甘党とはかくあるべき

現在このページは批評中です。

評価: 0+x

アイテム番号 SCP-XXX-JP

shake-1713470_1280.jpg

コップに注がれたSCP-XXX-JP-2

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-1内のSCP-XXX-JP-2は完全に外から目視が出来ないよう10 cm×10 cm×30 cm以上の密封し光を遮断できる容器に収納して下さい。それ以外のSCP-XXX-JP-2は実験の場合を除き全て焼却処分して下さい。SCP-XXX-JP-3は100 kgを超えないよう余剰分は焼却処分し、それ以外はSCP-XXX-JP-1の周辺5 m以内に収納して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは█████社のものと見られる500mlのペットボトルであるSCP-XXX-JP-1とその内容物であるSCP-XXX-JP-2、及びSCP-XXX-JP-3から構成されます。SCP-XXX-JP-1は█████社のペットボトルとは異なり如何なる衝撃、熱等に対して破壊されることはありません。SCP-XXX-JP-2は一般的にコーヒー牛乳と呼ばれる飲み物と酷似しています。成分検査の結果通常のコーヒー牛乳も高い糖分量を含み、未知の成分が█%存在しました。味は味覚障害のあるなしに関わらず多少の差異はありますが全員がとても甘いという感想を口にします。また、SCP-XXX-JP-2を目視した人物はその全てが「とても飲みたい」「美味しそう」と言い、経口摂取しようとします。この欲求はほぼ制御不能のものであり、SCP-XXX-JP-2から██m離れると欲求は治まります。写真、絵、映像による影響はありません。さらに、SCP-XXX-JP-1の蓋を開け、傾けるとSCP-XXX-JP-2は問題なく外に出ますが、SCP-XXX-JP-1内のSCP-XXX-JP-2の容量は未知の手段により███mlを維持します。SCP-XXX-JP-3は後述する段階を経た後発生されるショ糖の柱です。SCP-XXX-JP-3は焼却することによって効果が失われます。SCP-XXX-JP-2は経口摂取することで以下の影響を及ぼします。しかし口腔を経ない血管への点滴や粘膜摂取は効果が発現しません。

第1段階:
SCP-XXX-JP曝露者は曝露直後から糖分濃度██%かつ味覚5種のうち甘味が主な味ではない食品を意識的(嫌悪感等)かつ身体的(嘔吐等)によって拒絶します。殆どの場合SCP-XXX-JP-2を飲み続けます。また、甘味の強い食品を摂取した場合、強い多幸感と強力な依存性が出ることが分かっています。点滴などによる経口摂取ではない栄養の補給はいずれもアナフィラキシーショックなど拒絶反応を引き起こし、失敗しています。

第2段階:
SCP-XXX-JP曝露後約24時間を経て曝露者は第3段階に移行します。第3段階に移行すると曝露者は体内でシャリシャリという音が聞こえると報告します。これは身体を構成する物質がショ糖に置き換わっていくことでこのような音がすると考えられています。

完全に身体がショ糖に変化した時、それは自立し曝露者と同じ質量のショ糖の柱(以下SCP-XXX-JP-3)を形成します。柱となったSCP-XXX-JP-3は風雨などの侵食を一切受けませんが意志を持って崩そうとした場合容易に崩すことが出来ます。

SCP-XXX-JP-3は目視した場合のみそれを摂取したいという強い感情を持たせ強制力を持つことがわかっています。現在SCP-XXX-JP-3の強制力に対しては力ずくで取り押さえ記憶処理をする以外に対策は見つかっていません。また、SCP-XXX-JP-3を摂取した人物はその全てが█分以内にSCP-XXX-JP-3へと変化します。

また、SCP-XXX-JP-3をSCP-XXX-JP-1から5m以上遠ざけると「もっと、もっと」という声が聞こえると報告されていますが、いずれの録音機器に保存されないため発生源などについては調査中です。

補遺1: SCP-XXX-JPは██高校にて異常を発見したフィールドエージェントによって発見されました。発見当初██高校敷地内には█████kgものSCP-XXX-JP-3が存在し、████名の██高校の生徒及び教職員が行方不明になりました。行方不明となった人物はカバーストーリー「校舎のガス漏れによる爆発事故」を流布しました。██高校はSCP-XXX-JP-2及びSCP-XXX-JP-3の残存と拡散を防ぐため敷地内の建物を解体し全て焼却処分しました。
以下は通報を受けたフィールドエージェントであるエージェント██(以下A,██)とサイト81██の██博士の通話記録です。

補遺2
SCP-XXX-JP-1には「甘陰堂」というラベルが貼られていました。現在このような企業、団体は確認されていないため未知の要注意団体として調査が進められています。


ERROR

The sugar6's portal does not exist.


エラー: sugar6のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:sugar6 ( 01 Jun 2018 06:09 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License