夢の3番地

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-5774-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル: SCP-5774-JP内にカメラを設置し、最低1人以上の職員が監視を行ってください。SCP-5774-JP-1が地上に出ないよう、洞窟の出入口に、インクで赤く塗った鉄製の檻で封鎖してください。また、3日に1回、SCP-5774-JP-1全員とDクラス職員を接触をさせる事が義務付けられています。
接触の際に、SCP-5774-JP-1と職員の影が重ならないようにしてください。

説明: SCP-5774-JPは■■県■■市■■村■■山内の洞窟にある異空間です。元■■村出身の財団職員が[編集済み]の村民に通報を受け、捜索を行っている最中に発見されました。
SCP-5774-JP内は、半径、高さ共に800mほどで、中心部にある半径5mの円柱状の柱を中心に、街になっています。現在までにSCP-5774-JP内で、SCP-5774-JP-1が■■体確認されています。
SCP-5774-JPは明るくなっていますが、発光源が何で、どこにあるかは不明です。
また、街は白と黒の2色のみで構成されており、他の色が観測されたことは今までに1度もありませんでした。
SCP-5774-JP-1について
SCP-5774-JP-1は人型の影です。個体によって性別や大きさ、年齢なども違います。
しかし共通して、通常の人間と影が重なると、[編集済み]し、人間は消滅します。
この現象についての実験は今でも行われています。
実験1「**
補遺:** [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The samechi's portal does not exist.


エラー: samechiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6433107 ( 12 May 2020 05:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License