極地の住人
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPに関する情報が外部へ流出することを防ぐため、情報統制部は24時間体制でSCP-XXX-JPに関する情報の流出を監視し、発見次第削除してください。関係者にはクラスA記憶処理を施してください。また、渉外部はSCP-XXX-JPに対する通信チャンネルを常にオンラインにしにSCP-XXX-JP-Bからの通信に対応するためにレベル4/XXX-JPクリアランスを持つ渉外部の職員2人を待機させてください。SCP-XXX-JP-Bとの定期的な会議は毎月3日に、緊急な会議はSCP-XXX-JP-Bの要請またはO5、レベル4/XXX-JPクリアランスを持つ渉外部の職員の要請によって行われます。SCP-XXX-JP-Bへのインタビューはレベル4/XXX-JPクリアランスを持つ職員2名以上の承認及び監視のもと行ってください。また、制御不能かつ大規模な収容違反に備え、小アンダマン島に核ミサイル基地が建造されます。制御不能かつ大規模な収容違反時は、手順ペリドット-12を実施してください。上記の手順は削除されました。(詳細は議決XXX-20██-09-03-63号参照)また、SCP-XXX-JP-Bの活動を阻害する行為は、SCP-XXX-JPの大規模な収容違反を誘発する可能性があるため、SCP-XXX-JP-Bの直接的な収容は不可能です。また、SCP-XXX-JP-Bが現実改変を起こすことを防ぐため、SCP-XXX-JP-Aの周囲100km地点、4箇所にスクラントン現実錨が設置されます。即座に撤去してください。(詳細は議決XXX-20██-09-01-1号参照)SCP-XXX-JP-Cは安全保管ロッカーに収容されます。SCP-XXX-JP-Bに対する敵対行為は禁止され、違反者は処分されます。

説明: SCP-XXX-JPは南極の地下に存在する空間異常(以下SCP-XXX-JP-Aと呼称)及び建造物とその内部に生息する生物(以下SCP-XXX-JP-Bと呼称)そしてSCP-XXX-JP-Bが作成したアーキテクチャ(以下SCP-XXX-JP-Cと呼称)の総称です。SCP-XXX-JP-Bは現在██████匹存在すると考えられています。また、SCP-XXX-JP-Cは現在3点収容されています。SCP-XXX-JP-Aは、南極の地下██mに存在し、幅2m、高さ5mです。また、SCP-XXX-JP-Bが内部へと侵入する様子が確認されていますが、内部の空間については、現在不明です。また、探索は現在許可されていません。(詳細は議決XXX-20██-08-29-5号参照)SCP-XXX-JP-B個体は視覚的・物理的特徴でSCP-XXX-JP-B-1とSCP-XXX-JP-B-2に分類する事ができます。SCP-XXX-JP-Bの視覚的・物理的特徴は以下のとおりです。
SCP-XXX-JP-B-1 SCP-XXX-JP-B-2
体長 110cm~130cm 60cm~70cm
体色 白、黒、橙黄の3色 白、黒の2色
体重 23kg 4.7kg
これらの他に17種のSCP-XXX-JP-Bの存在が示唆されていますが現在未確認です。SCP-XXX-JP-Bは国のような共同体に所属し、それらの共同体は共通の議会に所属します。共同体はしばしば、同一の視覚的・物理的特徴を持つSCP-XXX-JP-Bによって構成されます。それぞれの共同体は共通の議会に1個体ずつの代表を出し、議会に参加します。また、議会での会議は定期的に行われ、日程は以下のとおりです。
日にち
1 7
2 6
3 9
4 9
5 9
6 9
7 9
8 9
9 9
10 7
11 7
12 7

補遺:

ERROR

The Ryma_T_K_R's portal does not exist.


エラー: Ryma_T_K_Rのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3673454 ( 17 Mar 2020 11:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License