SCP下書き「不正な記憶」

このページの批評は終了しました。

アイテム番号: SCP-2XXX-JP

オブジェクトクラス: EuclidKeter

特別収容プロトコル: インターネット上にあるSCP-2XXX-JPの情報は全て抹消されなければなりません。そのため主要なSNSは財団のAIにより監視されています。AIがSCP-2XXX-JPについて言及している疑いのある書き込みを発見した場合、発信者を特定し、対ミーム防御訓練を受けたエージェントを派遣して発信者にインタビューを行います。インタビューの結果、対象がSCP-2XXX-JP-X-1実体であると断定された場合はできる限り速やかに対象を拘束し、対ミーム防御訓練を受けた職員による尋問で対象の意識内に存在するSCP-2XXX-JP-Xの情報を収集・記録してください。尋問終了後、SCP-2XXX-JP-X-1実体にはクラスA記憶処理を施し、SCP-2XXX-JP-Xへの執着が消失したことを確認してから解放してください。
SCP-2XXX-JPに関する記録(文章、画像データおよびSCP-2XXX-JP-X-1実体の音声データ)はサイト81██内の外部ネットワークと接続していない独立サーバーに保管されます。対ミーム防御訓練を受けた職員以外によるこれらのデータへのアクセスは原則禁止とします。

説明: SCP-2XXX-JPはミーム汚染を引き起こす可能性のある架空の人物群に関する情報です。発生プロセスは未解明であり、突然そのミームが脳内に去来するパターンと他者から伝播するパターンの2種類があると見られています。このミームに汚染された人物(以降SCP-2XXX-JP-X-1と呼称)は3つの段階を経てその性質を変化させていきます。

段階1 SCP-2XXX-JP-Xに行動や容姿も関する想像に耽るようになる。多くの場合、SCP-2XXX-JP-Xは「何らかの高い技能を持ち、周囲から高く評価される著名人」として設定され、SCP-2XXX-JP-X-1はこれに強い好意を抱くようになる。
段階2 SCP-2XXX-JP-Xを実在の人物として認識するようになり、その情報を口頭やインターネットなどを通じて外部に発信するようになる。発信される情報はSCP-2XXX-JP-Xの発言内容や活動内容、似顔絵などが確認されている。これらは非常に微弱なミーム汚染能力1があり、SCP-2XXX-JP-X-1の発した情報を受け取った人物の一部はステージ1もしくは2のSCP-2XXX-JP-X-1となる。
段階3 SNSなどを利用したSCP-2XXX-JP-X-1同士の交流が更に活発化し、集団で行動することが多くなる。更に、SCP-2XXX-JP-X-1はSCP-2XXX-JP-Xが不当な理由で社会的に抹殺されていると主張するようになり、SCP-2XXX-JP-Xの解放を求めてより過激な行動に出るようになる。具体的には、集団を作って公の場で署名活動や抗議行動などを起こすといった事態が確認されている。この状態のSCP-2XXX-JP-X-1はより強力なミーム汚染能力2を有し、SCP-2XXX-JP-X-1の集団は加速度的に増加する。しかし、SCP-2XXX-JP-Xが実在の存在では無いため、その目的が達成されることはなく徒に社会的不和や混乱を増大させていくことになる。

財団はこれまでに████名のSCP-2XXX-JP-X-1を拘束し、それらのほぼ全てを記憶処理によって無力化することに成功しています。その性質上、財団に認知されたSCP-2XXX-JP-X-1は殆どがステージ2以降に進行しており、ステージ1の存在はDクラス職員をSCP-2XXX-JP-Xへ暴露させる実験を繰り返すことで確認されました。
SCP-2XXX-JP-X-1は殆どの場合一度の記憶処理で無力化され、同じSCP-2XXX-JP-Xに再暴露しても異常性が復活することは無い事が実験により確認されています。
これまでに██種類のSCP-2XXX-JPが確認されており、そのプロフィールはアイドル、歌手、スポーツ選手、声優、舞台俳優、政治家、アナウンサー、落語家、[削除済み]など多岐に渡っています。ミーム汚染が伝播する条件は未だ未解明ですが、大まかな傾向として同じSCP-2XXX-JP-Xを共有するSCP-2XXX-JP-X-1同士は比較的近い年代の人々が多いことが財団統計学部門の分析により判明しています。

発見: 200█年██月██日、東京都内の芸能事務所に十数人が押し入り、実在しない女性アイドルの復帰を求めて抗議活動を行うという事件が発生し、その一部始終が通行人に目撃されたことでSNS上で話題となり、財団の注目を惹きました。財団は調査と事態の鎮圧のためにエージェント数名を派遣しましたが、そのうち一名が抗議行動に同調し始めたことでミーム汚染の発生がが疑われました。すぐさま対ミーム防御訓練を受けた機動部隊が改めて派遣されこれを鎮圧しました。その後財団は関係者全員に記憶処理を行い、カバーストーリー「テレビドラマの撮影」を適用して事態を収束させました。
後の調査により、小規模ながら類似した事案が複数確認されたことで現在の特別収容プロトコルが確立されました。発見当初、オブジェクトクラスはEuclidでしたが、発生および伝染条件が不明で、予防的な措置がとれないことを理由としてKeterに再分類されました。

インタビュー記録2XXX-JP-1: 20██年██月██日、財団が最初に認知したSCP-2XXX-JP事案の直後に、抗議行動の中心的存在であった男性(SCP-2XXX-JP-1-1-1)に対するインタビューが行われました。音声によるミーム汚染が疑われていたため、インタビューは防御訓練を受講済みの機動部隊員が██博士からインカムで指示を受けながら防音室内で行いました。

回答者: SCP-2XXX-JP-1-1-1

質問者: ██隊員

<記録開始>

██隊員: インタビューを開始します。今回のあなた方がとった行動の動機について、簡潔に述べてください。

SCP-2XXX-JP-1-1-1: 助けたかったんです。██ちゃん3を。

██隊員: そうですか。しかし、事務所の記録では████さんという方が所属していたという事実は確認できませんでした。

SCP-2XXX-JP-1-1-1: それはそうでしょう。消されたんだから、最初から居なかったことにされたんだ。上の人達が彼女のことを気に入らなくて存在を消したんですよ。あんなにいい子なのに!!

[SCP-2XXX-JP-1-1-1が机を拳で叩く]

██隊員: 記録が存在しないのは事務所だけではありません。あなた方の申告をもとに全国の戸籍を調べましたが、該当する人物は見つかりませんでした。

SCP-2XXX-JP-1-1-1: そんなわけない!!

[SCP-2XXX-JP-1-1-1が再び机を拳で叩く]

SCP-2XXX-JP-1-1-1: ██君も██さんも██さん4もみんな彼女のことを覚えてる!██ちゃんは確かに居たんだ!!事務所に乗り込んだときに彼女の事を知ってた社員だって居た!!

██隊員: あなたの証言では██さんはテレビや映画などにも出演歴があるそうですが、それらのデータを持っている方はあなた達の中に居ましたか?

SCP-2XXX-JP-1-1-1: えっ!? それはその(以降の発言は小声になり聞き取れない)

[およそ10秒の沈黙。SCP-2XXX-JP-1-1-1は必死に思い返すような表情をしている]

██隊員: ██さんの存在の根拠はあなた方の証言だけです。メディアへの露出が多かった人なのに映像や音声の記録が全く無いというのは不自然ではないですか?

SCP-2XXX-JP-1-1-1: でも僕たちは、

██隊員: 実在する複数の人物に関する知識が夢の中で統合されて████なる人物を無意識に作り出し、それを現実と混同して外部に発信した結果、他の人の夢の中にも██さんが現れてそれが連鎖していくうちに現在の状況が作り出された。これはこれで荒唐無稽な話ですがあなた方の主張よりは現実味がありませんか?

SCP-2XXX-JP-1-1-1: そんな!! ██ちゃんが、夢!?

[およそ30秒の沈黙]

SCP-2XXX-JP-1-1-1: (不明瞭な発声)いる。

██隊員: すみません。よく聞こえませんでした。もう一度言(SCP-2XXX-JP-1-1-1の発言に遮られる)

SCP-2XXX-JP-1-1-1: 彼女の顔を覚えてる。彼女の声を、歌声を覚えてる。握手会で僕の手を握ってくれた手の柔らかさと暖かさを覚えてる。ライブのときの息遣いだって思い出せる。初めての武道館ライブで目に涙を浮かべながら震える声でみんなにありがとう、って言っていて僕はそれを最前列で見ていた。

[SCP-2XXX-JP-1-1-1がすすり泣き始める]

SCP-2XXX-JP-1-1-1: 全部覚えてる。なのに、証明できるものは何もなくて。

[以降およそ20分間、SCP-2XXX-JP-1-1-1は嗚咽を漏らし続け、██隊員の呼びかけに応えなかった。インタビューの続行は不可能と判断され、██博士によってインタビューの終了が宣言された]

<記録終了>

付記: インタビュー終了後、SCP-2XXX-JP-1-1-1は他のSCP-2XXX-JP-1-1実体とともに記憶処理を受け、異常性が喪失したことが確認された。

事案記録2XXX-JP-い1: 201█年██月██日、サイト81██にてSCP-2XXX-JPの大規模な収容違反が発生しました。最終的にはサイト内に居た職員の約7割がSCP-2XXX-JP-███-1となり、記録上存在しない職員(SCP-2XXX-JP-███)の解放を求める抗議行動を起こし、倫理委員会の介入を求めました。しかし、倫理委員会が該当職員の記録が存在しないことを確認したため、要請は却下されサイト81██は機動部隊により制圧されました。鎮圧後、財団はサイト81██内に存在する全てのSCP-2XXX-JP-███-1に対して記憶処理を行う方針でしたが、SCP-2XXX-JPを担当していた██博士がこれに反対し、日本支部理事会と倫理委員会に対して意義申し立ての文章を送付しました。これを受けて、関係者間の協議が行われ、SCP-2XXX-JP-███-1のうちSCP-2XXX-JP-███に特に強い執着を示した10名の記憶処理を保留する決定を下しました。

現在、██博士によるオブジェクトの追加調査が行われています。最新情報は下記のページより閲覧してください。

最新の調査状況を閲覧する


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The saba601's portal does not exist.


エラー: saba601のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4098723 ( 05 May 2020 09:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License