分類(下書き)

このページの批評は終了しました。

ドラゴンの分類について

竜綱・・・恐竜類から進化したと推定される脊索動物門の1グループ。爬虫類に酷似しているが、遺伝子的には全くの別物。後頭部に存在する角と真正竜亜綱グループでは翼として進化している肩甲骨あたりにある突起が特徴的である。
真正竜亜綱・・・特に空を飛行したり、発火器官を保持するという点が特徴である。それ以外の定義は少ない。
単翼竜下綱・・・肩甲骨あたりの突起が進化して翼となっているグループ。竜綱の中では一番繁栄している。尻尾に突起が存在する種類がとても多い。ただし、翼については退化していたり、別用途に使用されていたりする種類も多く存在する。
ドラゴアクトロネス(ドラゴン類)・・・ドラゴンの翼を意味する英語「actollon」から名付けられた分類。後頭部に角が最低でも1対あることが共通点である。また、このグループに属する大半の種類は手と翼が分離しており、それぞれ個々に動かすことが出来る。
ドラゴン上目・・・尾の突起や翼に張られた薄い膜が特徴のグループ。竜綱の中では繁栄しているグループのため、種類によって差異も激しい。このグループに属するほとんどのドラゴンは空中を飛行する。手と翼が分離しており、それぞれ個々に動かすことが出来る。
カエンドラゴン目・・・小型のものから大型のものまで幅広く存在している。一般的なドラゴンのフォルムとして知られているのは大体がこのグループに属する種類である。尻尾の突起はドラゴン上目内では小さい種類が多い(例外有)
西方カエンドラゴン上科・・・東方カエンドラゴン上科との差異は祖先の分布以外に存在しない。
東方カエンドラゴン上科・・・西方カエンドラゴン上科との差異は祖先の分布以外に存在しない。
ナガノオドラゴン目・・・中型のドラゴンが多い。尻尾が長く、先端に突起物が存在していない(または痕跡程度)のが特徴。後頭部に2対の角が存在することでも有名である。
ツキバネドラゴン目・・・中型から大型のドラゴンが多い。羽が体長よりも長い種類が多いが、一部のグループに例外が存在する。口内のものを除き体内、主に尻尾に1~2個の発火器官を保持しており、その部分が発光している状態となっているのが特徴。尻尾が硬直し、ほとんど動かさない種類が多い。
ヨロイドラゴン目・・・小型のものから大型のものまで幅広く存在している。鱗の中では一際大きい"鎧鱗"が特に発達しているのが特徴。また、尾の先端に存在する突起が背中にまで届くほど発達しているのが特徴である。
ツチオドラゴン目・・・尾の先端の突起が主に発達しており、種類によって顕著な形状の差異が存在している。一番発達している種類になると、尾の突起が体長よりも遥かに大きく、飛べなくなってしまっている程である。
ヒメドラゴン目・・・小型の種類のものが多い。竜綱の中では一番種類の多いグループであり、差異も大きい。尾の突起が小さく、場合によっては退化してしまっている種類も存在する。角は鋭く、長いものがほぼ全てである。
ヒメドラゴン上科・・・小型の種類が多いヒメドラゴン目の中でも特に小型の種類が多い分類。鱗が鋭く、尻尾の突起が退化している代わりにその部分の鱗が発達しているのが特徴である。
モリノドラゴン上科・・・鱗は鋭くないが、尻尾の突起が体比に比べると大きい種類が多い。草食性のドラゴンが主。
ヒポリー上科・・・虫食性のドラゴンが多く、顎がくちばしのように進化しているのが特徴である。
ナキドラゴン上科・・・脚部が発達しており、翼が退化してしまっている種類が多いのが特徴。主に草原が発達した地域に生息し、集団で生活する種類がほとんど。
ドラゴンモドキ上科・・・翼が痕跡程度にしか存在せず、後頭部の角が存在しなければ竜綱であるとは判別しにくい。火は噴く種類が多いが、生態は通常のトカゲなどの爬虫類と至って差がない。
マルドラゴン上科・・・ヒメドラゴン目にしては大型のドラゴンが多い。身体は一概して丸く、太っているとも形容される。尻尾の突起も存在しており、翼も飛行可能になるまで発達している。
トラフシ目・・・全身のうち背中や尻尾などの一部分に体毛が生えている種類。まだ翼が退化または手に再癒着していないなどヒフキオオカミ目に分化する以前の形質を残す原始的な種類。
ヒフキオオカミ目・・・全身の大半の部分が鱗の代わりに体毛で覆われている種類。また、頭部の形状も竜というよりは哺乳類に似ており、耳介が他の種類に比べて発達しているのが特徴。また、翼が退化したり、手に再癒着しているなど独特の進化をしている。
ドクフキドラゴン目・・・発火器官が退化しており、その化学物質をそのまま噴出する種類が多いため、このような名前となっている。中型のドラゴンが多い。翼幅が大きく、英名のMothdragonを象徴するような翼を開きっぱなしにしている生態が特徴。
スイショウドラゴン目・・・このグループに属する全ての種類が身体が結晶に覆われている。まだ謎が多く、科属の指定がなされておらず、唯一全てのドラゴンの分類に「分類未定」という言語が使用されている。
タイラントドラゴン目・・・超大型のドラゴン3種類のみが存在するグループ。概して個体数が少なく、また角も小さい。謎が多く、研究が進められている。最新の研究により、藻類と共生していることが判明している。
カザリバネドラゴン目・・・小型と中型のドラゴンが多い。オスの翼は大きすぎて飛行に適しておらず、ディスプレーのみに使用されているようで色が鮮やかである。メスはオスに比べて体が小さく飛行可能な翼を持つが、色は黒など目立ちにくい。
アカツキ目・・・足に他のドラゴンに見られるよりも遥かに大きな副翼が付いており、大型のドラゴンであっても角が大きく鋭い。また、首が体と比較して長いのも特徴。
トウゾクドラゴン目・・・群れで生活する小型~中型のドラゴンで構成されている。知能種族の生活に大きくかかわっている種類が多く、頭も良い。一般的に知られている飼いならすことのできるドラゴンの大半はこのグループに属している。
スナヌシ上目・・・翼が手と分離しているが、翼については退化していたり、別目的に使用するために進化している種類が多い。構成する種類のほとんどが大半の時間を地面で生活している種類で占められている。
スナヌシ目・・・中型~大型のドラゴンが多い。翼が退化しているのが特徴。中型のものでは陸上では瞬足な種類が大半であるが、大型になるとエネルギーの浪費を抑えるために動きが鈍く進化している種類が多い。
ホツキドラゴン目・・・翼が大きく進化し、体温調節用の器官になっている砂漠に生息するグループ。原始的な種類になると草原に生息し、普通に飛行している種類も見受けられる。
カンスルドラゴン目・・・大型のドラゴンで構成されている小さなグループ。大きな飛行用の翼を保持しており、砂漠に生息する生命体の頂点に君臨している。発火器官が最も強力に進化している種類でもある。
カーナ目・・・尻尾がとても長く、Sandcreeperという英名通り、あまり翼を使用せず、砂漠または草原を俊敏に移動している。草食の種類も多いが、比較的小型の種類に肉食性のものが存在している。
ヒャクトウドラゴン上目・・・ドラゴワイバネスとドラゴアクトロネスが分化した直後の原始的な形態を残すグループ。翼と手が癒着している種類が多いものの、骨格や顔の形などにドラゴアクトロネス特有の特徴が存在している。尾膜と呼ばれる小さな翼をもっている種類が多い。
ソラノワイバーン目・・・尾膜が特に発達しているのが大きな特徴となっている。特に翼が大きく、一日の大半を空で過ごす種類が主である。大型~小型までの様々な種類が確認されており、ヒメドラゴン目、カエンドラゴン目に次ぐ種類を持つドラゴン類のグループとしても知られている。目名に騙されやすいがワイバーン類ではない。
ウクロ目・・・尾膜が発達し、第三翼と称されるほど巨大化している4種類により構成される小さなグループ。小さなグループながらその生態はそれぞれ独特であり、研究者から注目されている。カゼノドラゴン目との合併案が主流であるが、本著は目として認識している。
ケンモチドラゴン目・・・1種類のみで構成されている特徴的なグループ。詳細はケンモチドラゴンの欄を参照して下さい。
カマイタチ目・・・尾膜がそこまで発達せず、代わりに鋭利な刃のような器官が発達しているグループ。小型~中型ながら肉食かつ獰猛なドラゴンが多い。翼は滑空に適したつくりをしており、空を自由に飛べるようなつくりをしているものは少ない。
オオドラゴン上目・・・翼が手と分離しており、肉質であるのが特徴。角の形は種類によって全く違う。飛べない種類が多く、小型のものは速く走れるように、大型のものはエネルギー消費効率の影響で鈍足な種類が多い。
オオドラゴン目・・・
コオオドラゴン目・・・
オニセンボウドラゴン目・・・
ソウジュカイドラゴン目・・・
オオゾラノドラゴン目・・・
ビャクセツドラゴン目・・・
ニクデドラゴン目・・・
竜人上目・・・亜人学参照
竜人目・・・亜人学参照
ハライシドラゴン上目・・・大型の種類であっても角が長く、腹部に水晶質の石のような器官を保有している。魔法能力が高いことからこの石は魔法を増幅させる、または作成する器官であると推測されているが、現在までにその用途ははっきりとしていない。
ハライシドラゴン目・・・
ザンエドラゴン目・・・
セイクロルベーズドラゴン目・・・
ソライロ上目・・・「騎士竜」の俗称としても知られているグループ。翼の一部が剣のように鋭く進化しており、翼が大きく、長い時間空を飛べるように進化している種類がとても多い。
ソライロ目・・・
キシリュウ目・・・
ミーバンズドラゴン目・・・
ホネドラゴン上目・・・骨に癒着する形で筋肉や外皮が存在するため、結果的に骨のような外観を持っている特殊なドラゴン。中間種であるクキャクドラゴンが見つかるまでは、人為的な魔法災害によって生じた自然界に居てはならないドラゴンとされていた。
ホネドラゴン目・・・
クキャクドラゴン目・・・
ドラゴワイバネス(ワイバーン類)・・・二足のドラゴンを意味する古語「wyvern」から名付けられた種類。後頭部に角は無く、鱗が進化したにせの"角"が生えているのみであることが特徴。翼に関しては全ての種類で手と癒着している形で存在している。
ワイバーン目・・・
ワイバーン上科・・・
マヨイドラゴン上科・・・
イラクサワイバーン上科・・・
ヤマトドロキ目・・・
サメモドキ目・・・
ヤマイダキワイバーン目・・・
コウモリドラゴン目・・・
ドンショクワイバーン目・・・
ホウセキワイバーン目・・・
ミズミワイバーン目・・・
ミツクビドラゴン類・・・手がまるで2、3つめの頭のように進化した種類。このグループに属する全ての種類の翼と手は離れている。ミツクビドラゴン目に属するもの以外はにせの頭は消化器官と繋がっていない。
ミツクビドラゴン目・・・
シラサギドラゴン目・・・
ザリガニドラゴン目・・・
ウァルゼッタドラゴン目・・・
ムカシドラゴン類・・・小型の獣脚類の恐竜のような外観を持つドラゴンの祖先に近いドラゴン。翼に関しては曖昧であり、生えているものもあれば、痕跡程度のもの、完全に生えているものなど多岐に分かれている。このグループに属する全ての種類の翼と手は癒着している。
ムカシドラゴン目・・・
シロザキドラゴン目・・・
アルギリュットドラゴン目・・・
無翼竜下綱・・・
リュウ上目・・・
リュウ目・・・
古生リュウ上科・・・
新世リュウ上科・・・
アドガ目・・・
ヤマトドロキ目・・・
ミズチ目・・・
ワタリドラゴン上目・・・
ワタリドラゴン目・・・
双翼竜下綱・・・
ソウヨクドラゴン目・・・
イザナギドラゴン目・・・
ミナミソウヨクドラゴン目・・・
海竜亜綱・・・
ナミサーペント目・・・
シンカイサーペント目・・・
カンキョクカイサーペント目・・・
フナクイサーペント目・・・
ショウオウリクサーペント目・・・
カイレイリクサーペント目・・・
ナイガー亜綱・・・
ナイガー目・・・
ボウスイリュウ目・・・
オオグライドラゴン目・・・

ーー"Dragon's species"by Denk C Kaffon & Ellena Porrogens.2012


ERROR

The roune10121's portal does not exist.


エラー: roune10121のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3086556 ( 03 Jun 2018 13:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License