ダイオウダンゴムシ

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x
iseebi_kara_02

収容以前のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8168の1m×1m×0.5mの強化ガラス製収容房に収容されています。オカダンゴムシとダイオウグソクムシをSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2への変化を避けるため、SCP-XXX-JPに接近させないでください。

現在確認されているもの以外のSCP-XXX-JP-1またはSCP-XXX-JP-2のコロニーを発見した場合、カバーストーリー"地滑りの恐れ"を適用し、周辺地域を閉鎖、SCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2を駆除してください。

説明: SCP-XXX-JPは茹でたイセエビ(学名: Panulirus japonicus)の殻を背負ったオカダンゴムシ(学名: Armadillidium vulgare)です。SCP-XXX-JPは自身を生ゴミであると認識させるために、茹でられたイセエビの殻を背負っていると思われます。

財団に収容される以前の行動としては、行動範囲を広げるため、家屋の付近でしばらく生ゴミの擬態を行います。生ゴミとしてゴミ袋に入れられたSCP-XXX-JPは外側に移動し、‪カラス等の鳥類、動物によって広範囲を移動します。SCP-XXX-JPは現在のごみ収集システムの以前は湖や海で鳥類、動物などに巣に持ち帰られることを利用していたと思われます。

SCP-XXX-JPの周囲1〜2mのオカダンゴムシはSCP-XXX-JP-1に変化します。SCP-XXX-JP-1はダイオウグソクムシ(学名: Bathynomus giganteus)に酷似したオオグソクムシ属であると思われます。SCP-XXX-JP-2を生み出すことに特化しているため寿命は短めです。

SCP-XXX-JPの周囲1〜2mのダイオウグソクムシはSCP-XXX-JP-2に変化します。また、SCP-XXX-JP-1がダイオウグソクムシとの生殖を行った際、SCP-XXX-JP-2は誕生します。SCP-XXX-JP-2は一般的なものより一回り大きなオカダンゴムシです。SCP-XXX-JP-2はすべての生物の死体を主食とします。その際排出される糞の量は食べた量の2〜█倍排出されます。排出される糞は十分に分解され土となっています。それにより日本に存在する山の表層のほとんどはSCP-XXX-JP-2による土の蓄積によるものです。

SCP-XXX-JPは蒐集院が財団に吸収された際に引き継がれたオブジェクトの1つです。記録に残っているSCP-XXX-JPの記録はとても古く、1██年に遡ります。中でも██県███島周囲は1███年続く巨大なコロニーが存在し、███島はSCP-XXX-JP-2による長年の土の蓄積により標高███mの山が存在します。また、蒐集院から引き継いだ資料の中には全国各地でSCP-XXX-JP-2による土の蓄積が伝説上のでいだらぼっち1のしわざとして語り継がれてきた旨が記されていました。特に16██年██県█群にて発生した事例における関連文書XXX-JP-██は重要な文献です。


ERROR

The sekinon's portal does not exist.


エラー: sekinonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:sekinon ( 01 Jun 2018 10:55 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License