SCP-「DHMO」

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在完全に収容されていません。

説明: SCP-XXX-JP-EXは、未知の無色透明な液体で、水酸の1種です。詳しい検査の結果、無味無臭な液体としてanomalousアイテムに指定されましたが、後述の異常性が発覚しオブジェクトとして収容されました。この液体は常温下では液体ですが、気温の変化により状態変化を起こします。この状態変化は、液体から固体になる際に密度が低くなることを除いては一般的な元素と同じような挙動を示します。

このオブジェクトは、認識した人間の意識トリガーとして発現する異常性を持ち、曝露された人間の意識内にある液状の物体が全てオブジェクトに置換されます。
また、オブジェクトを直接視認した人間は置換されたオブジェクトを「最初からそうであった」と認識します。この認識を消去するあらゆる試みは失敗しています。

さらに完全に消失した液体を構成していた元素が見つからなくなっており、既に██種類の液体がオブジェクトの影響を受け消失しています。
そして、消失した元素と同数の未知の元素が確認されています。これらのことから、SCP-XXX-JPは認識災害及び現実改変能力を保有しているとされています。

補遺: 現在、レオニス博士により、オキシダン・プロトコルの承認が申請されています。

オキシダン・プロトコル

オキシダン・プロトコル概要
オキシダン・プロトコルは、
SCP-XXX-JPの普遍化を目的としています。
収容する前に全世界に広がってしまった以上、
我々ができる対策はそれを正当化することのみです。
SCP-XXX-JPを構成する元素である2つの未知の元素に
それぞれHとOという記号を割り振り、
このSCP-XXX-JPをH2Oと呼称します。
そして、それが人類に不可欠なものであるという認識を広めます。
結果、SCP-XXX-JPは置換される前の飲用に使われていた液体や生活に使われていた液体に変わって普遍的な存在となるでしょう。
発見、確保、収容。
-レオニス博士

この申請は現在保留されています。


ERROR

The Regulus_oboro's portal does not exist.


エラー: Regulus_oboroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:regulus-oboro ( 07 Jun 2018 10:29 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License