SCP-3262 ベイビーブレード

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-3262

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3262はサイト-17の標準的な収容ロッカーに保管されています。オブジェクトへのアクセスとその後のテストは、レベル2以上のクリアランスを持つ研究者によってのみ、または研究者の立ち会いの下でのみ許可されます。

説明: SCP-3262は標準的なナイフです。刃は組成不明の金属物質でできていますが、グリップは普通の白いプラスチックでできています。刃とグリップは互いに融合しており、異なる材料で構成されているにもかかわらず取り外すことはできません。

SCP-3262の異常な効果は、食物を切断するときに現れます。どんな種類の食物を切断するときも、常に完璧な切断を行います。観察から、ナイフがいくら使われても、切れ味が落ちることはありません。

このナイフによって分離された食料品はSCP-3262の異常効果の対象となります。分離から約15秒後、物体は小さな幼児の特徴を帯びた人型実体に変貌します。これには、ふっくらとした体格や、乳児や子供の行動に対応する行動さえ含まれます。

補遺3262.1: [実験記録#34]

実施研究者:ジャッケリン・ウェラー、上級研究員、レベル4クリアランス。


                    [ログ開始]

ウェラー:よし。これはSCP-3262のテスト番号34です。私たちは葉がついている新鮮なニンジンを使い、変態プロセス中に異物が混ざらないように徹底的に洗います。正直に言うと、私はこのテストが新しい結果をもたらすとは思わないが、もちろん、試みることに害はない。

[ウェラー研究員はうなずき、微笑んでからSCP-3262を右手で掴みました。それから彼女はニンジンを目の前のまな板に置きます。]

[左手でニンジンの下端を握りながら、彼女はゆっくりとナイフをニンジンの上に置きます。それから彼女は、ニンジンの大きな塊を切り落とします。]

[ウェラー研究員は、ニンジンを拾い上げて断面をカメラにかざした。]

ウェラー: 完璧な切断、これまでの結果と変わらない。

[彼女はSCP-3262をまな板の上に置き、切断されたニンジンを板の左側にある体重計に置きます。その直後、SCP-3262の異常な効果が出現し始めます。]

[塊が変貌し始め、より幼児によく似た形になり始めると、顔と小さな手足が現れた。目は2つの小さな黒いビーズ状で、耳は頭部の内側に伸びる一対の穴であった。ニンジンの葉は、対象の頭のてっぺんから伸びています。その後すぐに、対象は生き生きと動き出し、まな板に座りました。それは周りを見回してから親指をしゃぶる動作をしました。]

[ウェラーは体重計のディスプレイを見ている。]

ウェラー: これまでのように数値は変化していません。

[対象は彼女の声に反応し、ウェラー研究員の顔を見上げる。ゆっくりと親指を口から引き抜き、見つめ続け、彼女も見つめ返す。]

[研究員は首を傾け、対象も真似をしたが、頭の重さで倒れそうになった。]

[彼女は微笑して対象も笑う。]

ウェラー: 幼児といえば普通は泣きわめくものだが、この個体はとても大人しい。なんて素敵な気分転換だろうか。気に入った。

[対象は、彼女に向かって笑い続け、手を叩いている。]

ウェラー: ふふ、かわいい男の子じゃない?

[対象は嬉しそうに声を上げ、腕を振る。]

ウェラー: ああ、とても可愛い子だ。

[彼女は左手を体重計に置き、対象が彼女の手のひらに這うのを助けました。彼女は右手で左足裏をくすぐります。対象は、くすぐる様子を見せて左足を引っ込めようとし、ウェラー研究員は右足の裏をくすぐり始めました。対象はより大きく笑う。]

[ウェラーは最終的にくすぐるのをやめ、対象を手のひらにのせ続けます。対象は笑いながら腕を這い上がろうとしますが、彼女は右手でまな板に戻します。対象は手につかまろうとするが、彼女はそれを軽くはじいた。]

[対象が倒れた後、彼女を見上げて膨れっ面をした。]

ウェラー: そんな顔をしないで、私も悲しくなるから…

[対象はさらにパウトします。ウェラーはため息をつく。それから彼女は身を低くし,まな板の近くのテーブルの端に手のひらを置きます。]

ウェーラー: よし、つぎはなにをしようか?

[対象は微笑んで返事をした。ゆっくりと、立とうと試み、バランスを取ろうとしている間に前方につまずき、それから、一歩一歩、対象は研究員に向かって歩き、まな板から落ちそうになる。]

ウェーラー: 危ない!

[研究員は急いでそれを拾い上げ、顔と体に損傷がないか調べる。それは彼女の注意を引いたので、対象は声を上げる。]

ウェーラー: ふぅー、怪我してなくて良かった!

[研究員は笑いながら引き下がろうとする対象の鼻をぬぐった。]

ウェーラー: ふむ。

[彼女は腕時計を見下ろす]

ウェーラー: よし、そろそろ時間だ、遊び時間は終わった。楽しかったかい?

[手をたたいて笑う]

[彼女は、対象に微笑む。]

ウェーラー: さて、最終テストのために、私が準備するものは何もありません。準備はいいかな?すぐ終わるよ。

[対象は好奇心旺盛な表情をしたあとに、少し迷った顔をして、最後に大きな笑顔で明るくうなずく。]

ウェーラー: 君は本当に良い子だ。

[彼女はため息をつき、疑問を抱くように首を傾げた。]

ウェーラー: 正直に言って、残念です。

[ウェーラー研究員は、対象の頭の上に付いているニンジンの葉っぱを掴んでいます。対象はひるみ、身をよじって、解放されようと腕と脚をばたつかせた。]

[彼女は対象を持ち上げ、口の中に入れ、葉に噛み付き、対象から分離します。]

[彼女はしばらくの間噛み砕き、飲み込む。]

ウェーラー: ニンジンのような味がしますが、何か普通のニンジンとは違う。うーん…それは…通常よりも甘く、とても柔らかく…

[ウェーラーは親指を使って臼歯の間から何かを堀り起こす。それから彼女は立ち止まって再び飲み込む。]

ウェーラー: 独特の風味があり、噛み付いたらその柔らかさと混ざり合っている。まるで赤ちゃんニンジンのようだ。

                     [ログ終了]

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ

ERROR

The Red_Shrimp's portal does not exist.


エラー: Red_Shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8228810 ( 03 Sep 2022 07:47 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License