SCP下書き 『あの味をもう一度』

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x
%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

SCP-XXX-JP

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPはサイト81-██の低脅威度物保管ロッカーに保管されてます。移動、実験はセキュリティクリアランス2を持つ人員の許可が必要です。実験にはDクラス職員を用い、移動の際は必ず利き手と反対の手で持つか素手で持たないようにして下さい。

説明:SCP-XXX-JPは一般的な形、大きさの調理用のピーラーです。SCP-XXX-JP本体には、PP1と表示されていますが、破壊不能なため、素材は不明です。

SCP-XXX-JPの異常性は、利き手2に握った際、発現します。この異常性は素手で触れた際のみ発現し、例としてグローブや実験用の手袋で握った場合や布などで包んで触れた場合ではこの異常性は発現しません。

その際、使用者(以下SCP-XXX-JP-2と呼称)は、空腹を感じ、料理をしなくてはならない、と強く思うようになります。
その際、以下の症状が現れます。

  • 食品可食物を必ず見間違える。
  • 自身を料理のプロ、または料理上手だと根拠なく思い込む。
  • 通常食用不可なものを口に入れる・調理しようとする。

異常性の無力化は成功でしていません。

SCP-XXX-JPは[編集済]のテレビ局で料理番組である「[編集済]の懐かしい味を今」の撮影の際、潜入していたエージェント█████が異常に気付き、回収されました。

補遺: SCP-XXX-JP収容ロッカーの付近で████博士が左手が無い状態で失血死しているのが彼の研究室で発見されました。側に包丁が落ちており、胃から彼の[削除済み]が発見されました。6
また、エージェント█████が右手の[削除済み]を自ら噛み切り7そのまま死亡しました。
類似する死因での報告が██件報告されていますが原因は不明で、現在調査中8です。



ERROR

The rikkun's portal does not exist.


エラー: rikkunのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4411535 ( 14 Aug 2018 05:08 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License