SCP改稿案「SCP-1280-JP - ヒュームの穴」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
humehole

初期収容時のSCP-1280-JP

アイテム番号: SCP-1280-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1280-JPは移動しないため、サイト-8129旧研究棟内の収容室-G285に覆われ収容されます。室内には10 16 18基のスクラントン現実錨(Scranton Reality Anchor, 以降SRAと略記)を、SCP-1280-JP表面から半径20mの距離に等間隔に設置してください。また、室内の現実性強度が0.85Hmを下回った場合、速やかに出力4.1Hm/h以上のSRAの追加設置を行ってください。

説明: SCP-1280-JPは東経13█°██'██"、北緯3█°██'██"に位置する、直径1.1 1.8 2.1mの球状の時空間異常、及びその周囲に発生するクラスA現実性希薄領域です。SCP-1280-JPの周囲の空間は常に白く霞がかっており1、中心部の球状時空間異常は完全な白色に見えます。SCP-1280-JPは2006/12/23にサイト-8129研究棟内に突如出現し、以降同地を改築して収容されました。

SCP-1280-JPの異常性は、周囲の現実性2を吸引し、自身と同じ程度まで低下させることです3。この特異性の結果、SCP-1280-JPの周囲には常に高レベルの現実性希薄領域が発生しており、侵入した存在に"現実性拡散"現象4を発生させます。この現象は人体や機器に有害であるため、SCP-1280-JPの影響範囲には立ち入り制限が課せられました。

またSCP-1280-JPは12時間に1度、時空間異常部分の直径および影響範囲を拡大させる"拡大イベント"を発生させます。このイベントの発生周期は極めて正確であり、拡大率は1回につき██%に上ります。この特性により、SCP-1280-JPは██回の拡大で日本全土を飲み込み、███回の拡大でZK-クラス:現実不全シナリオをもたらすことが推測されています。幸いなことに、この拡大イベントの発生はSCP-1280-JPをSRAで取り囲み、必要に応じて適宜追加することで食い止められることが判明しています5

ERROR

The sanks269's portal does not exist.


エラー: sanks269のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:sanks269 ( 31 May 2018 22:47 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License