Sasaki1023 1

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPへの入場ルートは24時間体制で監視を行ってください。SCP-XXX-JP内部には二人以上の警備員を配備し、SCP-XXX-JP内に侵入しようとする部外者を発見次第排除するよう努めてください。SCP-XXX-JP内への立入禁止に関して地元の人間やその他部外者より質問された場合は、カバーストーリー「崩落の危険性のある廃校」を適応し応答してください。雨天時にSCP-XXX-JP領域内に傘を持ち込むことは当オブジェクトの活性化を引き起こしかねないため実験以外での傘の持ち込みは禁止されています。SCP-XXX-JP-1に遭遇した人物にはAクラス記憶処理を施してください。

説明:SCP-XXX-JPは栃木県███市█████町内に存在する古びた廃校舎です。SCP-XXX-JPは████小学校という名称の公立の小学校であったことが判明していますが、栃木県内にそのような学校が存在した記録は一切ありません。SCP-XXX-JP周辺にはセイヨウタンポポが群生しており、これらを除去しようとする試みは失敗しています。実験よりSCP-XXX-JP周辺のセイヨウタンポポ群はSCP-XXX-JPが異常性を発揮できる範囲(SCP-XXX-JP内を含みオブジェクトから半径約120m)を表していると推測されています。 この範囲をSCP-XXX-JP領域と呼称します。

SCP-XXX-JP領域内で雨天時に傘を所持している人物が存在すると、即座に日本人の少年もしくは少女の姿を持つ人型実体(SCP-XXX-JP-1と呼称)が出現します。SCP-XXX-JP-1の容姿は出現毎に変化し、現在までに3█パターン確認されています。SCP-XXX-JP-1を肉眼で認識した人物(SCP-XXX-JP-2と呼称)は人型実体に自身の持つ傘の下に入るよう説得することに積極的になります。SCP-XXX-JP-2に変化した人物はAクラス記憶処理を行うことで回復が可能です。SCP-XXX-JP-1およびSCP-XXX-JP-2は一つの傘の下に入ると判読不能な言語を用いて会話を始めます。

補遺:

ERROR

The sasaki1023's portal does not exist.


エラー: sasaki1023のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5056255 ( 13 Oct 2019 10:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License