SCP報告書下書き「ツケ払いのブレイクタイム」

現在このページは批評中です。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト-81██の高現実強度オブジェクト収容室のロッカーに、施錠した状態で収容してください。担当研究者の許可があった場合のみ、SCP-XXX-JPを利用してSCP-XXX-JP-1を抽出することが可能です。抽出されたSCP-XXX-JP-1は単体での研究に用いる場合を除き、SCP-XXX-JP-2によって速やかに消費されるべきです。 SCP-XXX-JPの使用は恒久的に凍結され、SCP-XXX-JP-A内部空間の現実性安定化の試みが進められています。詳細は後述の事案-XXX-JPを参照してください。

説明: SCP-XXX-JPは、1.0/█.█ Hmの現実性を持った[編集済み]社製の業務用コーヒーメーカーに類似した外見を持つ、クラスC高強度現実性実体です。SCP-XXX-JP内部にはSSUIS-1時空間異常1(SCP-XXX-JP-Aに指定)が存在していることが確認済みであり、スクラントン現実錨と同様の原理で高強度の現実性を獲得していると考えられます。このオブジェクトにはコイン投入口が存在しますが、入金せずとも通常通りにコーヒーを抽出することが可能です。抽出されたコーヒー(SCP-XXX-JP-1に指定)も同様の高強度の現実性を持ちます。SCP-XXX-JP-1を摂取した人間(SCP-XXX-JP-2に指定)のヒューム値は1.0/1.5 Hm前後に上昇し、現実改変への耐性を付与されます。現在までにSCP-XXX-JP-2が能動的に現実改変を行った事象は確認されていません。SCP-XXX-JP-1によって付与された現実性は、カフェインの体内における半減期と同程度の約4.9時間で半減し、█時間で効果は完全に消失します。

SCP-XXX-JPは20██/03/██に[編集済み]市内の飲食店[編集済み]において、現実改変性オブジェクトであるSCP-███-JPが発見された際、その効果を受けずに店内に存在していたために発見されました。発見当日にSCP-XXX-JPが使用された形跡はなく、店内にいた人間は全員死亡、もしくは行方不明となっています。SCP-XXX-JPは、20██/02/██に購入されたものですが、同メーカーの他の製品に異常性は見られませんでした。

実験記録XXX-JP-█3 -20██/04/██

対象: D-XXX-JP-01~10

担当者: ██研究主任(以降の実験も同様)

実施方法: D-XXX-JP-01~10にSCP-XXX-JP-1を摂取させ、D-XXX-JP-01~10および周辺空間のヒューム値の計測を行う

結果: 周辺のヒューム値は、1.0 Hmのまま変化は見られなかったが、D-XXX-JP-01~10の内部ヒューム値は平均1.5 Hmへの上昇が観測された。

実験記録XXX-JP-█4 -20██/04/██

対象: D-XXX-JP-01~05(A群に分類)、D-XXX-JP-06~10(B群に分類)(A群B群ともにSCP-XXX-JP-1を摂取した30分後)

実施方法: A群のそれぞれの人員の半径3 mの空間ヒューム値をスクラントン現実錨で0.7 Hmまで低下させ、B群も同様の範囲に同様の方法で空間ヒューム値を1.3 Hmまで上昇させる

結果: A群B群ともに、被験体から半径30 cmまでの空間ヒューム値は平均1.0 Hmに保たれた

分析: SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-2の現実性を強化するとともに、周辺の現実性を安定化させる効果があるようである。

実験記録XXX-JP-█8 -20██/05/██

対象: D-XXX-JP-01~10

実施方法: SCP-XXX-JP-1を摂取し30分経過したD-XXX-JP-01~10を、SCP-███-JPに曝露させる

結果: D-XXX-JP-01、03〜07、10は、SCP-███-JPに曝露した際に予想される影響は現れなかった。D-XXX-JP-02、04、08、09は、影響の無効化には及ばなかったもののSCP-███-JPの影響を減衰することが可能であった。

分析: SCP-XXX-JP-1の現実性安定化作用によって現実改変への影響を抑えることが可能であるようだ。

補足: この効果の利用案として、対現実改変機動部隊にSCP-XXX-JP-1を摂取させる計画が提出され、現在承認待ちです。 計画は凍結されました。詳細は事案-XXX-JPを参照してください。

追記1: 20██/05/██に実施されたSafeクラスオブジェクト定期検査の際に、SCP-XXX-JP-Aからごく微弱なマイクロ波が検出されました。収容初期の検査の際には記録されていなかったこと、値が検出限界に近いことから誤差として処理されていた可能性があります。SCP-XXX-JPの利用は停止され、さらなる検査が行われます。

追記2: 追加検査の結果、SSUIS-1時空間異常であると考えられていたSCP-XXX-JP-Aが、実際にはSSUIS-R2時空間異常2であることが判明しました。SCP-XXX-JP-A内部空間についての詳細は以下の調査結果を参照してください。

初回調査結果: SSUIS-R2時空間異常は通常の物質を透過することはありませんが、[編集済]博士による量子テレポーテーションの応用技術(技術についての詳細は附属文書-A3を参照)を用いて、半実体化した無人探査機をSCP-XXX-JP-A内部空間(以降内部空間と表記)に送り込むことに成功しました。調査、解析の結果、以下のことが判明しました。

  • 内部空間は半径約30 AU3の球状空間となっており、元素組成は概ね基底現実の宇宙空間と一致する
  • 内部空間は0.01 Hmの低現実性空間となっており、現実不全を引き起こしている
  • 内部空間に存在していた物質は、ある程度本来の形状を保持したままランダムに再配置されているものとみられる

内部空間についてのさらなる理解のために、20██/06/██に追加調査が予定されています。



safe scp-jp ベンチャーコンテスト 人工 異次元 外宇宙 K-クラスシナリオ 液体 機械 ポータル 時空間


ERROR

The RainyTime's portal does not exist.


エラー: RainyTimeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:rainytime ( 04 Jun 2018 23:08 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License