containment procedures.

補遺 C: ████/██/██、暫定サイトKhaf-6の3匹の現地のフナと、7匹の無関係のギベリオブナ18がSCP-2554を収容している貯水槽に導入されました。観察によると、SCP-2554の個体数は5ヶ月間で十分に減少し、一般的な根絶のための実践が可能になることが確認されました。SCP-2554の収容手順にギベリオブナを含める要請は保留されています。

Addendum D: A routine investigation of the surrounding watershed of the ██████ lake discovered cylinders of air bladders and hardened tree sap in the surrounding areas. Also discovered were Prussian carp exhibiting the same memetic anomalies as those found in the ██████ lake. DNA analysis of the air bladders revealed that they were from the American Bittern (Botaurus lentiginosus), a species native to the area. The purpose or origin of these cylinders is unknown.

補遺 D: ██████湖の流域の周辺における定期調査で、浮き袋の円柱と固形化した円柱形の樹液が発見されました。 また、 ██████湖で発見された個体群と同様のミーム異常を示すギベリオブナも発見されました。浮き袋のDNA検査の結果、この地域の在来種であるアメリカサンカノゴイ(Botaurus lentiginosus)のものであることがわかりました。これらの円柱の目的および起源は不明です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Seto42357's portal does not exist.


エラー: Seto42357のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4090575 ( 04 Aug 2019 13:34 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License