大人は蛸で遊ばない

タグ: scp-jp euclid 反ミーム 文書 頭足類 ポータル 異次元 時空間 蛸葦廃船 酩酊街

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP内には各種観測機器が設置されます。SCP-XXX-JPと接続する全てのドアは財団の管理下に置き、実験用のものを除き封鎖されます。

SCP-XXX-JPと接続する新たなドアが発見された場合、発見者はインタビューの後記憶処理を行って下さい。ドアはカバーストーリー「安全上の懸念」により隔離されます。

説明: SCP-XXX-JPは福岡県北九州市内の建造物のドアから侵入可能であった異常空間です。一度SCP-XXX-JPと接続されたドアは以降異常性を保ち続けますが、SCP-XXX-JPへの接続には未特定の条件があるとされ現在まで財団管理下での接続実験は成功していません。

SCP-XXX-JPは一般的な学校の教室を模した空間に接続されています。教室内には34脚の机及び椅子、黒板が設置されています。教室の窓からは室外の様子が視認可能ですが、しばしば降雪が見られる他は校舎や地面を含むあらゆる構造物が確認されていません。

SCP-XXX-JP-1は教室内に存在する頭部を持たない人型実体です。多くの場合SCP-XXX-JP-1は教室の窓際最後列の机に着席しています。教室に約2時間以上留まった侵入者に対し、SCP-XXX-JP-1は不明な手段による発声で「(窓から)飛び降りるか、(ドアから)出ていくか」を要求します。この要求が無視された場合SCP-XXX-JP-1は語調や言い回しを変えて同様の要求を繰り返しますが、何らかの実力行使に出ることはなく引き続き滞在が可能です。

教室入口のドアはSCP-XXX-JPへの侵入に使用したドアへと繋がっており、安全に退出することが出来ます。窓を越え教室外部に出た物体及び人間は1km程度離れると視認困難となり、全ての信号は途絶します。

SCP-XXX-JP発見時、教室の窓際最後列の机から1冊のノートが回収されました。

折り畳み↓

20091223
暮れの教室 出るに出られず 雪に閉ざされ立ち止まる

終わりを拒んで停滞願い 選んだ最後のモラトリアム

僕の全部を縛って脳に住み着く親愛なる蛸と

忘れられても忘れられない 諦めの悪い餓鬼の檻

20100111
窓を出たなら忘却の果て 酒気に霞んで醒めぬ宵

けれど生憎右党な僕は 酔い潰れるのを怖がって

理解されない自分に酔った蛸を腑分けし 置き去りに

蛸よ逃げろや雪降る方へ 錆びれた船の縄目から

文書の作者はSCP-XXX-JPの起源、性質について何らかの知識を持っていると思われますが、特定の試みは現在まで成果を得られていません。

SCP-XXX-JPはある反ミーム災害の初期収容において発見されたとされます。現在、災害についての詳細な記録は比較的緩やかな情報隠蔽作用による侵襲を受けており、以下の情報は残存記録から間接的に推測、復元された中で信頼性が高いと判断されたものです。

  • 2010年、福岡県の未特定の高等学校で起点不明の反ミーム侵襲が発生。少なくとも1つの教室、1名の生徒が

補遺1: 2011/5/13に発生した、当時高校2年生だった柳 祐一氏によるSCP-XXX-JPへの侵入時の記録。

映像記録XXX

[]

柳氏:

SCP-XXX-JP-1:

補遺2: 2012/1/9、SCP-XXX-JP-1は自ら教室の窓を開け室外へ飛び降りました。以下は飛び降り直前にSCP-XXX-JP-1が歌った定型詩の書き起こしです。

高見の船は酔いどれ蛸の縮んだ頭に目をかけず

蛸は狭間に浮かんだ壺をずるずる這い出て千鳥足

主人に絡んだ8本足がとうとうすっかりほどけたら

後に残るは空の酒壺 底に沈んで揺れる澱

このインシデント以降、教室の窓は開いた状態で固定されています。教室には室外から雪が吹き込んでおり、現在教室の面積の6割が常に雪に覆われています。SCP-XXX-JPと接続する新たなドアの発見頻度は低下傾向にあり、2016年以降の発見数は0件です。

ERROR

The Sansyo-do-Zansyo's portal does not exist.


エラー: Sansyo-do-Zansyoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3236853 ( 31 Jul 2018 23:33 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License