海底の奈落

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter Explained

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPは常に現場のエージェントによって監視されていなければなりません。scp-xxx-jpの半径██キロメートル以内に民間人が接近することは阻止してください。SCP-xxx-jp内部に侵入する場合はLEVEL4スタッフ2名以上の許可が出なくてはなりません。SCP-xxx-JP内で爆発物は緊急時以外は使用しないでください。SCP-xxx-JPが、衛生写真に映り込んでしまった場合は速やかに破棄してください。SCP-xxx-JP内で必要もなく爆発物の使用をこころみた職員はすぐに終了して下さい。また自己防衛は、爆発物をSCP-xxx-JP内で使用する理由にはなりません。

SCP-xxx-JPは、現在無力化されているため特別な措置を必要としませんがまた活性化する可能性があるため、つねに監視を続けてください。

説明: SCP-xxx-JPはバミューダ海域の中心付近の海底に存在する半径約250メートル程の巨大な空間(縦穴)です。SCP-xxx-JP内は入口に広がる空間(エリア1)、細く長い縦穴(エリア2)、腐食性の気体で満ちた巨大な空間(エリア3)で構成され更にまだ未探索のエリアも有ります。SCP-xxx-JPは海の底にあるように見えますが実際にはSCP-xxx-JPの上には水は存在しません。SCP-xxx-JPの内部及び周辺は、[編集済]です。SCP-xxx-JP内部は常に[編集済]であり推定15分以上SCP-xxx-JP内に滞在するとSCP-xxx-JPより出る際肉体が崩壊し死亡します。

SCP-xxx-JPはバミューダ海域の中心付近に存在する異常空間内に生息している巨大な無脊椎動物です。口の大きさから推測するにSCP-xxx-JPの全長は██キロメートルであると考えられます。SCP-xxx-JPは現在口[エリア1],食堂[エリア2],胃[エリア3],肺[エリア4]が確認されています。████年██月██日に行われた調査によると、SCP-xxx-JPは████年██月ごろには、全ての生命活動を完全に再開すると思われ、一度活性化してしてしまうと破壊は困難と思われるため██年以内にSCP-xxx-JPの心臓を破壊するべきです。


████年██月██日SCP-xxx-JPを破壊するために沙也博士をリーダーとする、エージェント20名
機動部隊[編集済]30名、Dクラス職員10人で構成された[奈落の灯]が組織されました。

ERROR

The rinnto's portal does not exist.


エラー: rinntoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7147053 ( 24 Dec 2020 11:08 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License