創造者、

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
C75B2FBA-6D86-498C-AB0C-46719D51BD4B.jpeg

SCP-2000-JP-B-アルベルト・アインシュタイン

アイテム番号: SCP-2000-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2000-JP-A、SCP-2000-JP-Bは財団によって完全に無力化されました。今後、SCP-2000-JP-Bと類似した存在が出現する可能性は十分ありますが、財団が収容する必要はありません。

説明: SCP-2000-JPは突発的に科学者に発生する異常な事柄とそれに付随した科学者の異常な行動を指します。これら一連のプロセスを"感染"とし、SCP-2000-JP-Aをウイルス1、SCP-2000-JP-BをSCP-2000-JP-Aに感染した感染者とします。SCP-2000-JP-Bにあらゆる検査を行いましたが、全て一般人と同様の結果を示した為、SCP-2000-JP-Aの正体は不明です。
SCP-2000-JP-Bは人類が今までに発見したことのない新しい事象を発見します。発見された事象は、人類の進化、発展に貢献します。

アルフレッド・ノーベル、アルベルト・アインシュタイン、ガリレオ・ガリレイなど、近代の偉人とされる人物はほぼSCP-2000-JP-Aに感染したことが判明しています。また、ノーベル賞受賞者は例外なくSCP-2000-JP-Aに感染していることが確認されています2

インタビューログ: 以下はSCP-2000-JPが発見されるまでに行われたインタビューの一覧です。SCP-2000-JPに関するインタビューは非常に多岐にわたるため、ここではSCP-2000-JPの発見に特に貢献したインタビューを載せています。尚、それぞれのインタビューは財団にとって非常に重要な情報となるため、インタビューの対象者が虚偽の情報を言わないように、インタビューの前日に、飲料物に強力な自白剤を多少混ぜた物をインタビューの対象者に飲ませています。

発見: アルベルト・アインシュタインのインタビューの後、エージェント・████の退職にあたって、██博士がエージェント・████が行った一連のインタビューをまとめていたところ、それら全ては人類の発展のために行ったものであるという類似性、今までに見たこともない事象の発見、それらが科学者のみに突発的に発生するという異常性があることが確認され、SCP-2000-JPの発見につながりました。

実験1: SCP-2000-JP-Bの収容数が増加したため、SCP-2000-JPの担当職員である██博士は急遽、SCP-2000-JP-Bの異常性を消失させるための実験を開始しました。O5-█承認の元、それぞれのクラスの記憶処理薬をSCP-2000-JP-Bに施しましたが、特筆すべき成果を得られませんでした。今後の実験も無意味である可能性が高いことから、SCP-2000-JP-Bの実験は控えてください。SCP-2000-JP-Bは財団で管理し続けてください。また、実験の記録ですが、O5-█によって完全に削除されました。

実験2: 財団職員の██████████、██博士がSCP-2000-JP-Bの異常性に対しての実験を行いました。この実験は、O5-█、O5-█の承認の元、行われています。また、実験の記録は実験1と同様、O5-█によって完全に削除されています。この実験により、財団はSCP-2000-JP-Bについての対処法を発見しました。

補遺2000-JP-1:

当時、我々は焦っていた。収容に失敗した、と考えていた。しかし、実験で得られた結果から対処法が発見され、現在では無力化された。対処法が記載されたファイルの閲覧は、クリアランス4/2000-JP以上を所持している職員にのみ許可されている。これは機密事項であり、違反者が出た場合、厳重な懲罰が与えられる。これはO5一同からの命令である。-O5評議会


警告: クリアランス3/2000-JP以下の職員はアクセスしないでください。


以下のファイルはレベル4/2000-JP機密情報です。アクセス情報は財団内データベースに記録されます。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Readet's portal does not exist.


エラー: Readetのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5986557 ( 30 Dec 2019 15:43 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License