リバースタイムカード

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png
1628756981485.png

██氏の自宅から回収されたSCP-XXXXP-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは、低危脅威物品保管ロッカーに収容されます。12時間毎に、Dクラス職員1名に 、SCP-XXXX-JPを用いてIC式タイムレコーダーに打刻させて下さい。
打刻させたDクラス職員に表れた症状によって与える作業内容、作業時間を変更及び2週間に1回精神カウンセリングを行っ下さいして下さい。

説明: SCP-XXXX-JPは一般的なタイムレコーダー対応ICカードに酷似している、横85.6mm、縦54.00mm、厚さ0.76mm、 ポリ塩化ビニール製のICカードです。

SCP-XXXX-JPを用いて打刻をした際に労働時間と、それ以外の時間に感じる肉体的・精神的な疲労のどちらかあるいは、両方が不規則的に逆転します。この逆転する内容には個人差があります。

SCP-XXXX-JPの影響により、肉体的・精神的どちらの場合でも、労働時間に快感を、それ以外の時間に不快感を覚えます。この快感・不快感は打刻と打刻の間隔が広がるほどに増幅します。主な症状は以下の表の通りです。

SCP-XXXX-JPの所持者に対して関心を抱いた場合その人物も所持者と同様の症状が現れます。

SCP-XXXX-JPの所持者が死亡あるいは、その時点での職場から退職することで3日後に消失し、元所持者にとって身近な職場内の人物の元へと再出現します。

SCP-XXXX-JPの裏側には、次のような文が約1mmのサイズで記されています

『全ての██に救済を!』

補遺1: SCP-XXXX-JPは、一般的に有名な優良企業3として知られている、███株式会社の██支店で起きた従業員の連続退職及び連続過労死事件が財団エージェントの目に止まり、関係者へのインタビューを経て、重度の疲労による過労死寸前の██氏4の自宅で発見されました。

補遺2: 以下は、SCP-XXXX-JPの最初の犠牲者であると思われる平岡氏の妻(以降平岡妻と記載)へのインタビュー記録の抜粋です。

補遺3: 特別収容プロトコル実施中のD-███の体調に、急速な改善が見られました。以下は不審に思った██研究員とD-███との会話の抜粋になります。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The sakapon's portal does not exist.


エラー: sakaponのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7585233 ( 15 Aug 2021 12:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License