SCP-XXXX-JP 来るもの拒まず、無限の館
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの周囲2kmの範囲内に立ち入ろうとする人がいたら、プロトコル「開発工事」を適用しCクラス以上の記憶処理を施してください。
もしSCP-XXXX-JP-4と思われる物体が見つかった場合には、物体に書かれている文章を視認できる範囲に人を近づけないようにしてください。
SCP-XXXX-JP-2及びSCP-XXXX-JP-4に対するいかなる妨害も禁じられています。
またSCP-XXXX-JP-3となった被験者に対する直接的なコミュニケーションは禁じられ、必ず電子機器などを介して指示またはインタビューを行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは愛知県██市の山中に位置する、西洋風の館です。
SCP-XXXX-JP-1に定義される館自体の広さは分かっておらず、現在検証が進められています。
SCP-XXXX-JP-1の内部にはSCP-XXXX-JP-2に定義される初老の執事とみられる男性がおり、
SCP-XXXX-JP-3に定義されるSCP-XXXX-JPの特異性に曝露した人またはSCP-XXXX-JPの周囲に近づいた人がSCP-XXXX-JP-1の扉の前まで来た場合、
SCP-XXXX-JP-2は即座に出迎え、SCP-XXXX-JP-3の普段の生活サイクルに沿ったおもてなしを行います。
この時出迎えられたSCP-XXXX-JP-3は何の違和感も持つことなく自然に館の内部に侵入します。
おもてなしはSCP-XXXX-JP-3が眠るまで続けられ、SCP-XXXX-JP-3が睡眠してから数分以内にSCP-XXXX-JP-3が身に着けていたGPSや通信機器などは全てSCP-XXXX-JP-2の手によって砕かれ、その全てが使用不可能になります。1
以下はおもてなしの内容を纏めた物です。

・SCP-XXXX-JP-3が普段食事をとる時間に豪華な食事パーティーを開く

補遺: SCPオブジェクトに関する補足情報

ERROR

The samidare_kigi's portal does not exist.


エラー: samidare_kigiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6425340 ( 04 Jun 2020 12:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License