二疋の獣と正義の女戦士

9月某日、██八幡宮で毎年お馴染みの秋祭りが行われていた。


9月某日、サイト-8181に程近い██八幡宮で恒例の秋祭りが開催されていた。本来、祭りというものは神に五穀豊穣の感謝を伝えるものなのだが、今は違う。神社へ続く道路には所狭しと屋台が立ち並び、神社では神様は存在しないと言わんばかりにご当地アイドルの歌やらマジックショーが開催されている。つまり、楽しめればそれでいいのだ。

そして、この2人もやはり楽しむために祭りに参加していた。

「やっぱりいいですよね!祭りは!」

そう言ったのは緑色のコートを着ている童顔の男性。射的をしながら楽しそうに同行者に話しかけている。そのはしゃぎ振りから大学生のような印象を受けるが、顔をじっくりと見てみると、もう少し年を取っていることが分かる。多分30前半だろう。

「はしゃぎ過ぎるとバレるぞ!…全く。どうして善知鳥博士はこんな奴に服を貸したんだ…?」

その男性にそう言い返したのは革製のコートを着ている同行者の女性。どうやら男性の同行者らしい。顔立ちは整っており黒髪も相まって清楚な印象だが、それにしては目つきが険しい。男性にそう注意はしたものの、彼女も屋台で購入したチョコバナナを4本両手に携えて豪快に食っている。

ERROR

The roune10121's portal does not exist.


エラー: roune10121のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3086556 ( 03 Jun 2018 13:09 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License