分類(下書き)

このページの批評は終了しました。

ドラゴンの分類について

竜綱・・・恐竜類から進化したと推定される脊索動物門の1グループ。爬虫類に酷似しているが、遺伝子的には全くの別物。後頭部に存在する角と真正竜亜綱グループでは翼として進化している肩甲骨あたりにある突起が特徴的である。
真正竜亜綱・・・特に空を飛行したり、発火器官を保持するという点が特徴である。それ以外の定義は少ない。
単翼竜下綱・・・肩甲骨あたりの突起が進化して翼となっているグループ。竜綱の中では一番繁栄している。尻尾に突起が存在する種類がとても多い。
ドラゴアクトロネス(ドラゴン類)・・・ドラゴンの翼を意味する英語「actollon」から名付けられた分類。手と翼が分離しており、それぞれ個々に動かすことの出来る種類がここに当てはまる。
ドラゴン上目・・・尾の突起や翼に張られた薄い膜が特徴のグループ。竜綱の中では繁栄しているグループのため、種類によって差異も激しい。このグループに属するほとんどのドラゴンは空中を飛行する。
カエンドラゴン目・・・小型のものから大型のものまで幅広く存在している。一般的なドラゴンのフォルムとして知られているのは大体がこのグループに属する種類である。尻尾の突起はドラゴン上目内では小さい種類が多い(例外有)
西方カエンドラゴン上科・・・東方カエンドラゴン上科との差異は祖先の分布以外に存在しない。
東方カエンドラゴン上科・・・西方カエンドラゴン上科との差異は祖先の分布以外に存在しない。
ナガノオドラゴン目・・・中型のドラゴンが多い。尻尾が長く、先端に突起物が存在していない(または痕跡程度)のが特徴。後頭部に2対の角が存在することでも有名である。
ツキバネドラゴン目・・・中型から大型のドラゴンが多い。羽が体長よりも長い種類が多いが、一部のグループに例外が存在する。口内のものを除き体内、主に尻尾に1~2個の発火器官を保持しており、その部分が発光している状態となっているのが特徴。
ヨロイドラゴン目・・・小型のものから大型のものまで幅広く存在している。鱗の中に一際大きく発達している"鎧鱗"が特に発達しほぼ全身を覆っているのが特徴。尾の先端に存在する突起が背中にまで届くほど発達しているのが特徴である。
ツチオドラゴン目・・・尾の先端の突起が主に発達しており、種類によって顕著な形状の差異が存在している。一番発達している種類になると、尾の突起が体長よりも遥かに大きく、飛べなくなってしまっている程である。
ヒメドラゴン目・・・小型の種類のものが多い。竜綱の中では一番種類の多いグループであり、差異も大きい。尾の突起が小さく、場合によっては退化してしまっている種類も存在する。角は鋭く、長いものがほぼ全てである。
ヒメドラゴン上科・・・小型の種類が多いヒメドラゴン目の中でも特に小型の種類が多い分類。鱗が鋭く、尻尾の突起が退化している代わりにその部分の鱗が発達しているのが特徴である。
モリノドラゴン上科・・・鱗は鋭くないが、尻尾の突起が体比に比べると大きい種類が多い。草食性のドラゴンが主。
ヒポリー上科・・・虫食性のドラゴンが多く、顎がくちばしのように進化しているのが特徴である。
ナキドラゴン上科・・・脚部が発達しており、翼が退化してしまっている種類が多いのが特徴。主に草原が発達した地域に生息し、集団で生活する種類がほとんど。
ドラゴンモドキ上科・・・翼が痕跡程度にしか存在せず、後頭部の角が存在しなければ竜綱であるとは判別しにくい。生態は通常のトカゲなどの爬虫類と至って差がなく、火も噴かない。
マルドラゴン上科・・・ヒメドラゴン目にしては大型のドラゴンが多い。身体は一概して丸く、太っているとも形容される。尻尾の突起も存在しており、翼も飛行可能になるまで発達している。
トラフシ目・・・全身のうち背中や尻尾などの一部分に体毛が生えている種類。
ヒフキオオカミ目・・・全身の大半の部分が鱗の代わりに体毛で覆われている種類。また、頭部の形状も竜というよりは哺乳類に似ており、耳介が他の種類に比べて発達しているのが特徴。
ドクフキドラゴン目・・・
スイショウドラゴン目・・・
タイラントドラゴン目・・・
カザリバネドラゴン目・・・
アカツキ目・・・
トウゾクドラゴン目・・・
スナヌシ上目・・・
スナヌシ目・・・
テルウェットドラゴン目・・・
カンスルドラゴン目・・・
カーナ目・・・
ヒャクトウドラゴン上目・・・
キザバネドラゴン目・・・
ケンモチドラゴン目・・・
カマイタチ目・・・
オオドラゴン上目・・・
オオドラゴン目・・・
コオオドラゴン目・・・
オニセンボウドラゴン目・・・
ソウジュカイドラゴン目・・・
オオゾラノドラゴン目・・・
ビャクセツドラゴン目・・・
ニクデドラゴン目・・・
竜人上目・・・
竜人目・・・
ハライシドラゴン上目・・・
ハライシドラゴン目・・・
ソライロ上目・・・
ソライロ目・・・
ログラインドラゴン目・・・
ミーバンズドラゴン目・・・
ホネドラゴン上目・・・
ホネドラゴン目・・・
ドラゴワイバネス(ワイバーン類)・・・
ワイバーン目・・・
ワイバーン上科・・・
マヨイドラゴン上科・・・
イラクサワイバーン上科・・・
ヤマトドロキ目・・・
サメモドキ目・・・
ヤマイダキワイバーン目・・・
コウモリドラゴン目・・・
ドンショクワイバーン目・・・
ホウセキワイバーン目・・・
ミズミワイバーン目・・・
ミツクビドラゴン類・・・
ミツクビドラゴン目・・・
ムカシドラゴン類・・・
ムカシドラゴン目・・・
シロザキドラゴン目・・・
アルギリュットドラゴン目・・・
無翼竜下綱・・・
リュウ上目・・・
リュウ目・・・
古生リュウ上科・・・
新世リュウ上科・・・
アドガ目・・・
ヤマトドロキ目・・・
ミズチ目・・・
ワタリドラゴン上目・・・
ワタリドラゴン目・・・
双翼竜下綱・・・
ソウヨクドラゴン目・・・
イザナギドラゴン目・・・
ミナミソウヨクドラゴン目・・・
海竜亜綱・・・
ナミサーペント目・・・
シンカイサーペント目・・・
カンキョクカイサーペント目・・・
フナクイサーペント目・・・
ナイガー亜綱・・・
ナイガー目・・・

ーー"Dragon's species"by Denk C Kaffon & Ellena Porrogens.2012


ERROR

The roune10121's portal does not exist.


エラー: roune10121のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3086556 ( 03 Jun 2018 13:09 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License